NHK俳句』(エヌエイチケイはいく)は、NHK EテレNHKワールド・プレミアム俳句番組である。

元々は『NHK俳壇』(エヌエイチケイはいだん)と題して1994年4月8日[1]から放送されたが、2005年4月9日以降は当タイトルに変更された。また2012年4月からは、毎月第4日曜放送分が初心者向けの俳句講座『俳句さく咲く!』(はいくさくさく)としてリニューアルされた[注 1]

概要編集

NHK短歌と同様、毎週決められた課題を全国から公募し、選者が評価する。また、毎年1月にはNHK全国俳句大会も行われ、大会大賞を決める。「俳句さく咲く!」では各世代[注 2]を代表する俳句初心者が出演者(下記参照)として俳句を学び、投稿されたエピソードを基に俳句を作るほか、公募された中から6作品が入選句として紹介される。その中で最も優秀な作品「キラリ俳句大賞」は番組内で発表の上番組のホームページ上でも公開される。入選句と番組で紹介されなかった佳作の作品は、放送2ヶ月後の「NHK俳句テキスト」に掲載される。これに加え2014年度からは、番組で募集した俳句作りに携わる学校や団体を出演者が訪問して俳句の競作を行う「参上!俳句ムサシ」のコーナーが加わり、2016年度はメンバーによる「吟行」のコーナーに発展した。

曜日配列の関係で第5日曜日まである月の場合は、その月の「俳句さく咲く!」を2週連続で放送(第5日曜分は前週の再放送)するか、第5日曜日に「NHK俳句 増刊号」と題した特別番組を編成して調整する。

2020年度は新型コロナウィルス感染症にともなう緊急事態宣言の影響により、4月19日放送分を最後に新規放送をいったん中止。4月26日から5月17日までは2019年度の過去回(いずれも小林聡美・宇多喜代子の担当回)の再放送を行った。延期されていた「俳句さく咲く!」の2020年度初回放送となった5月24日放送分より、リモート収録ながら新規放送を再開しており、「俳句さく咲く!」以外ではスタジオに進行役のアナウンサーを配置する形式となった[注 3]。緊急事態宣言解除を受けて、6月21日放送分よりソーシャルディスタンスに配慮しながら通常収録を再開する。

放送時間編集

(出典:[2]

放送期間 番組名 放送時間(日本時間
本放送 再放送
1994年度 NHK俳壇 金曜 21:25 - 21:55(30分) 月曜 15:00 - 15:30(30分)
1995年度 - 1996年度 火曜 15:00 - 15:30(30分)
1997年度 金曜 20:00 - 20:30(30分) 月曜 12:30 - 13:00(30分)
1998年度 月曜 15:30 - 16:00(30分)
1999年度 - 2002年度 日曜 8:00 - 8:30(30分) 水曜 5:25 - 5:55(30分)
金曜 12:30 - 13:00(30分)
2003年度 土曜 7:10 - 7:40(30分) 水曜 5:30 - 6:00(30分)
2004年度 土曜 8:00 - 8:30(30分)
2005年度 - 2006年度 NHK俳句
2007年度 - 2008年度 日曜 8:00 - 8:30(30分)
2009年度 日曜 7:30 - 8:00(30分) 水曜 5:05 - 5:35(30分)
2010年度 日曜 6:35 - 7:00(25分) 水曜 14:30 - 14:55(25分)
2011年度 - 水曜 15:00 - 15:25(25分)

司会編集

2020年度現在
  • 戸田菜穂(女優、第1週担当。2018年より出演、2019年度までは第3週担当)
  • 武井壮(タレント、第2週担当。2020年より「俳句さく咲く!」司会から異動)
  • 岸本葉子エッセイスト、第3週担当。2015年より出演。2017年度までは「俳句さく咲く!」を除いた全週、2018・2019年度は第2週担当)
過去
  • 石井かおるアナウンサー、現金沢局
  • 西村弘(アナウンサー、『NHK俳壇』時代)
  • 中村充(アナウンサー、『NHK俳壇』時代)
  • 桜井洋子(アナウンサー、嘱託職)
  • 小林聡美(女優、2018・2019年度の第1週担当)
  • 中川緑(アナウンサー、リモート収録におけるスタジオ進行。2020年6月7日・14日) - 前述の理由により、該当回は司会・選者ともにスタジオ外からのリモート出演となっていた。
  • ナレーション(詠み人):酒井雄二ゴスペラーズ)2006年4月〜2012年3月

