メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2013年のJリーグカップ

2013年のJリーグカップは、2013年3月20日に開幕し11月2日に決勝が行われた大会である。 柏レイソルが14年ぶり2回目の優勝を果たした。

2013 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2013年3月20日-11月2日
参加チーム数 18
優勝 柏レイソル
準優勝 浦和レッズ
スルガ銀行CS出場 柏レイソル
試合総数 55
ゴール数 134 (1試合平均 2.44 点)
観客動員数 516,684 (1試合平均 9,394 人)
得点王 マルキーニョス (横浜FM)
(7得点)
最優秀選手 工藤壮人(柏)
2012
2014
テンプレートを表示

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして2013Jリーグヤマザキナビスコカップとして開催する。

レギュレーション編集

基本的なレギュレーションは2012年12月18日に[1]、グループリーグの組み合わせは2013年2月1日に[2] それぞれ発表された。

大会日程編集

例年通り、リーグ戦の合間の水曜日およびサッカー日本代表の試合の行われる週末を中心に日程が組まれているが、日本代表の日程の都合上7・8月にリーグ戦の試合が一部の水曜日に組まれることを踏まえ、グループリーグを3月から5月にかけて集中的に行い、準々決勝は6月、準決勝は9月と10月に行われるという少々タイトな日程配置となっている[4]

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
グループリーグ 第1節 2013年3月20日 湘南(Aグループ)、鹿島(Bグループ)試合なし
第2節 2013年3月23日 川崎(Aグループ)、新潟(Bグループ)試合なし
第3節 2013年4月3日 清水(Aグループ)、大分(Bグループ)試合なし
第4節 2013年4月10日 横浜FM(Aグループ)、鳥栖(Bグループ)試合なし
第5節 2013年4月23・24日 磐田(Aグループ)、C大阪(Bグループ)試合なし
第6節 2013年5月15日 甲府(Aグループ)、名古屋(Bグループ)試合なし
第7節 2013年5月22日 大宮(Aグループ)、FC東京(Bグループ)試合なし
決勝トーナメント
準々決勝 2013年6月23日 2013年6月30日 ACL2013出場チーム(広島仙台浦和)の出場
準決勝 2013年9月7日 2013年10月12日
決勝 2013年11月2日

グループリーグ編集

Aグループ編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
横浜F・マリノス 15 6 5 0 1 9 2 +7
川崎フロンターレ 11 6 3 2 1 8 4 +4
ジュビロ磐田 10 6 3 1 2 10 7 +3
湘南ベルマーレ 7 6 2 1 3 4 6 -2
大宮アルディージャ 6 6 2 0 4 7 11 -4
ヴァンフォーレ甲府 5 6 1 2 3 6 9 -3
清水エスパルス 5 6 1 2 3 6 11 -5







Bグループ編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
セレッソ大阪 13 6 4 1 1 10 7 +3
鹿島アントラーズ 12 6 4 0 2 8 7 +1
FC東京 9 6 2 3 1 7 5 +2
名古屋グランパス 9 6 2 3 1 6 5 +1
大分トリニータ 6 6 1 3 2 6 7 -1
サガン鳥栖 4 6 1 1 4 6 8 -2
アルビレックス新潟 4 6 1 1 4 6 10 -4







決勝トーナメント編集

準々決勝、準決勝については、トーナメント表上側のチームが2戦目ホームとなる。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
6月23日・6月30日        
 浦和レッズ 3
9月7日・10月12日
 セレッソ大阪 1  
 浦和レッズ (a) 3
6月23日・6月30日
   川崎フロンターレ 3  
 ベガルタ仙台 3
11月2日
 川崎フロンターレ 5  
 浦和レッズ 0
6月23日・6月30日
   柏レイソル 1
 横浜F・マリノス 5
9月7日・10月12日
 鹿島アントラーズ 1  
 横浜F・マリノス 2
6月23日・6月30日
   柏レイソル 4  
 柏レイソル (a) 2
 サンフレッチェ広島 2  

