メインメニューを開く

木口 健太(きぐち けんた、1988年8月22日[1] - )は、日本俳優茨城県出身[1]。所属事務所はティー・アーティスト。かつてはバイツに所属していた[2]

きぐち けんた
木口 健太
生年月日 (1988-08-22) 1988年8月22日(31歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県
身長 175 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 2011年 -
事務所 ティー・アーティスト
主な作品
映画
おんなのこきらい
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

2011年、映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の端役でスクリーンデビュー[3]。2012年に自主映画『馬毛島クロス』で初めて主演を務めた(ただし、劇場未公開)[3]

2015年に出演した映画『おんなのこきらい』では、映画祭MOOSIC LAB 2014において男優賞を獲得した[4]

2016年に当時学生の松本千晶監督映画『傀儡』で主演を務め[5]、2018年に自身が所属するティー・アーティストの配給によって劇場公開作品での主演を果たした。

趣味は野球読書映画鑑賞[1]。2018年6月には文芸誌「すばる」に映画批評を寄稿している[6]

中学校社会教員免許、高校地理公民教員免許の資格を持つ[1]

出演編集

映画編集

短編映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

  • 味噌汁's「MISO TV & SONGS」(2015年) ※ドラマ「ふうてん」に出演

舞台編集

  • 勝手にワールドツアー -バイオリニストとコモリスト- (2014年、大塚グレコ)

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 木口健太”. T-artistオフィシャルウェブサイト. 2018年7月6日閲覧。
  2. ^ Bites.inc”. 2015年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月6日閲覧。
  3. ^ a b Bites.incによる木口健太のプロフィール”. 2018年7月6日閲覧。
  4. ^ “人気モデル・森川葵 “性格最悪だけど、とにかくかわいい”女子を大熱演”. シネマトゥデイ. (2015年2月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0070612 2018年7月6日閲覧。 
  5. ^ “学生映画のイメージを変える『傀儡』公開! 松本監督、出演者の木口健太、石崎なつみに訊く”. ぴあ映画生活. (2018年6月15日). http://cinema.pia.co.jp/news/173267/75615/ 2018年7月6日閲覧。 
  6. ^ “映画「傀儡」主演 木口健太さんインタビュー!”. PRE☆STAGE. (2018年7月2日). http://prestage.info/2018/07/02/13832 2018年7月6日閲覧。 
  7. ^ “夭逝の俳人・住宅顕信描く「ずぶぬれて犬ころ」主演は気鋭の若手・木口健太”. 映画.com. (2017年6月23日). https://eiga.com/news/20170623/15/ 2018年7月6日閲覧。 
  8. ^ 10月14日より、新TVCM 2篇スタート”. 株式会社レオパレス21 (2014年10月10日). 2018年7月6日閲覧。

外部リンク編集