テクノポップ

シンセサイザー、シーケンサー、ヴォコーダーなどの電子楽器を使ったポピュラー音楽

テクノポップ (Technopop/Techno Pop) は、シンセサイザーシーケンサーヴォコーダーなどの電子楽器を使ったポピュラー音楽。日本では1970年代後半から使われはじめた音楽用語。テクノロジーポップの略。

テクノポップ
様式的起源 電子音楽シンセサイザー音楽ポップ・ミュージックロッククラウトロックディスコポスト・パンクニュー・ウェイヴ
文化的起源 1970年代ヨーロッパ及び日本
使用楽器 シンセサイザーコンピュータシーケンサーヴォコーダードラムマシンキーボードギター
派生ジャンル テクノ歌謡ハウスJ-POP
サブジャンル
チップチューン
融合ジャンル
フューチャーポップ
関連項目
シンセポップニュー・ウェイヴフュージョン
テンプレートを表示

テクノと略されることもあるが、クラブミュージックのジャンル「テクノ」とは成り立ちを含め別物であるため、留意する必要がある。

概要編集

シンセサイザー、シンセベースなどを多用したSF的なサウンドが特徴。

電子楽器のテクノロジーを多用した最も初期のヒットは、1972年のホット・バター英語版ポップコーン・メイカーズの競作となった「ポップコーン」である[1]。同曲はホット・バター版がBillboard Hot 100で第9位まで上昇する大ヒットとなり、日本でも小ヒットした。またジョルジオ・モロダーが制作したチッコリー(欧米ではチッコリー・ティップ)の1972年のヒット「恋の玉手箱」(Son of My Father)も最新の電子楽器を使用していた。この時期にはまだ「テクノポップ」という語は使われなかった。

英米では日本のテクノポップに似たスタイルのポピュラー・ミュージックは、シンセポップ(Synthpop)エレクトロ・ポップと呼ばれていた[注 1]。コンピュータやMIDI機器を用いて制作した音楽は特に「コンピュ・ミュージック」と呼ばれた。来日したミュージシャンが、「テクノポップ」という言葉を知らなかったという例は多い。また、欧州においては、「TECHNO POP」は異なる意味で使われていた[2]ともいう。

日本では1970年代末からイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)がディスコやテレビ番組などでオンエアされ、それを追うように「テクノ御三家」(後述)が登場し、テクノポップ・ブームが起こった[3]

1980年代後半から流行したダンス・ミュージックのスタイルに、テクノハウスがある。アシッドハウスデトロイト・テクノが代表的ジャンルであり、日本のテクノポップと直接的なつながりはないとされている[注 2]

テクノポップの歴史編集

 
初の音色メモリ可能なポリフォニックシンセサイザーProphet-5 (1978年)

1970年代末から80年代前半編集

 
史上初のリズムマシン、Roland TR-808 (1980年) 。YMOは発売前のプロトタイプ機を使用していた。
 
テクノポップブーム後期からバンドブーム期にかけて使用された代表的なシンセサイザー、YAMAHA DX7 (1983年)

テクノポップという言葉は、1978年、大阪で『ロック・マガジン』を発行していたロック評論家の阿木譲が、クラフトワークのアルバム『人間解体』のレビューで使ったのが初出とされている[4]。この造語を気に入った坂本龍一がさまざまな媒体に出演して使ったことにより、一般に広まったといわれている[5][6](坂本の参加していたイエローマジックオーケストラ(YMO)は1978年11月にファーストアルバムを世に出し、1979年5月にアメリカ発売、8月にアメリカ公演、10月にワールドツアーを実施し、そのライブは日本ではNHKで放送されていた)。渋谷陽一NHK-FMで、クラフトワークの「トランス・ヨーロッパ・エクスプレス」や「ザ・ロボッツ」をオンエアした。1980年代には、アフリカ・バンバータがクラフトワークを使用した曲を発表した。

1979年からYMOブームが起きると、YMOに続く「テクノ御三家」として同年にP-MODELヒカシュープラスチックスが紹介された。椹木野衣は個人的見解としてテクノポップが、日本にとって1960年代から1970年代前半の文化の暗さや重さ(例:学生運動劇画など)から脱却するための一つの方法論との見方を提示している[7]

ブーム期のテクノポップ・バンドとしては他に、「恋のベンチ・シート」をヒットさせたジューシィ・フルーツ(ヒカシューと同じく近田春夫がプロデュースしている)、小川美潮が在籍したチャクラ大橋純子&美乃家セントラル・ステイションファンク曲を作曲したこともある土屋昌巳一風堂などがいた。高木完サエキけんぞうもテクノ・ポップ・グループを結成したが、ラジオではオンエアされず、不発に終わってしまった。

