メインメニューを開く

桃園駅 (台湾高速鉄道)

台湾の台湾高速鉄道の鉄道駅

桃園駅(とうえんえき、タオユァンえき)は、台湾桃園市青埔にある台湾高速鉄道(高鉄)のである。青埔駅とも呼ばれる。

桃園駅
桃園站
タオユェン
Taoyuan
所在地 台湾桃園市高鉄北路
所属事業者 台湾高速鉄路股份有限公司(高鉄・駅詳細
桃園大衆捷運股份有限公司駅詳細
テンプレートを表示
桃園駅
各種表記
繁体字 桃園車站
高鐵桃園站(捷運)
簡体字 桃园车站
高铁桃园站(捷運)
拼音 Táoyuán Chēzhàn
Gāotiě Táoyuán Zhàn(捷運)
注音符号 ㄊㄠˊ ㄩㄢˊ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
ㄍㄠ ㄊㄧㄝˇ ㄊㄠˊ ㄩㄢˊ ㄓㄢˋ(捷運)
発音: タオユェン ヂャン
ガオティエ タオユェン ヂャン
台湾語白話字 Thô-hn̂g Chhia-tsām
Ko-thih Thô-hn̂g Tsām(捷運)
日本語漢音読み とうえん えき
こうてつ とうえん えき
英文 Taoyuan Station
Taoyuan HSR Station
テンプレートを表示

桃園機場捷運桃園捷運機場線)の高鉄桃園駅(こうてつとうえんえき、ガオティエタオユェンえき)についても本項で述べる。

目次

概要編集

2007年に、台湾高速鉄道の駅が台鉄従来の桃園駅から離れた場所に開業。桃園機場捷運が開通するまでは、当駅が台湾桃園国際空港の最寄り駅であった。桃園機場捷運が2017年に当駅に乗り入れ、桃園市の新しいターミナル駅となっている。

歴史編集

駅構造編集

台湾高速鉄道編集

台湾高速鉄道 桃園駅
 
駅舎全景(2017年7月24日)
桃園
タオユエン
Taoyuan
板橋 (29.165km)
(29.894km) 新竹
所在地  桃園市高鉄北路1段6号
所属事業者 台湾高速鉄路股份有限公司
(台湾高速鉄道)
所属路線 台湾高速鉄道
キロ程 45.583km(南港起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
17,762人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
35,346人/日
-2018年-
開業年月日 2006年11月10日
備考 正式開業は2007年3月2日
テンプレートを表示

駅舎は森海國際工程顧問股份有限公司と沈祖海中国語版連合建築師事務所が設計し、台湾の 互助営造、日本の大林組JVが施工した。総床面積は81,516平方メートル。建設当時は軍用飛行場(桃園軍用機場)の離着陸コースに当たる為、地下駅となった。なお当飛行場は現在廃止された。

高鉄の駅舎は地上1階、地下2階建ての構造である。地上1階は改札口や券売機、窓口、案内カウンター、トラベルデスク、鉄道警察があるコンコース階である。地下2階はホーム階であり、地下1階の中間階には機場捷運の乗り換え改札がある。

ホームは相対式ホーム2面4線を有する。トンネル内に駅のホームがあるため、地上の改札階からエスカレータもしくはエレベーターで地下2階(1階は待合スペース)にあるホームに降りる事になる。上下ホームの間には通過線がある上に仕切りの壁があるため、互いのホームからは視認することはできない。地下を通る為、通過列車でも減速して走行していたが、2011年に改善工事が完了し減速せずに通過するようになった。

改札階の内部にはコンビニエンスストア売店が入居している。

かつて空港出国旅客のための航空会社のチェックインカウンターが地上1階に設置され、数年間運営されていたが、利用客の少なさを理由に撤去された。ただし、桃園捷運の開業を機に復活の動きがある[4]

出入口は地上1階に8箇所設けられている。

のりば編集

1 台湾高速鉄道(下り) 台中左営方面
通過線 台湾高速鉄道 下り列車の通過
通過線 台湾高速鉄道 上り列車の通過
2 台湾高速鉄道(上り) 台北南港方面


桃園捷運編集

桃園捷運 高鉄桃園駅
 
駅舎
高鐵桃園站
ガオティエタオユェン
Taoyuan HSR
領航 A17 (1.61km)
(1.74km) A19 桃園体育園区
所在地  桃園市高鉄北路1段5号
駅番号 A18
所属事業者 桃園大眾捷運股份有限公司
(桃園捷運)
所属路線 桃園機場捷運(機場線)
キロ程 44.55km(台北車站起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
開業年月日 2017年2月2日
備考 正式開業は2017年3月2日
テンプレートを表示

