メインメニューを開く

望郷』(ぼうきょう、原題:Pépé le Moko)は、1937年に製作・公開されたフランスの映画である。撮影は1936年。アシェルベ(アンリ・ラ・バルト)の小説を基にジュリアン・デュヴィヴィエが監督、ジャン・ギャバンが主演した。詩的リアリズム路線の代表作の一つとされる。当時のフランス領アルジェリアの中心都市・アルジェが主な舞台となっている。

望郷
Pépé le Moko
監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
脚本 アシェルベ探偵(アンリ・ラ・バルト)
ジュリアン・デュヴィヴィエ
ジャック・コンスタン(脚色)
アンリ・ジャンソン(台詞)
原作 アシェルベ(アンリ・ラ・バルト)
製作 レイモン・アキム[1]
ロベール・アキム[1]
出演者 ジャン・ギャバン
ミレーユ・バラン
音楽 ヴァンサン・スコット
モハメド・イグルブーシャン
撮影 マルク・フォサール
ジュール・クルーガー
編集 マルグリット・ボージェ
製作会社 パリ・フィルム
配給 フランスの旗 パリ・フィルム
日本の旗 東和商事
公開 フランスの旗 1937年1月28日
日本の旗 1939年2月15日
上映時間 94分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
アラビア語
テンプレートを表示

1938年にハリウッドで『カスバの恋英語版』(監督:ジョン・クロムウェル、主演:シャルル・ボワイエ)としてリメイクされている。

目次

あらすじ編集

アルジェの一角にあるカスバは路地が入り組み、諸国からの流れ者が集まる無法地帯となっている。フランス本国から逃れた犯罪者ペペ・ル・モコ[2](ギャバン)は、いつしかそこの顔役となり、情婦イネス(ノロ)、忠実だが若く思慮の浅い子分ピエロ、短気で金のことしか頭にないカルロス(ガブリオ)らに囲まれながらも、威信にかけて逮捕に臨むフランス警察の追及も厳しく、カスバから一歩も出ることができなかった。一方、地元の敏腕の刑事スリマン(グリドウ)は、ペペと普段から会う奇妙な関係を保ちながら、カスバの住人を敵に回すことを避け、ぺぺがカスバから出る逮捕のチャンスを伺っていた。そんなある日ぺぺは、逮捕を狙ったフランス警察の捜索(もちろん、逮捕は失敗)のどさくさで、カスバを訪れた故国の女性ギャビー(バラン)と知り合い、彼女に惹かれる。これをチャンスと見たスリマンは、ギャビーとぺぺの逢瀬の手引きをし、二人は恋仲になる。しかしスリマンの策略により、ギャビーはぺぺが死んだと教えられ、パリに帰ることにしたため、後を追おうとしたぺぺはまんまと波止場におびき出されるかっこうになり、客船に乗り込んでギャビーを探しているところを逮捕されてしまう。手錠をかけられ連行されるペペはギャビーの乗る客船を空しく見送る。そのとき、ギャビーが甲板に姿を現した。彼女に向ってペペは「ギャビー」と叫ぶが、その声は汽笛にかき消されてしまう。ペペは隠し持っていたナイフで腹を刺して死ぬ。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
  • 製作:レイモン・アキム、ロベール・アキム
  • 原作:アシェルベ(アンリ・ラ・バルト)
  • 脚本:アシェルベ探偵(アンリ・ラ・バルト)、ジュリアン・デュヴィヴィエ
  • 脚色:ジャック・コンスタン
  • 台詞:アンリ・ジャンソン
  • 音楽:ヴァンサン・スコット
  • 撮影:マルク・フォサール、ジュール・クルーガー
  • 編集:マルグリット・ボージェ

映画賞受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b クレジットなし。Pépé le Moko (1937) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ ペペ(Pépé)とは、ジョゼ(José)やジョゼフ(Joseph)などの男性名の愛称。ル・モコ(le Moco)はトゥーロン(南仏の港湾都市)の出身者、とりわけ船乗りを指す俗語である。
  3. ^ 再放送1976年2月25日『水曜ロードショー』※「いま甦るカスバの男 望郷 ペペ・ル・モコ」の題で放送。

外部リンク編集