また、アイドルや芸能人による『テクノ歌謡』もリリースされた。これらの曲の一部は、坂本龍一らなどがプロデュースしている[8]。ブームを担った中核的なレーベルとしては、YMOや戸川純らが在籍したアルファレコード¥ENレーベルなどがある。

この頃来日したクラフトワークは「テクノポップ」と言う言葉を気に入り1983年にリリースを予定したアルバムタイトルを『TECHNO POP』と題した[9]がお蔵入りとなり、1986年に『エレクトリック・カフェ』と改題してリリースした[注 3]。この中に「TECHNO POP」と題する曲が収録されている。バグルスは1979年に「ラジオ・スターの悲劇」のヒットを出したあと、1980年に発表したシングル「CLEAN CLEAN」のB面に「TECHNOPOP」という曲を収録しており[10]、アルバム『THE AGE OF PLASTIC』の1999年リマスター版にも追加収録されている。1980年代前半の欧米では、ゲイリー・ニューマンMリップスヒューマン・リーグソフト・セルらが「シンセ・ポップ」の全米ヒットを送り出した。ゲイリー・ニューマン「カーズ」、M「ポップ・ミューヂック」、リップス「ファンキータウン」、ヒューマン・リーグ「ドント・ユー・ウォント・ミー」、ソフト・セル「テインテッド・ラブ」、オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク(OMD)「エノラ・ゲイの悲劇」。ウルトラヴォックス「ニュー・ヨーロピアンズ」、ユーリズミックス「スウィート・ドリームス」、当時の代表的なヒット曲である。ヤーブロウ&ピープルズの「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」(1981年)はボーカルがソウルフルなため、テクノ・ポップというよりも、R&Bグループがテクノを取り入れたものと、とらえた方がよい。

1980年代後半編集

 
Casio CZ-101 (1984年)
通称カシオトーンは非常に安価だったことから、人生の石野卓球など主にインディーズ系ミュージシャンに支持された。

1985年頃に起こった第二次バンドブームなどの影響もあり、テクノポップやテクノ歌謡はメジャー音楽シーンから消えていく。この頃にテクノポップでデビューしたPSY・Sも、早々に「ロックバンドの音を前面に出す音楽形態」に転向している。この頃は「シンセサイザーを駆使しているがテクノポップとは異なる」音楽、すなわちTM NETWORK[注 4]accessのようなデジタルロック喜多郎姫神のようなニューエイジ音楽などが登場した。

一方、同時期に雑誌『宝島』などのサブカルチャー雑誌に牽引されて勃興したインディーズバンド・ブームの渦中においては、テクノポップ色の強いアーティストが存在感を放っていた。ケラ率いる有頂天らのレコードは宝島社傘下のキャプテンレコードによって全国に紹介され、また有頂天のケラが設立したナゴムレコードに所属する空手バカボン(ケラ、大槻ケンヂらが在籍)や人生石野卓球ピエール瀧らが在籍)などもインディーズチャートを賑わせた。有頂天の「べにくじら」や、ケラが後に結成したユニット「ロングバケーション」の「シェリーにくちづけ」テクノポップカバーなどはメジャーでリリースされ、一般にも知られている。

また同時期にテレビゲームやコンピュータゲームもブームとなっており、ゲームで演奏されるゲームミュージック、すなわちシンセサイザー音色を活かしたインストゥルメンタル音楽に傾倒していく人々も多く現れるようになった。YMOのファースト・アルバムで「インベーダーゲーム」が収録されていたように、ゲームミュージックシーンの草創期から、テクノポップシーンの人材が関わってゆくことになる。1985年には¥ENレーベルを擁するアルファレコードにおいて、初のゲームミュージック専門のレーベルとしてG.M.O.レコードも設立された。

1990年代編集

テクノポップに変わり電子音楽の主流となったジャンルの1つはテクノである。1988年以降に世界的に流行し、日本ではケン・イシイや石野卓球が有名となった[11]人生改め電気グルーヴは、初期はハウスラップなどに傾倒していたが、石野がアシッドムーヴメントに触れた1990年代以降はテクノ色を鮮明にしてゆき、1997年に『Shangri-La』をヒットさせた。イギリスの808ステイトジ・オーブオービタルといったテクノアーティストがテクノ・ポップの楽曲をリミックスする企画アルバムもリリースされた。

楽器メーカーが数々のシンセサイザーを発売し低廉化・大衆化する動き[注 5]があったものの、1990年代末期までの間はテクノポップのリバイバル化に直接影響することは無かった。

2000年代以降編集

 
1990年代から2000年代以降に一般的となったDAWの例。パソコンソフトウェアシンセサイザーを活用し、過去の名機の音色も再現可能。
 
2000年代に再結成したYMO (2008年)