選者編集

2020年度
過去
2017年度
2018年度
2019年度
※2012年度以降、第4週担当は「俳句さく咲く!」の講師も兼任する。

「俳句さく咲く!」編集

内容編集

番組最後には出演者たちによる「さく咲く!ミニ句会」が行われ、詠んだ俳句[注 4]を出演者自身の「いい句」「ダメ句」の投票によって評価する。そして講師が最後の評価を行い、これで決められた優秀な作品は番組オリジナルの「俳句さく咲く!歳時記」に収録される。その他細部のルールは、年度により変化している。

  • 2012年度 - 2013年度

不合格を言い渡された者には次回放送分までの宿題が課せられる。

  • 2014年度 - 2015年度

上記の通り世代分けが撤廃されたほか、「いい句」「ダメ句」の投票と講師の評価の結果で次回放送分で座る座席の質が変化するというシステムに変更された。また2015年度は上記メンバーと石田による「さく咲くセブン」というメンバーが制定され、番組冒頭に勉強会兼予選会[注 5]が行われて予選を勝ち抜いた3名[注 6]がミニ句会に参加できる。そしてミニ句会で3回「いい句」に選ばれた者はその次の回で番組全編に出演でき[注 7]、逆に3回「ダメ句」に選ばれるとその次の回は予選会にも出場できなくなるというシステムが加わる。さらに、出演者には「NHK全国俳句大会で特選を受賞する」という目標が与えられる。

  • 2016年度

講師の評価で決められる「優秀句」が歳時記に収録され、また「残念句」に選ばれた者の顔がその回の最後までの間画像処理で隠されるようになった。2015年度に引き続き、出演者には「NHK全国俳句大会で特選を受賞する」という目標が与えられる。「俳句ムサシ」に代わるロケコーナーとして、スタジオで講義のコーナー「さく咲く!俳句講座」が行われた後井上以外のメンバーが参加する「吟行」のコーナーが設けられ、まずそこで1人2句ずつ俳句を詠む。そしてミニ句会では出演者たちの評価で1句ずつを選び、最後に講師の評価で「優秀句」と「残念句」が決められる。

出演者編集

選者・講師
司会・生徒・その他出演者

テキスト編集

テキストのNHK俳句は、NHK出版から毎月20日発売される。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ EPG上では『NHK俳句 俳句さく咲く!』と表記されており、あくまで本番組の派生企画の扱いとなっている。
  2. ^ 平成生まれ・昭和生まれという区分け。なおこの区分けは2014年度以降撤廃された。
  3. ^ 緊急事態宣言発令期間において「ニュースなどを除いて外部からの出演者を入れた収録や生放送を当面見合わせる」という局の方針に基づく。なお、リモート収録による「俳句さく咲く!」はスタジオ自体を使用しない。
  4. ^ 詠んだ者の氏名は最後の評価の際に発表される。
  5. ^ 進行係は嗣永が担当する。
  6. ^ 講師の評価により決定する。石田はシード扱いで予選は免除される。
  7. ^ つまり石田と同じシード扱いとなる。またその回は、予選会勝者の出場枠はその分減る。

出典編集

  1. ^ 読売新聞』(縮刷・関東版) 1994年(平成6年)4月8日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1994年(平成6年)4月 - 2011年(平成23年)4月、テレビ欄。

