メインメニューを開く

あらすじ編集

ピアノを勉強するために父が教師を務める淡江音楽学校に転校してきたシャンルン(ジェイ・チョウ)は、取り壊しが近い旧校舎のピアノ室で、神秘的なメロディを奏でるシャオユー(グイ・ルンメイ)という名の女性と出会う。

今までに耳にしたことのない美しい旋律に強く惹かれたシャンルンはシャオユーに曲名を尋ねるが、「それは誰にも“言えない秘密”よ」と耳元で優しく囁くだけだった。

どこか謎めいた雰囲気のあるシャオユーに惹かれたシャンルンは、学校からの帰り道、一緒に雨宿りをし、自転車で彼女を家まで送っていく。母親がいない家庭に育ったシャンルンと父親がいない家庭に育ったシャオユー。境遇が似た二人は、家族そして音楽のことを話すうちに心を通わせていくのだった。

淡江音楽学校に転校して間もないある日、シャンルンは、同校で“ピアノ王子”の異名をとるユーハオに対して、どちらがピアニストとして優れているのかを決めようと挑戦状を叩きつける。ユーハオに勝るとも劣らない即興演奏を見せたシャンルンは、生徒たちから拍手喝采を浴び、ユーハオが大切にしている楽譜をもらいうける。

シャンルンは、その楽譜をシャオユーにプレゼントしたいがために、ユーハオに挑んだのだった。翌日、シャオユーの自宅の屋上で楽譜をプレゼントしたシャンルンは、彼女と初めてのキスを交わす。ピアノ室で連弾したり、レコード屋で好きな曲を試聴したりと二人の恋は順風満帆に見えたのだが…。

喘息の持病を持つシャオユーは、学校を休みがちになる。そんな彼女を心配したシャンルンは、「喘息にはリンゴがいい」とのアドバイスを父親(アンソニー・ウォン)から受け、リンゴを持っていく。ようやく、体調が戻り学校にやって来たシャオユーと放課後にピアノ室で会う約束する。しかし、そこに現れたのは、クラスメートのチンイー(アリス・ツォン)だった。シャンルンに想いを寄せるチンイーは彼にキスをするが、その現場をピアノ室に現われたシャオユーに目撃されてしまう。

ショックを受けたシャオユーはその場を走り去り、その日を境にばったりと学校に現れなくなってしまった。シャンルンは彼女の家を訪ねて誤解を解こうとするが、シャオユーは学校を辞めたと母親から聞かされたうえ、今は体調を崩して寝ているから会うことはできないと門前払いをされる。

それから5ヶ月が経ち、シャンルンは卒業式の日を迎えた。卒業式のクラシック演奏会でシャオユーのためにピアノを弾く約束をしていたシャンルンは、約束通りステージにあがるが、あの日以来一度も会っていないシャオユーが遠くから見ていることに気づく。演奏を途中で止めたシャンルンは、逃げるシャオユーの後を追うと、彼女を強く抱きしめる。

久しぶりに再会を果たした二人だが、シャオユーの様子はどこかおかしく、再び彼の前から姿を消してしまう。シャンルンの父親は、演奏を途中で止めた息子の後を追うと、シャンルンが一人でいるところを発見し、ステージに戻るように促す。急いで戻ってきたシャンルンだったが、すでに演奏は終わっていた。友人に女の子を見なかったと聞くが、「ダンスパーティの時もずっと一人で踊っていた」と言われる。自分は確かにシャオユーと再会したはず…これはいったいどういうことなのか?

不可解な感覚に囚われたシャンルンは、彼女の家を再度訪ねる。母親に案内されて部屋に入ると、シャオユーはそこにはおらず、まるで数十年の時が止まってしまったかのように、埃を被ったピアノや机などが置かれていた。そして、シャンルンは部屋で見つけた一枚の古い似顔絵に衝撃を受ける。シャオユーが抱える「秘密」の意味を理解したシャンルンは、取り壊し工事が始まった旧校舎に潜り込み、二人が出会ったあの日に聴いた曲を思い出しながら弾き始めるのだった…。

キャスト編集

スタッフ編集

主な受賞編集

  • 第44回台湾金馬奨(2007年):(台湾のアカデミー賞)3部門を受賞 最優秀台湾映画賞/主題歌賞/視覚効果賞

ソフトウェア編集

CD編集

販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

DVD編集

販売元:松竹

外部リンク編集