メインメニューを開く

気になる嫁さん(きになるよめさん)は、日本テレビ系列で放送されたホームドラマである。放映期間は1971年10月から1972年9月にかけてで石立鉄男&ユニオン映画シリーズの第2作目となる。ただし主演は、この作品でアイドル的な人気を博した榊原るみである。

気になる嫁さん
ジャンル ホームドラマコメディ
脚本 松木ひろし
監督 千野皓司
出演者 榊原るみ
佐野周二
石立鉄男
プロデューサー 吉川斌
上野徹
制作 日本テレビ(放送局)
ユニオン映画(制作)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1971年10月6日 - 1972年9月27日
放送時間 水曜 20:00 - 20:56
放送枠 日本テレビ水曜8時枠連続ドラマ
放送分 56分
回数 38

メインキャストには佐野周二水野久美浦辺粂子などの映画出身のビッグ・ネームの他、山田吾一冨士眞奈美山本紀彦などの石立ドラマおなじみの芸達者なメンバーが揃っている。

その知名度では、『パパと呼ばないで』『雑居時代』などにやや及ばないが、俳優陣の充実とコミカルな脚本・演出が光るシリーズである。

目次

放送データ編集

  • 放送期間:1971年10月6日~1972年9月20日
  • 放送時間:毎週水曜日 20:00~20:56
  • 放送回数:全40回
  • 製作媒体:16ミリフイルム・カラー作品(撮影は35ミリフィルム、放送時16ミリフィルム)

あらすじ編集

清水家は、子どもが5人と、亡くなった母親の代わりに婆やがいる、大家族。そこに、アメリカに留学中の末っ子・純の婚約者、坪内めぐみ(演:榊原るみ)が同居することになる。だが、純は留学先で死亡してしまう。しかし、両親がいないめぐみは「ここが私のうちです。どうか置いてください」とそのまま、清水家に同居。一家も、めぐみを家族同然に思って受け入れ、そこでまき起こる様々な騒動を描く。 清水家の男兄弟全員がめぐみに気心を持っている。逆にめぐみは家族全員に平等に接してはいるが、純が生前、彼に何かあったら次男の文彦に相談するように言われていた。劇中の所々で彼女が次男の文彦に恋心を持っているのではないかという場面もあり、最終回でこの二人の恋の行方が注目された。

キャスト編集

  • 坪内めぐみ(清水純の婚約者):榊原るみ
  • 坪内宏子(めぐみの伯母):杉葉子
  • 清水呂之助(清水家の父):佐野周二
  • 清水輝正(清水家の長男):山田吾一
  • 清水八重子(輝正の妻):冨士眞奈美
  • 清水小夜子(清水家の長女):水野久美
  • 清水文彦(清水家の次男):石立鉄男
  • 清水力丸(清水家の三男):山本紀彦
  • 清水純(清水家の末っ子):関口守(後、佐野守に改名)
  • 大杉たま(清水家の家政婦):浦辺粂子
  • 雨宮(文彦の経営する金融会社「新大判社」の社員):津村秀祐(後、津村鷹志に改名)
  • 安子(文彦の経営する金融会社「新大判社」の社員):津山登志子
  • 魚辰の政夫(魚屋御用聞き):三遊亭笑遊
  • 竹山(小夜子の恋人):橋本功
  • トリ子(呂之助の妹):園佳也子
  • 田辺(めぐみにプロポーズする男性):酒井修
  • 広沢寅吉(清水家の下宿人):村田正雄
  • 花岡(小夜子の夫):滝田裕介
  • ジャン・ピエール(めぐみの弟):永井秀和
  • 箕浦(小夜子の勤務先の社長):石浜朗

スタッフ編集

  • 企画:小坂敬(日本テレビ)
  • プロデューサー:吉川斌(日本テレビ)、上野徹(ユニオン映画)
  • 脚本:放映リスト参照
  • 音楽:大野雄二
  • 撮影:岩佐一泉
  • 照明:藤林甲
  • 美術:佐谷晃能
  • 編集:西村豊治
  • 録音:片桐登司美
  • 色彩計測:東原三郎
  • 助監督:丸山豊(ユニオン映画)
  • 記録:桑原みどり
  • タイトル:土屋昭雄、豊島弘尚
  • 美術:東京テレビアート
  • 装飾:高津映画装飾
  • 衣裳:東京衣裳
  • アフレコ・ダビング・ネガ録音(リレコーディング):映広音響
  • 現像所:東洋現像所(現・IMAGICA)
  • 製作担当:山本剛正(ユニオン映画)
  • 衣裳提供:Weathercock、ナイガイ
  • 監督(演出):放映リスト参照
  • 製作:ユニオン映画

