メインメニューを開く

東京フィルメックス(とうきょうフィルメックス、TOKYO FILMeX)は、優れた映画を通じた異文化交流を目指し、アジアの創造性に溢れ、多様性豊かな作り手を応援することを目的に、2000年に創設された映画祭である[1]。映画祭は毎年11月に東京で開催される。

特色編集

「作家主義」を標榜し、アジアを中心とした各国の独創的な作品を上映する[2]中国韓国・日本からの作品のほか、イランイスラエルなどの映画も多い。作品によっては監督・出演俳優などが来日し、上映時に舞台挨拶や観客との質疑応答(Q&A)に参加することがある[2]

上映作品は以下の3部門に大きく分かれている。

  • コンペティション:審査員によって最優秀作品賞が選ばれる。
  • 特別招待作品
  • 特集上映作品:ある映画人や特定の国などについて、関係作品を集めて回顧上映を実施。

会場編集

メイン会場は有楽町朝日ホールが使われている[3]。映画上映の合間に、ロビー階で映画祭ゲストによる座談会などのイベントも開かれる。また近隣の映画館TOHOシネマズ日比谷が、サブ会場としてレイトショーの時間帯に一部作品の上映を行なう。また、東京国立近代美術館フィルムセンターではフィルメックス側と共催の形で、映画祭会期に合わせて関連企画を実施している。

これまでの映画祭編集

第1回編集

第2回編集

第3回編集

第4回編集

第5回編集

第6回編集

第7回編集

第8回編集

第9回編集

第10回編集

第11回編集

  • 2010年11月21日 - 11月29日
    • 最優秀作品賞:『ふゆの獣』 
    • 審査員特別賞「コダックVISIONアワード」:『独身男』リー・チョクトー 
    • 観客賞:『Peace』想田和弘 
    • 最優秀企画賞『Ilo Ilo』アンソニー・チェン
    • スペシャル・メンション『IT MUST BE A CAMEL』シャーロット・リム・レイ・クエン
    • 審査委員長:ウルリッヒ・グレゴール
    • 特集:アモス・ギタイ監督特集『越えて行く映画』

第12回編集

  • 2010年11月20日 - 11月28日
    • 最優秀作品賞:『オールド・ドッグ』ペマツェテン 
    • 審査員特別賞「コダックVISIONアワード」:『ムサン日記〜白い犬〜』パク・ジョンボム 
    • 観客賞:『アリラン』キム・ギドク 
    • 学生審査員賞:『学生審査員賞』奥田庸介 
    • 最優秀企画賞:『Song of Mulberries』シャン・ゾーロン 
    • スペシャル・メンション:『The Boy in White』アフィク・ディーン 
    • 審査委員長:アミール・ナデリ
    • 特集:『限定!川島パラダイス♪』/『相米慎二のすべて -1980-2001全作品上映-』/『ニコラス・レイ生誕百年記念上映』

第13回編集

  • 2012年11月23日 - 12月1日
    • 最優秀作品賞:『エピローグ』アミール・マノール 
    • 審査員特別賞:『記憶が私を見る』ソン・ファン 
    • 観客賞:『ピエタ(原題)』キム・ギドク 
    • 学生審査員賞:『あたしは世界なんかじゃないから』高橋泉 
    • タレント・キャンパス・トーキョー・アワード2012:『The Road』リ・シャンシャン 
    • 審査委員長:SABU
    • 特集:『イスラエル映画傑作選』/『木下惠介生誕100年祭』

第14回編集

  • 2013年11月23日 - 12月1日
    • 最優秀作品賞:『花咲くころ』ナナ・エクチミシヴィリ/ジーモン・グロス    
    • 審査員特別賞:『ハーモニー・レッスン』エミール・バイガジン    
    • 観客賞:『ILO ILO』アンソニー・チェン  
    • 学生審査員賞:『トランジット』ハンナ・エスピア  
    • スペシャル・メンション:
『カラオケ・ガール』ウィッサラー・ウィチットワータカーン   
『トーキョービッチ,アイラブユー』 吉田光希  

第15回編集

  • 2014年11月22日 - 11月30日
    • 最優秀作品賞:『クロコダイル』フランシス・セイビヤー・パション  
    • 審査員特別賞/学生審査員賞:『彼女のそばで』アサフ・コルマン  
    • 観客賞:『プレジデント』モフセン・マフマルバフ     
    • スペシャル・メンション:『シャドウデイズ』チャオ・ダーヨン  
    • 審査委員長:賈樟柯
    • 特集:『デヴィッド・クローネンバーグ』/『1960 -破壊と創造のとき-』

第16回編集

  • 2015年11月21日 - 11月29日
    • 最優秀作品賞:『タルロ』ペマツェテン  
    • 審査員特別賞/学生審査員賞:『ベヒモス』チャオ・リャン  
    • 観客賞:『最愛の子』ピーター・チャン   
    • 学生審査員賞:『タルロ』ペマツェテン  
    • スペシャル・メンション:
『白い光の闇』ヴィムクティ・ジャヤスンダラ  
奥田庸介監督(『クズとブスとゲス』/2015年/141分) 
    • 審査委員長:イ・ヨンガン (映画監督)
    • 特集:『侯孝賢』/『蔡明亮』/『ピエール・エテックス』

第17回編集

  • 2016年11月19日 - 11月27日
    • 最優秀作品賞:『よみがえりの樹』チャン・ハンイ  
    • 審査員特別賞:『バーニング・バード』サンジーワ・プシュパクマーラ   
    • 観客賞:『私たち』ユン・ガウン  
    • 学生審査員賞:『普通の家族』エドゥアルド・ロイ・Jr  
    • スペシャル・メンション:『私たち』ユン・ガウン  
    • 審査委員長:トニー・レインズ (映画評論家)
    • 特集:イスラエル映画の現在

第18回編集

  • 2017年11月18日 - 11月26日
    • 最優秀作品賞:『殺人者マルリナ』 モーリー・スリヤ  
    • 最優秀作品賞:『見えるもの、見えざるもの』 カミラ・アンディニ  
    • 観客賞:『ニッポン国VS泉南石綿村』 原一男  
    • 学生審査員賞:『泳ぎすぎた夜』 五十嵐耕平  ・ダミアン・マニヴェル  
    • タレンツ・トーキョー・アワード2017:『I wish I could HIBERNATE』 ゾルジャーガル・ピュレヴダッシュ  
    • スペシャル・メンション:『Doi Boy』 スパッチャ・ティプセナ  
    • 特集:ジャック・ターナー

第19回編集

  • 2018年11月17日 - 11月25日
    • 最優秀作品賞: 『アイカ』 セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ    [4]
    • 審査員特別賞: 『轢き殺された羊』 ペマツェテン 
    • 観客賞: 『コンプリシティ』 ビー・ガン  
    • 学生審査員賞: 『ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(仮題)』 ビー・ガン  
    • スペシャル・メンション: 『夜明け』 広瀬奈々子 [4]
    • 審査委員長: ウェイン・ワン(映画監督) 
    • 特集 : アミール・ナデリ

脚注編集

外部リンク編集