栗野駅

日本の鹿児島県姶良郡湧水町にある九州旅客鉄道の駅

栗野駅(くりのえき)は、鹿児島県姶良郡湧水町木場にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。かつては山野線水俣 - 薩摩大口 - 栗野)が分岐していた。

栗野駅
駅舎(2005年3月)
駅舎(2005年3月)
くりの
Kurino
吉松 (7.5km)
(6.5km) 大隅横川
所在地 鹿児島県姶良郡湧水町木場667
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線
キロ程 94.3km(八代起点)
電報略号 クリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
181人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
365人/日
-2013年-
開業年月日 1903年明治36年)9月5日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
栗野駅
くりの
Kurino
稲葉崎 (4.0km)
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 山野線
キロ程 55.7km(水俣起点)
開業年月日 1922年大正11年)9月2日
廃止年月日 1988年昭和63年)2月1日
テンプレートを表示
駅前風景

目次

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎に接している単式ホーム(1番線)はかつての山野線用で、現在は使われていない。駅舎から島式ホームには跨線橋で連絡している。のりばは駅舎側からそれぞれ2番線、3番線である。さらに跨線橋で駅のすぐ裏にある、丸池(名水百選)にも渡れるようになっている。ホームには真幸駅と同じような、発車の合図の鐘が残っている。

駅舎はコンクリート造り平屋である。駅舎内部には待合所や出札口などがある。簡易委託駅となっている。自動券売機は設置されておらず、早朝・夜間は車内精算となる。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
2 肥薩線 上り 吉松都城方面
3 肥薩線 下り 隼人鹿児島中央方面

利用状況編集

  • 2013年度の1日平均乗車人員は181人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2007 210 419
2008 193 386
2009 158 319
2010 159 323
2011 157 319
2012 169 341
2013 181 365

駅周辺編集

現在、駅周辺はレンガ造りの街の再開発を行っている。駅前からは南国交通、大口、吉松方面路線バス他、湧水ふるさとバスを運行中。

その他編集

  • 1980年代当時、使用されなくなった貨物側線に米軍機による機銃掃射の弾痕があるレールが残っていた。[2]肥薩線では、大隅横川駅に機銃掃射の弾痕のある柱が現存する。

隣の駅編集

※特急「はやとの風」の停車駅は列車記事を参照のこと。

九州旅客鉄道
肥薩線
吉松駅 - 栗野駅 - 大隅横川駅

廃止区間編集

九州旅客鉄道
山野線
稲葉崎駅 - 栗野駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『宮崎県林業史』宮崎県、1997年、448頁
  2. ^ 鉄道ファン1983年5月号(通巻265号)P117 福井弘「レールに残る戦争の傷跡」に写真が掲載

関連項目編集

外部リンク編集

  • 栗野駅(駅情報) - 九州旅客鉄道