メインメニューを開く

柳澤 田実(やなぎさわ たみ、1973年 – )は、日本哲学者宗教学キリスト教思想)。学位博士(学術)東京大学2006年)。関西学院大学神学部准教授

柳澤 田実
(やなぎさわ たみ)
生誕 1973年
地域 日本哲学者
研究分野 宗教学キリスト教思想
テンプレートを表示

経歴編集

1973年生まれ。1996年慶應義塾大学文学部哲学科を卒業。

東京大学大学院に進み、総合文化研究科超域文化科学専攻にて比較文化を学び、1999年修士号を取得し、2006年には博士号を取得した。

大学院を修了後、南山大学人文学部キリスト教学科講師、准教授、2013年関西学院大学神学部准教授。

研究編集

専門分野は宗教学であり、キリスト教思想を中心に研究している。具体的には、福音書教父哲学などの各種文献について、生態心理学の技法を応用した解釈を行っており、これにより「従来の伝統解釈においては軽視されてきた、イエスの実践における行為や環境との関わりを明らかにする」としている。

略歴編集

家族編集

著作編集

編纂編集

  • 天内大樹ほか著、柳澤田実編『ディスポジション――配置としての世界――哲学、倫理、生態心理学からアート、建築まで、領域横断的に世界を捉える方法の創出に向けて』現代企画室、2008年ISBN 9784773808063

脚注編集

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集