テクノポップが再度扱われるようになったのは主にインディーズ音楽シーンで、いち早くMOTOCOMPOなどがテクノポップやフューチャーポップを手がけるようになる。さらにテクノ音楽シーンではKAGAMIがシンセサイザーやボコーダーを駆使したテクノポップ寄りのダンス・ミュージックをリリースし人気を集める。

海外音楽シーンの影響もあった。2000年末にリリースされたダフトパンクのヒット曲「One more time」以降、ボイスフィルター[注 6]による機械的なボーカルが日本でも取り入れられるようになった。

2003年中田ヤスタカプロデュースによるユニット、Perfumeが東京のインディーズレーベルでシングルを発売、この中にジューシィ・フルーツのヒット曲「ジェニーはご機嫌ななめ」をカバー収録。テクノポップの再アピールが目立ち始める。2008年Perfumeのアルバム『GAME』が、「テクノポップ・ユニット」と称されるユニットとしては、YMO以来4半世紀ぶりにオリコン週間チャート1位を記録した。近年のテクノポップムーブメントは、中田ヤスタカに負うところが大きいが、「テクノポップ第二世代」を掲げるAira MitsukiSweet Vacationなどを初めとする数々のフォロワーも現れた。また、「キラキラ系」「ピコピコ系」など様々な分類がなされた。

これら一連の動向とは趣向が異なるものの、松前公高による「おしりかじり虫[注 7]のヒットもテクノポップ・リバイバルに貢献した出来事である。

インディーズ音楽シーンにおいてもシンセサイザーやPCのさらなる普及により、アーバンギャルドFLOPPYなどのテクノポップアーティスト、T4P recordsウサギチャンレコーズなどの専門レーベルが活躍している。

2000年代に始まったテクノ・ポップの復活は、2010年代に入るとJ-Popの一ジャンルと見る傾向も出てきた。2011年にはきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」が日本でヒットを記録し日本以外の一部の国々で動画サイトを通じ知られるようになった。その後、2010年代を通して世界各国で爆発的な人気を誇った。続いてピコ太郎がテクノ・ポップ的な世界的ヒット曲を発売した。往年のファンなら、ピコ太郎の「PPAP」に、リップス「ファンキータウン」を連想することも可能である。

YMOとテクノ御三家編集

1979年のYMOブームによりP-MODELヒカシュープラスチックスの「テクノ御三家」が出て来たわけではなく、それぞれ源流も全く異なっている。P-MODELは平沢進が高校時代(1973年)から結成していたプログレッシブ・ロックバンドのマンドレイクが、電子音とバンドサウンドを同期させたスタイルに転じたものであったが、年代事にメンバーが変わり、ダークテクノ、ニューウェーブ、アジアンテクノと2000年に活動停止までテクノミュージックの追及を行った(現在はリーダーの平沢のみの核P-MODELと、元メンバー達が個々で活動している)。演劇畑出身の巻上公一[注 8]を中心とし、劇団から転じて1978年に命名されたのがヒカシューであり、後に巻上公一とヒカシューはテクノ・ポップの枠にとどまらず、前衛音楽や前衛ロック、フリージャズの分野へと、大きく羽ばたいていった。プラスチックスは1976年に立花ハジメを中心としたファッションデザイナーらによって結成されたバンドで、のちのバブル期の日本を先取りしたような軽さをうち出し、米国にてツアーも行った[注 9]

ヒカシューの巻上公一曰く、YMOとテクノ御三家の明確な違いとして、YMOは松武秀樹がシンセのプログラムング等の機材セッティングを行い、機材もプロユースの物をリースしていたのに対し、テクノ御三家は自分達で購入可能な機材を揃え、全て自分達でやっていたとしている[12]。また、YMOとテクノ御三家はライバル関係のような状態だった為、別に仲が悪い訳では無かったが、当時は時代背景もありインタビューでお互いに悪口を言い合っていたという(当時は巻上と平沢が特に仲が悪いとされていたが、巻上曰く実際は長年の友人同士である)[12]

テクノ歌謡など編集

テクノ歌謡
歌謡界でもっとも初期にシンセドラム(en:Electronic drum)を使用した楽曲はピンク・レディーサウスポー」(1978年3月)であり、もっとも初期にYMOを「編曲」に起用したのは、近田春夫「エレクトリック・ラブ・ストーリー」(1979年)である。また沢田研二「TOKIO[注 10]や、筒美京平[注 11]が初めて手がけた「テクノ歌謡」が、榊原郁恵の「ROBOT」(編曲:船山基紀、1980年6月1日)である。このあたりから「テクノ歌謡」は出現する[13]
この当時のシンセドラムは、アメリカのPOLLARD社のSYN-DRUMS。そして日本製のULT-SOUND(アルトサウンド)といった機材であり、本格的ドラムセットの体をなすというよりは、あくまでも効果音的な使われ方をしていた。今の電子ドラムのように「ドラム・セット」然とした電子ドラムの登場は、シモンズen:Simmons (electronic drum company))のシンセドラム(en:Electronic drum)の登場を待たねばならなかった。
イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」(1981年)はミリオンセラーとなり、川上さんと長島さん「きたかチョーさんまってたドン」(1983年)ほか、当初コメディアンに多く楽曲が提供される。その後、アイドルの楽曲でもテクノポップ調の伴奏をバックに歌唱するスタイルが確立。のちにこれらは「テクノ歌謡」と呼ばれた。当初は打ち込み演奏+生演奏でニュー・ウェイヴやテクノを意識したものと定義された。
フューチャーポップ
テクノを始めとするダンス・ミュージックにメロディアスな歌詞やシンセリード演奏を加えた派生音楽の1つ。SUPERCARの「YUMEGIWA LASTBOY(映画『ピンポン』の挿入歌)」が例である。他にRAM RIDER元気ロケッツなど。
チップチューン
 
