メインメニューを開く
横山作次郎

横山 作次郎(よこやま さくじろう、1864年(元治元年)- 1912年(大正元年)9月23日)は、東京都出身の講道館創成期の柔道家。身長173cm(5尺6寸)、体重86kg(23貫)。段位は八段(没後追贈)で、通称「鬼横山」。富田常次郎西郷四郎山下義韶と共に「講道館四天王」と称された。また、三船久蔵前田光世の師匠としても知られる。得意技は「払腰」、俵返し、横捨身で、また、自らが編み出した天狗投という技の使い手でもある(技については文献が無く、正体不明となっている)。

年譜編集

井上敬太郎(道場は湯島天神下)に天神真楊流を学び、他に起倒流を修行していた。兄弟子に三上富治(後、山形県警の師範となる。京都武徳殿磯貝一永岡秀一に勝ったこともある。また大東流合気柔術武田惣角の弟子となった。)がいる。

モデルとしたフィクション編集

映画
  • 柔道一代 - 横山をモデルにした横川次郎作が登場する

脚注編集

  1. ^ 金光弥一兵衛『岡山縣柔道史』1958年(昭和33年)から。

関連項目編集

外部リンク編集