望月嶺臣

日本のサッカー選手

望月 嶺臣(もちづき れお、1995年1月18日 - )は、滋賀県蒲生郡竜王町出身のサッカー選手ヴィアティン三重所属。ポジションは、ミッドフィールダー。サッカー選手の望月聖矢は実兄。

望月 嶺臣 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モチヅキ レオ
ラテン文字 MOCHIZUKI Reo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-01-18) 1995年1月18日(25歳)
出身地 滋賀県蒲生郡竜王町[1]
身長 167cm
体重 57kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィアティン三重
ポジション MF
背番号 25
利き足 右足
ユース
2010-2012 野洲高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2016 名古屋グランパス 6 (0)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 13 (0)
2016 レノファ山口FC (loan) 10 (1)
2017-2019 京都サンガF.C. 27 (1)
2020- ヴィアティン三重
代表歴2
2010-2011  日本 U-17
2013  日本 U-20
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
2. 2016年12月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

ジュニアユースクラブのセゾンFC所属時からJFAエリートプログラム (U-14) トレーニングキャンプに招集される[2]など、早くから注目を集める。滋賀県立野洲高等学校に進学した後もU-17日本代表で背番号10を背負い、AFC U-16選手権U-17ワールドカップ[3]に出場、U-17W杯では3試合に出場、チームのベスト8進出に貢献した。

「次世代の司令塔」として名古屋グランパスセレッソ大阪が獲得を検討する中[4]、2012年9月に名古屋への入団が内定[5]、翌2013年シーズンから名古屋に入団。年代別代表には招集されるものの名古屋では加入初年度はカップ戦1試合の出場のみでベンチ入りすらままならず、翌年以降もJリーグ・アンダー22選抜で試合経験は積むものの、クラブではベンチ入りとベンチ外を繰り返す日々を過ごした。

2016年レノファ山口FCへの期限付き移籍が発表された[6][7]

2017年に京都サンガF.C.へ完全移籍により加入すると発表された[8]。加入1年目は19試合に出場したが、2年目は8試合に留まった。2019年は公式戦出場がなく、11月25日契約満了で退団する旨が発表された[9]

2020年1月14日、JFLヴィアティン三重に加入[10]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 名古屋 25 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2014 3 0 0 0 2 0 5 0
2015 3 0 3 0 1 0 7 0
2016 山口 6 J2 10 1 - 1 0 11 1
2017 京都 18 19 1 - 0 0 19 1
2018 8 0 - 1 0 9 0
2019 8 0 - 1 0 9 0
2020 三重 25 JFL -
通算 日本 J1 6 0 4 0 3 0 13 0
日本 J2 45 2 - 3 0 48 2
日本 J3 13 0 - - 13 0
日本 JFL -
総通算 64 2 4 0 6 0 74 2

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 1 0 1 0
2015 12 0 12 0
通算 日本 J3 13 0 13 0
総通算 13 0 13 0

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ “野球・サッカーのプロ選手によるスポーツ教室が開催” (プレスリリース), 竜王町役場, (2017年1月31日), http://www.town.ryuoh.shiga.jp/kirarin/76/76.html 2018年4月30日閲覧。 
  2. ^ “JFAエリートプログラム【U-14】 トレーニングキャンプ(9/23~27@青森)メンバー” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2009年9月18日), https://www.jfa.or.jp/training/topics/2009/68.html 2016年1月9日閲覧。 
  3. ^ FIFA U-17 World cup MEXICO 2011 U-17日本代表選手紹介”. 日本サッカー協会. 2016年1月9日閲覧。
  4. ^ 野洲高・望月、グラ次世代司令塔加入へ”. 2012年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月9日閲覧。中日スポーツ、2012年9月3日
  5. ^ 望月 嶺臣選手、来季新加入内定のお知らせ”. 2012年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月23日閲覧。名古屋グランパス、2012年9月26日
  6. ^ “J2山口 名古屋からMF望月嶺臣がレンタル加入”. スポーツニッポン. (2016年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/08/kiji/K20160108011823810.html 2016年1月9日閲覧。 
  7. ^ “望月嶺臣選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年1月8日), http://www.renofa.com/archives/6562/ 2016年1月9日閲覧。 
  8. ^ “望月嶺臣選手 名古屋グランパスより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年12月17日), http://www.sanga-fc.jp/news/p/3263/ 2018年4月30日閲覧。 
  9. ^ 望月嶺臣選手 契約満了のお知らせ”. 京都サンガF.C. (2019年11月25日). 2020年1月14日閲覧。
  10. ^ 【お知らせ】 望月 嶺臣選手(京都サンガF.C.)新加入のお知らせ”. ヴィアティン三重 (2020年1月14日). 2020年1月14日閲覧。

外部リンク編集