放映リスト編集

話数 放映日 サブタイトル  脚本 監督 ゲスト
1 1971年
10.6
愛さなくテワ 松木ひろし 千野皓司 八代英太 
2 10.13 涙の結納
3 10.19 お世話になります
4 10.26 はじめての試練 葉村彰子 田中知己
5 11.3 おとなの胸のうち 大辻伺郎
6 11.10 心から愛をこめて 松木ひろし 手銭弘喜
7 11.17 余計なことってすばらしい 葉村彰子 天地総子
8 11.24 母さんの味 山本邦彦・葉村彰子 平山晃生
9 12.1 なんという兄弟愛 千野皓司 酒井修
10 12.8 突然の悲しみ 松木ひろし
11 12.15 誓いの言葉を 加藤武
12 12.22 馬鹿にしてるわ この家族 山本邦彦・葉村彰子 手銭弘喜 清水まゆみ、酒井修
13 12.29 あの人のために 平山晃生 酒井修
14 1972年
1.5
こんなはずでは 鶴島光重・葉村彰子 田崎潤三崎千恵子
15 1.12 金の切れ目が… 松木ひろし 千野皓司 渥美国泰、弘松三郎、辻玲子
16 1.19 思う心は一つ 山本邦彦・葉村彰子 清水まゆみ水沢有美
17 1.26 果報は寝ていた 平山晃生 清水まゆみ
18 2.9 赤ちゃん欲しくなっちゃった 鶴島光重・葉村彰子 橋本功
19 2.16 しょっぱい渡世 千野皓司
20 2.23 未亡人はいらないわ 山本邦彦・葉村彰子
21 3.1 忘れられぬ故郷の風 平山晃生 沖雅也
22 3.8 思いこんだら命がけ 鶴島光重・葉村彰子 沖雅也
23 3.15 わかっちゃいない 千野皓司
24 3.22 その気になった その時は 山本邦彦・葉村彰子
25 3.29 同情なんてまっぴらよ 平山晃生
26 4.5 ギョーザと赤ちゃん 鶴島光重・葉村彰子 大泉滉
27 4.12 ただ今撮影中! 松木ひろし 千野皓司 三谷昇天本英世
28 4.26 ヒヨコと同情 山本邦彦・葉村彰子
29 5.10 二人だけの秘密 平山晃生 本田みち子
30 5.24 男らしくがんばって! 鶴島光重・葉村彰子
31 6.7 人の気も知らないで 山本邦彦・葉村彰子 手銭弘喜
32 6.21 おやじの縁談 蘇武路夫・葉村彰子 千野皓司 月丘千秋
33 7.12 先立つものにさきだたれ 鶴島光重・葉村彰子 平山晃生
34 7.26 愛すればこそ…? 田村多津夫・葉村彰子 手銭弘喜
35 8.2 夫婦養子 杉本彰・葉村彰子 潮万太郎
36 8.9 夢をこわした私! 山本邦彦・葉村彰子 千野皓司
37 8.23 結婚サギ師をだますには… 鶴島光重・葉村彰子 平山晃生 雨森雅司
38 9.6 母を求めて 
39 未放送 弟がいたなンて! 山本邦彦・葉村彰子 千野皓司
40 9.20 私、泣いちゃうもン!

エピソード編集

  • 第27話「ただ今撮影中!」は特別編成で、台本が届かずに待ちくたびれた出演者たちが、それぞれ「自分の役の都合のいいように」物語を考え、その物語どおりにストーリーが進んでは元に戻り、並行して石立鉄男がスタジオ内を案内するという内容(一種のメタフィクション)。
  • 第39話はプロ野球中継のためオンエアされず、再放送時に放映された。
日本テレビ 水曜20時台
(1971年10月 - 1972年9月)
前番組 番組名 次番組
気になる嫁さん
パパと呼ばないで
※20:00 - 20:55
NNNニューススポット
※20:55 - 21:00
【1分拡大して継続】