メインメニューを開く

2代目 林家 木久蔵(はやしや きくぞう、本名:豊田 宏寿(とよた ひろとし)、旧名:林家 きくお(はやしや きくお)、1975年9月29日 - )は日本落語家である。東京都三鷹市出身。落語協会トヨタアート所属。出囃子は「」。2007年9月21日真打昇進と同時に林家木久蔵を襲名。

2代目 林家はやしや 木久蔵きくぞう
本名 豊田 宏寿
生年月日 (1975-09-29) 1975年9月29日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都三鷹市
師匠 林家木久扇
名跡 1. 林家きくお(1996年 - 2007年)
2. 2代目林家木久蔵(2007年 - )
出囃子
家族 父:林家木久扇
所属 落語協会
トヨタアート(マネジメント)
公式サイト 落語家・林家木久扇公式HP-二代目林家木久蔵

来歴・人物編集

玉川大学文学部芸術学科演劇専攻卒。血液型A型、身長179cm、趣味は熱帯魚、特技は日本舞踊南京玉すだれ林家木久扇の長男であり弟子。前名の「きくお」は、父・木久扇の初名である「桂木久男」から取っている。本名の宏寿は、当時木久扇とつきあいのあった算命学の一門の師匠から、「ムネトシ」か「ヒロトシ」から付けるように云われたためで、「ムネトシ」では殿様みたいで名前負けしそうという木久扇の判断から、「宏寿」と名付けられた。

父に負けず劣らずの与太郎キャラで、ヘラヘラ笑う笑顔が印象的な人物である。2006年2月18日に結婚、同年11月に長女が誕生した。

2代目林家三平と「プリンス二人会」を結成したほか、父親同士が笑点メンバーで元彦六門下の兄弟弟子三遊亭好楽と息子の王楽親子と共にダブル親子会を行うこともある。

二世落語家同士でもある林家三平桂春蝶月亭八光、三平、王楽、木久蔵で『坊ちゃん5』を結成し、2006年1月には四派の若手同士で『平成噺し座』を旗揚げし、メンバーとなった。

2007年9月に父から名前を譲られ(木久扇曰く、生前贈与)、2代目林家木久蔵襲名、真打昇進した。これに伴い父・木久蔵も「木久扇」に改名した。ダブル襲名の口上で、きくお改め木久蔵は、この7年前(2000年)に木久扇がガンを患ったことに触れており、「(木久扇が)元気なうちに真打昇進できて良かった。これでいつ天国に行ってもらってもいい」と述べている。

現在は古典落語を中心に演じ、父・木久扇が師匠彦六をモチーフにした『彦六伝』を持ちネタにしている一方、きくおも父をモチーフにした『木久蔵伝』を作成。2006年9月には弟弟子・ひろ木との二人会で落語を披露した。

当初、笑点で馬鹿なことを言っている父を見て「これなら自分でもなれる」と落語家を目指した[注釈 1]。しかし2000年にガンを患いながらも高座に立つ父の姿を見て考えを改め、春風亭小朝の下で落語を学びなおした。

笑点Jr.メンバーとして編集

大喜利では、父林家木久扇を彷彿とさせる与太郎キャラを演ずる。黄色の高座着、席順が左から3番目というのも木久扇と同じである。

次回出演権を剥奪された翌週は、彼が座る3番席に春風亭百栄が座ることが多い。最近では兄弟子の林家彦いちも座ることがある。

笑点Jr.』が2011年3月13日をもって放送終了となったため、出演権を剥奪された2011年1月9日放送分が最後の出演となった。

略歴編集

  • 1995年(平成7年)10月、父親でもある初代林家木久蔵(現:林家木久扇)に入門。
  • 1996年(平成8年)2月、前座。林家きくおを名乗る。
  • 1999年(平成11年)9月、二ツ目に昇進。
  • 2007年(平成19年)9月、真打昇進。2代目林家木久蔵襲名。

テレビ出演編集

ほか多数

CM出演編集

  • JARO日本広告審査機構(2007年9月~、父・初代木久扇と共演)
    • 正式襲名を待たずに、CMは既に木久扇・木久蔵名義で放送されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ちなみに、木久扇に息子の自身が入門するに当たり、母(木久扇の妻)に「『花田勝治兄弟』あるいは『花田満、花田勝光司兄弟の親子』のように、弟子入りすれば、兄弟でも肉親でもないといわれるのではないか」と心配して相談したらしいが、「角界とは違い、国技というわけではないから、落語の師匠・弟子の関係は、そんなに型にはまったものではない」と返されたことで、父・木久扇に入門することになったとのこと。木久扇自身は、2代目木久蔵が落語家になりたいと聞いたとき、別の師匠に弟子入りさせて、自分は相談役のような立場でアドバイスすることを考えていたと語っている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集