メインメニューを開く

本間一夫文化賞(ほんまかずおぶんかしょう)は、社会福祉法人日本点字図書館が創設したである。

創設編集

日本点字図書館は、本間一夫により創設された図書館である。通常の図書館と異なり、点字図書録音図書の貸し出しや製作など、視覚障害者のためのさまざまな活動を行っている[1]。これらの事業の一環として、本間の業績を称えるとともに、視覚障害者の文化の発展に対し多大な貢献を行った者を顕彰するため、本間一夫文化賞が創設された。 創設には読売光と愛の事業団が協力した[2]

著名な受賞編集

これまでに、全盲ヴァイオリニストである和波孝禧や、同じく全盲の社会学者である石川准などが受賞している[3]。なお、視覚障害者だけでなく、視覚障害者らに貢献した健常者も授賞対象とされている。一例として、ボランティア数十名を収容できる作業所を自宅敷地内に建設してまで点訳に没頭し、10年かけて『岩波数学辞典』の点字化を達成するなどの業績を残した稲吉美奈子が受賞している[4]。また、個人だけでなく団体も授賞対象に含まれており、これまでに点字器の製作で知られる仲村点字器製作所が法人として受賞している。

歴代受賞者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「事業案内」『事業案内日本点字図書館
  2. ^ 2014年10月8日読売新聞掲載。
  3. ^ 「本間一夫文化賞:受賞者に石川教授」『本間一夫文化賞:受賞者に石川教授 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年10月8日
  4. ^ 中沢直紀「第4回本間一夫文化賞に決まった稲吉美奈子(いなよしみなこ)さん84」『第4回本間一夫文化賞に決まった 稲吉美奈子(いなよしみなこ)さん 84 : 出版トピック : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2007年10月9日
  5. ^ 点字の絵図版である点図を製作するパソコンソフト「エーデル」の開発をした。読売新聞 2017年11月9日 2面より。

関連項目編集

外部リンク編集