チップチューンを演奏する際の機材構成の例。ゲームボーイ (1989年) の内蔵音源を楽器として使用。
ファミリーコンピュータなどFM音源以前のゲーム機・PCの音源(PSG波形メモリ音源など)をメインに用いた電子音楽の1つ。日本では桃井はるこ(代表曲・「ワンダーモモーイ」「きみはホエホエむすめ」)や高橋名人(代表曲・「スターソルジャーのテーマ」)などのチップチューン伴奏によるテクノ歌謡が有名。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ たとえばこのサイトではELECTROの別名とされている。
  2. ^ エレクトロヒップホップビッグビートの派生ダンスミュージックであり、スタート段階ではアンダーグラウンド音楽として始まったものである。
  3. ^ 2009年のリマスター新装版ではタイトルを『TECHNO POP』に戻している。
  4. ^ ただし初期のTMはテクノポップの曲もリリースしている。
  5. ^ 当時一般の間ではヤマハEOSシリーズすなわち「小室哲哉のキーボード」やローランドDTM音源がよく売れていた。
  6. ^ ボコーダー以上になめらかな音声を発声可能なエフェクター。Digitech社製『Talker』が有名。
  7. ^ うるまでるび作詞作曲、松前公高編曲。
  8. ^ 巻上は東京キッドブラザーズ出身だった。
  9. ^ 『コピー』という曲では欧米で批判の対象となっていた、日本人による猿真似」について開き直っているように受け取られ、イギリスのライブツアーが当地のプレスから過剰なほどに叩かれた。
  10. ^ 1980年1月1日発売。この曲がきっかけで井上バンドがジュリーのバックバンドをやめることになった。
  11. ^ ブルー・ライト・ヨコハマ」「また逢う日まで」などヒット曲が非常に多い和製ポップス・歌謡曲の巨匠。

出典編集

  1. ^ "Hot Butter: "Popcorn"". Keyboard. Vol. 21. 1995. p. 30. ISSN 0730-0158.
  2. ^ 1981年にキーボード・マガジンがクラフトワークへ行ったインタビューより(2010年1月号 WINTERに再録)。
  3. ^ 出典:田中雄二『電子音楽 in JAPAN』(アスペクト、2001年 ISBN 978-4757208711
  4. ^ テクノポップの起源 - All About
  5. ^ テレビ番組『新堂本兄弟』(フジテレビ)内のコーナー「堂本ベストヒットたかみー」より。
  6. ^ 『ニッポンの音楽』 - ISBN 4062882965
  7. ^ 椹木野衣が『黄色魔術』という小論でテクノポップの軽さについて論じている(『テクノデリック—鏡でいっぱいの世界』椹木野衣、集英社、1996年 ISBN 978-4087741292に収録)
  8. ^ 出典:美馬亜貴子『テクノ・ポップ (THE DIG PRESENTS DISC GUIDE SERIES)』(シンコーミュージック、2004年 ISBN 978-4-401-61851-4
  9. ^ 出典:『はじめてのシンセサイザー』(講談社現代新書)古山俊一 1988年。
  10. ^ Buggles* - Clean, Clean (Vinyl) at Discogs
  11. ^ 出典:『YMO GLOBAL YMOから広がるディスクガイド』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、ISBN 978-4401631162)。この本の中で、ライターの佐久間英夫は「テクノは日本で生まれたジャンルだと声を大にして言いたい」と述べている。
  12. ^ a b (日本語) 【巻上公一】ヒカシューのリーダーに、ホーメイとラモーンズとデヴィッド・バーンとプラスチックスとP-MODELとYMOとラジオの話を聞いたよ, https://www.youtube.com/watch?v=ri7RM9eBBk0 2022年6月1日閲覧。 
  13. ^ Music calender、および1242.comの昭和アイドルテクノ歌謡を閲覧。閲覧日2019年10月3日閲覧 http://www.1242.com > TOP > ニュース 一覧

関連項目編集