松殿道基
時代 江戸時代前期
生誕 慶長20年2月17日1615年3月16日
死没 正保3年6月12日1646年7月24日
改名 千世鶴(幼名)→道基→道昭
官位 正二位権大納言
主君 明正天皇後光明天皇
氏族 九条家松殿家
父母 父:九条幸家、母:豊臣完子
兄弟 二条康道九条道房、成等院、貞梁院、道基、随心院栄厳、日怡
婚約者:徳川頼房娘・通子
テンプレートを表示

松殿 道基(まつどの みちもと)は、江戸時代前期の公卿官位正二位権大納言

経歴編集

関白九条幸家の三男として誕生。母は豊臣完子。幼名は千世鶴。後に名を道昭と改める。婚約者は徳川頼房の娘。

松殿家を再興して寛永19年(1642年)に従三位、次いで正二位・権大納言に叙せられたが、正保3年(1646年)に32歳で薨去し、松殿家は1代で再び断絶した。

参考文献編集

  • 小和田哲男『日本史諸家系図人名辞典』(講談社、2003年)
  • 『幸家公記』