関連項目編集

外部リンク編集

NHK教育 金曜 21:25 - 21:55
前番組 番組名 次番組
ベストスキー
(1994年1月7日 - 4月1日)
NHK俳壇
(1994年4月8日 - 1997年4月4日)
NHK歌壇
(1997年4月11日 - 1999年4月2日)
※21:25 - 21:50
視点・論点(金曜)
(1997年4月11日 - 1999年4月2日)
※21:50 - 22:00
【40分繰り上げて継続】
NHK教育 金曜 20:00 - 20:30
海外ドキュメンタリー
(1996年4月5日 - 1997年4月4日)
※20:00 - 20:45
【120分繰り下げて継続】
NHK俳壇
(1997年4月11日 - 1999年4月2日)
今夜もあなたのパートナー 金曜アクセスライン
(1999年4月9日 - 2003年4月4日)
※20:00 - 20:45
NHK教育 日曜 8:00 - 8:30
こころの時代
(1985年4月7日 - 1999年4月4日)
※8:00 - 9:00 → 7:30 - 8:30
【150分繰り上げて継続】
NHK俳壇
(1999年4月11日 - 2003年4月6日)
100語でスタート!英会話(再放送)
(2003年4月13日 - 2005年4月3日)
※7:30 - 8:10
いまから出直し英語塾(再放送)
(2003年4月13日 - 9月28日)
※8:10 - 8:30
NHK教育 土曜 7:10 - 7:40
NHKみんなの手話
(1999年4月10日 - 2003年4月5日)
※7:10 - 7:35
【土曜 18:30 - 18:55に移動】
セサミストリート
(1999年4月10日 - 2003年4月5日)
※7:35 - 8:30
【5分縮小して継続】
NHK俳壇
(2003年4月12日 - 2004年4月3日)
趣味の園芸(再放送)
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
※7:00 - 7:25
まる得マガジン
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
※7:25 - 7:30
NHK歌壇
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
※7:30 - 8:00
【50分繰り下げて継続】
NHK教育 土曜 8:00 - 8:30
セサミストリート
(1999年4月10日 - 2004年4月3日)
※7:35 - 8:30 → 7:40 - 8:30
NHK俳壇
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
NHK俳句
(2005年4月9日 - 2007年3月24日)
NHK教育 土曜 8:00 - 8:30
前番組 番組名 次番組
NHK俳壇
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
NHK俳句
(2005年4月9日 - 2007年3月24日)
ニャンちゅうワールド放送局
(2007年4月7日 - 2008年3月29日)
※7:50 - 8:20
ざわざわ森のがんこちゃん(再放送)
(2007年4月7日 - 2008年3月29日)
※8:20 - 8:35
NHK教育 日曜 8:00 - 8:30
スーパーバレエレッスン
(2006年12月10日 - 2007年3月25日)
※7:40 - 8:05
課外授業 ようこそ先輩(再放送)
(2005年4月10日 - 2007年3月25日)
※8:05 - 8:35
NHK俳句
(2007年4月8日 - 2009年3月29日)
趣味の園芸 やさいの時間
(2009年4月5日 - )
※8:00 - 8:25
【金曜 21:30 - 21:50より移動、かつ5分拡大して継続】
趣味の園芸ビギナーズ
(2009年4月5日 - 2016年3月27日)
※8:25 - 8:30
【30分繰り上げて継続】
NHK教育 日曜 7:30 - 8:00
NHK短歌
(2007年4月8日 - 2009年3月29日)
【30分繰り上げて継続】
NHK俳句
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
みいつけた!さん
(2010年4月4日 - 2016年4月3日)
※7:25 - 7:55
リトル・チャロ2(再放送)
(2010年4月4日 - 2012年4月1日)
※7:55 - 8:00
NHK教育→NHK Eテレ 日曜 6:35 - 7:00
テレビ体操(日曜)
(1984年7月1日 - 2010年3月28日)
※6:30 - 6:40
【5分繰り上げて継続】
住まい自分流アルファ
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
※6:40 - 7:00
【土曜 12:00 - 12:20に移動】
NHK俳句
(2010年4月4日 - )
-