相対式ホーム島式ホーム混合の2面3線の高架駅可動式ホーム柵が設置されている。

出口は東西それぞれ1つずつ設けられ、東側は地上及び地下1階高鉄駅改札口と直結している[5]

のりば編集

1   桃園機場捷運(下り) 当駅折り返し 桃園空港台北車站方面
2   桃園機場捷運(下り) 環北方面
3   桃園機場捷運(上り) 桃園空港台北車站方面


利用状況編集

燃油価格高騰により高速鉄道の定期券代が自家用車での通勤費より安くなったことでマイカー通勤者の転移が顕著なことと、住宅価格が手ごろなため、台北方面への通勤客が急増し[6][7]、桃園-台北間の定期券旅客は2007年約800人から2012年約3,200人となっている。

高鉄の桃園駅の2016年の1日平均利用客数は32,613人[8]で、高鉄中第4位。

年度別乗降人員は以下の通りである。

桃園駅利用人員
年間[8] 1日平均[註 1]
乗車 降車 乗車 乗降
2007 977,525 912,346 1,889,871 2,707 5,235
2008 2,148,825 2,000,195 4,149,020 5,871 11,336
2009 2,417,447 2,074,254 4,491,701 6,623 12,306
2010 3,024,317 2,834,538 5,858,855 8,285 16,051
2011 3,483,660 3,320,390 6,804,050 9,544 18,641
2012 3,965,712 3,796,604 7,762,316 10,835 21,208
2013 4,376,039 4,249,967 8,626,006 11,989 23,633
2014 4,425,252 4,311,480 8,736,732 12,124 23,936
2015 4,624,459 4,545,553 9,170,012 12,670 25,123
2016 5,465,067 5,405,128 10,870,195 14,973 29,781
2017 5,995,895 5,907,698 11,903,593 16,427 32,613
2018 6,482,997 6,418,279 12,901,276 17,762 35,346

駅周辺編集

バス路線編集

のりば 運行事業者 区間
1 統聯客運

705 高鉄桃園駅  桃園国際空港(T1 & T2)2019年7月1日廃止[11]

2
3 亞通客運中国語版
亞盛通運中国語版
L505高鐵接駁線 大園区公所  - 高鉄桃園駅 (桃園市民免費公車大園區)
4 桃園客運中国語版
(高鉄快捷バス中国語版)

直達車 高鉄桃園駅  -大竹- 桃園総駅(一部開南大学まで運行)
206 高鉄桃園駅  -大竹- 桃園総駅(一部開南大学まで運行)

5 中壢客運中国語版
(高鉄快捷バス)

170 高鉄桃園駅 中壢総駅

6 桃園客運

132A 中壢公車駅 中央大学  高鉄桃園駅
171 中壢公車駅  A20興南駅 高鉄桃園駅
5087 中壢車駅 -高鉄桃園駅- 大園車駅中国語版
5087A 中壢車駅 -高鉄桃園駅-大園高中中国語版 大園車駅 (大園高中経由)
5089 中壢車駅 -高鉄桃園駅- -大園車駅- 桃園国際空港(T1 & T2)

7 桃園客運

L305 蘆竹区公所-大竹-  高鉄桃園駅 (桃園市民は運賃無料)
L605 永安漁港中国語版 -新屋区公所-  高鉄桃園駅(桃園市民は運賃無料)

8 中壢客運 172 中壢総駅 -中央大学-  高鉄桃園駅
9 亞通客運
亞盛通運
L509 高鉄桃園駅-大園高中 - 桃園航空城願景館 - 捷運領航駅 (桃園市民は運賃無料)
10 桃園客運 707 桃園高中中国語版   -高鉄桃園駅-桃園国際野球場

707A 桃園市政府 -桃園高中-   -高鉄桃園駅-桃園国際野球場

隣の駅編集

台湾高速鉄路
台湾高速鉄道
板橋駅 - 桃園駅 - 新竹駅
桃園捷運
  機場線(桃園機場捷運)
直達車
機場第二航廈駅(A13) - 高鉄桃園駅(A18) - 環北駅(A21)
普通車
領航駅(A17) - 高鉄桃園駅(A18) - 桃園体育園区駅(A19)

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 営業日数:365日(2016年7月8日台風1号(ニパルタック)の影響で終日運休)

出典編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集