準々決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッズ 3 - 1 セレッソ大阪 2 - 0 1 - 1
ベガルタ仙台 3 - 5 川崎フロンターレ 1 - 2 2 - 3
横浜F・マリノス 5 - 1 鹿島アントラーズ 2 - 0 3 - 1
柏レイソル 2 - 2 (a) サンフレッチェ広島 2 - 1 0 - 1

第1戦編集


第2戦編集


準決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッズ 3 - 3 (a) 川崎フロンターレ 2 - 3 1 - 0
横浜F・マリノス 2 - 4 柏レイソル 0 - 4 2 - 0

第1戦編集


第2戦編集


決勝編集

10年ぶり2回目の優勝を狙う浦和レッズと、初優勝を果たした1999年以来14年ぶりの決勝進出となった柏レイソルが対戦。AFCチャンピオンズリーグ出場クラブ同士の対戦は、ACL出場クラブは原則グループリーグ免除という現在のレギュレーションとなってからは初めてとなる。

試合は序盤から浦和がボール支配率を高めてチャンスを窺い、柏が堅守からのカウンターを狙う展開となったが、前半アディショナルタイムに柏がDF藤田優人のクロスをFW工藤壮人が頭で合わせて先制。この1点を守りきった柏が14年ぶり2度目の優勝を果たし、3シーズン連続となる国内3大タイトル獲得となった。

なお、試合会場の国立霞ヶ丘陸上競技場は、新国立競技場への建て替えのために翌2014年夏から順次取り壊しされることが決まっており、この会場で行なわれる決勝戦は今回が最後となる。

浦和レッズ
GK 01   山岸範宏
DF 46   森脇良太   30分
DF 04   那須大亮
DF 05   槙野智章
MF 14   平川忠亮   69分
MF 22   阿部勇樹 
MF 13   鈴木啓太   77分
MF 03   宇賀神友弥
MF 08   柏木陽介
MF 24   原口元気
FW 30   興梠慎三
控え:
GK 18   加藤順大
DF 02   坪井慶介
DF 17   永田充
DF 06   山田暢久
MF 07   梅崎司
MF 11   関口訓充   69分
MF 10   マルシオ・リシャルデス   77分
   
監督
  ミハイロ・ペトロヴィッチ
柏レイソル
GK 21   菅野孝憲   83分
DF 02   藤田優人   46分
DF 29   谷口博之   26分   76分
DF 03   近藤直也
DF 23   渡部博文
MF 10   レアンドロ・ドミンゲス   77分
MF 28   栗澤僚一 
MF 20   茨田陽生
MF 15   ジョルジ・ワグネル   88分
FW 11   クレオ
FW 09   工藤壮人
控え:
GK 16   稲田康志
DF 05   増嶋竜也   76分
MF 26   太田徹郎   46分
MF 25   小林祐介
MF 14   狩野健太
FW 08   澤昌克
FW 18   田中順也
   
監督
  ネルシーニョ
2013 Jリーグカップ 優勝
柏レイソル
14年ぶり2回目
テレビ中継

表彰編集

表彰名 選手名 所属クラブ
ニューヒーロー賞   齋藤学 横浜F・マリノス
大会MVP   工藤壮人 柏レイソル

得点ランキング編集

順位 選手名 クラブ 得点数
1   マルキーニョス 横浜F・マリノス 7
2   ダヴィ 鹿島アントラーズ 5
  興梠慎三 浦和レッズ
4   大久保嘉人 川崎フロンターレ 4
  丸谷拓也 大分トリニータ

脚注編集

  1. ^ “2013Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年12月18日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004847.html 2013年2月1日閲覧。 
  2. ^ “2013 Jリーグ 日程発表および登録リストについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年1月10日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004860.html 2013年2月1日閲覧。 
  3. ^ ヤマザキナビスコカップ決勝トーナメント組み合わせ決定!”. J's GOALフォトニュース (2013年5月31日). 2013年6月2日閲覧。
  4. ^ Jリーグ年間日程表 - Jリーグ公式サイト内2013年3月20日閲覧。

関連項目編集