森又七郎

日本海軍の軍人

森 又七郎(もり またしちろう、1849年3月4日嘉永2年2月10日) - 1925年大正14年)5月29日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴編集

本籍東京府1870年10月2日明治3年9月8日)、海軍兵学寮1期)に入る。1期生は、森と平山藤次郎の2人だけだった。1873年(明治6年)11月、海軍少尉補に任官し「乾行」乗組海兵寮出勤となる。1874年(明治7年)10月、海軍少尉任官。

1876年(明治9年)2月、「龍驤」乗組となり西南戦争に参加。1885年(明治18年)6月、海軍少佐に昇進。1886年(明治19年)1月、長浦水雷武庫主事に就任し、海軍兵学校勤務、海兵編修長、海兵水雷術教授長を歴任。1887年(明治20年)3月、「春日」艦長に就任。1889年(明治22年)4月、「筑紫」艦長心得となり、同年8月、海軍大佐に進級し「筑紫」艦長に就任。

1890年(明治23年)5月、「迅鯨」艦長に転じ、「比叡」艦長(豪州回航)、横須賀鎮守府海兵団長、「迅鯨」艦長、水雷術練習所長を歴任。1894年(明治27年)7月、「山城丸」艦長に就任し日清戦争に出征。さらに「近江丸」艦長、呉知港事を務める。

1895年(明治28年)7月、呉鎮守府予備艦部長兼呉知港事となり、呉水雷団長、兼呉鎮守府軍港部長を歴任。1898年(明治31年)8月に待命となり、同月、海軍少将に進み予備役編入。同月、港務局長兼横浜港務局長に就任。1902年(明治35年)4月、神奈川県港務長に就任し、同年7月、依願免官となった。1907年(明治40年)7月28日に後備役となる[1]1912年(明治45年)7月29日(大正改元の前日)に退役した[2]

1925年、死去。

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

脚注編集

  1. ^ 『官報』第7226号、明治40年7月31日。
  2. ^ 『官報』第1号、大正元年7月31日。
  3. ^ 官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  4. ^ 『官報』第1174号「叙任及辞令」1887年5月31日。
  5. ^ 『官報』第2680号「叙任及辞令」1892年6月6日。
  6. ^ 官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。