メインメニューを開く

桜井 洋子(さくらい ようこ、1951年8月9日 - )は、NHKの元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。

さくらい ようこ
桜井 洋子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 新潟県直江津市
(現・上越市
生年月日 (1951-08-09) 1951年8月9日(67歳)
最終学歴 明治大学卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 初任地
活動期間 1975年
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
備考
女性初の新潟県出身のNHK正職員アナウンサー。現在は嘱託職

目次

人物編集

新潟県立高田高等学校を経て明治大学卒業後、1975年入局。女性初の新潟県出身のNHK正職員アナウンサーだった。一貫して東京アナウンス室に勤務し、38歳で管理職(最初はチーフアナウンサー)となった。

主に報道・教養番組を担当。2004年10月23日、法事のため郷里・直江津に母親と帰省中、新潟県中越地震に遭遇した。以来、新潟局・東京制作を問わず、地震関連の特別番組の司会を担当するようになっている。地震被災は、桜井自らこれらの番組において自身の体験として明かしている。

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

同期の主なアナウンサー・職員編集

外部リンク編集