メインメニューを開く

東原 敏昭(ひがしはら としあき 1955年2月16日 - )は日本技術者実業家日立製作所取締役代表執行役社長兼最高経営責任者。元電子情報技術産業協会会長。

人物・経歴編集

徳島県小松島市出身[1]阿南工業高等専門学校第3年次修了後[2]、1977年徳島大学工学部電気工学科卒業[3]。学部の同期に中村修二カリフォルニア大学教授がいるが、教養の授業にはあまり行かなかったため面識はなかったという[4][5]。大学卒業後日立製作所入社。1990年ボストン大学コンピュータサイエンス学科大学院修了[1]

電力システム本部長執行役情報・通信グループCOO、日立パワーヨーロッパ社プレジデント等を経て、2010年から日立プラントテクノロジー代表執行役社長を務めた。執行役常務、執行役専務を経て、2014年取締役代表執行役社長兼COOに昇格[1]。2016年取締役代表執行役社長兼CEO[6]電子情報技術産業協会会長[7]

脚注編集

先代:
中西宏明
日立製作所社長
2014年 -
次代:
(現職)
先代:
(COO制新設)
日立製作所COO
2014年 - 2016年
次代:
(空席)
先代:
中西宏明
日立製作所CEO
2016年 -
次代:
(現職)
先代:
遠藤信博
保健医療福祉情報システム工業会会長
2014年 - 2016年
次代:
山本正已
先代:
水嶋繁光
電子情報技術産業協会会長
2016年 - 2017年
次代:
長榮周作