メインメニューを開く

川端 義明(かわばた よしあき、1951年10月7日 - )は、日本アナウンサー(NHK→フリー[2]声優[3]

かわばた よしあき
川端 義明
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
生年月日 (1951-10-07) 1951年10月7日(67歳)
最終学歴 立命館大学法学部卒業
所属事務所 フリー
職歴 室蘭山形宇都宮東京アナウンス室沖縄放送局長→放送総局ラジオセンター長→視聴者総局視聴者サービス局長→サービスセンターで退職
活動期間 1975年 - 2003年、2017年 -
ジャンル 報道
配偶者 あり[1]
出演番組・活動
出演経歴NHKニュース7
NHK週刊ニュース
備考
2015年9月にNHKを退職後は立命館大学客員教授、立命館大学メディア塾塾頭を務める他、声優活動も行う。2017年3月には立命館大学客員教授を退任しフリーアナウンサー、声優として活動。

略歴編集

人物編集

立命館大学では立命館大学放送局に所属[7]

アナウンサーの海平和のファン[8]

1975年、アナウンサーとしてNHKに入局(同期入局のアナウンサーには長田弘之小野智史加藤行輝川上規子小板橋靖夫金野正人後藤繁榮桜井洋子佐藤充宏志摩悦二郎島田稔末田正雄鈴木桂一郎周山制洋高橋洋之高橋佳久徳田章花田和明三宅民夫山極裕山下信渡辺幹雄[9]室蘭に配属。その後、山形宇都宮を経て1985年8月に東京アナウンス室に異動、報道リポーターを担当。その他、報道局特報部G1グループを兼務、『NHK特集 土地は誰のものか』プロジェクトに出向し制作にも参加する[4]。NHKのニュースキャスターとしては1990年代を中心に活躍し1989年1月7日昭和天皇崩御の第一報を担当[4]、阪神大震災など歴史的瞬間に立ち会い[10]1996年には『NHKスペシャル』「阪神大震災シリーズ」キャスターでの評価でギャラクシー賞優秀賞を受賞する[4]

1991年3月、アナウンス室チーフアナウンサー兼放送ニュースセンター[4]

2000年6月にはアナウンス室エクゼブティブ・アナウンサー(特別職)に就任[4]

2003年6月2日にNHK沖縄放送局局長に就任しアナウンス職を離れる。その際、2000年の沖縄サミットをはじめ、何度も沖縄を訪れている事から「空が青く空気が透き通っているというのが沖縄の印象。地方放送局長への異動の話が出た時に、沖縄を希望したらその通りになった。」と述べている[1]。その後、放送総局ラジオセンター長2006年7月)、視聴者総局視聴者サービス局長(2007年7月)を歴任後、2008年7月、NHKサービスセンターに転籍しNHKホール支配人に就任[4]

2015年4月、立命館大学客員教授に就任[4]

2015年7月、NHKホール主幹に[4]

2015年9月、NHKを退職し[5]作家の手嶋龍一吉岡忍らと立命館大学東京キャンパスにて「ジャーナリストの志」を伝える目的として立命館大学メディア塾を開講する[10]

出演番組編集

声優編集

ラジオドラマ編集

  • 放送90年 特集オーディオドラマ ニッポン・ローリング・デイズ〜浅草レビュー青春物語〜(2015年)[11]

音声ドラマ編集

  • 長屋王残照記(2016年)ナレーション - 81レーベル第2弾 81プロデュース35周年企画[12]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “[ひと]NHK沖縄放送局長に就任するキャスターの川端義明さん”. 琉球新報 (琉球新報社). (2003年5月29日). オリジナルの2016年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160821181027/http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-118147.html 2016年7月31日閲覧。 
  2. ^ a b 川端義明 (2017年12月23日). “KBS京都ラジオの『ほっかほかラジオ』の笑福亭晃瓶さん、中村薫さんに会ってきました。”. 鎌倉から. サイバーエージェント. 2019年1月16日閲覧。
  3. ^ 川端義明のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年4月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 川端義明:所属俳優”. 81produce. 81プロデュース. 2018年8月6日閲覧。
  5. ^ a b 川端義明 (2016年9月21日). “サンデー毎日一年!”. 鎌倉から. サイバーエージェント. 2017年4月1日閲覧。
  6. ^ 川端義明 (2017年3月26日). “肩書きがなくなります!”. 鎌倉から. サイバーエージェント. 2017年4月1日閲覧。
  7. ^ 選挙報道でお馴染みNHKエグゼクティブアナウンサー川端義明さん(S50法)が沖縄放送局局長に就任!!”. 校友会NEWS. 立命館大学校友会 (2003年5月30日). 2016年7月31日閲覧。
  8. ^ 川端義明 (2017年9月5日). “女子アナのファンに、なりました!”. 鎌倉から. サイバーエージェント. 2017年12月8日閲覧。
  9. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、22-23頁。ISBN 4-06-203232-5
  10. ^ a b “放送人:立命館メディア塾・塾頭 川端義明さん”. 毎日新聞東京朝刊 (毎日新聞社). (2015年8月10日). オリジナルの2016年7月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160730192535/http://mainichi.jp/articles/20150810/ddm/018/070/037000c 2016年8月16日閲覧。 
  11. ^ ニッポン・ローリング・デイズ~浅草レビュー青春物語~”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2016年7月31日閲覧。
  12. ^ “里中満智子「長屋王残照記」三木眞一郎主演、加藤英美里が妻役のドラマCD発売”. コミックナタリー. ナターシャ (ナターシャ). (2016年5月31日). http://natalie.mu/comic/news/189174 2016年8月16日閲覧。 

参考文献編集

  • 『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日。ISBN 4-06-203232-5

外部リンク編集