メインメニューを開く

歌姫3 〜終幕』(うたひめスリー・ファイナル)は、日本歌手中森明菜の3枚目のカバー・アルバム。このアルバムは2003年12月3日にユニバーサルJよりリリースされた(CD: UMCK-1174)[4]

歌姫3 〜終幕
中森明菜カバー・アルバム
リリース
録音 AVACO CREATIVE STUDIO、VICTOR STUDIO[1]
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース 中森明菜[1]
チャート最高順位
中森明菜 アルバム 年表
I hope so
(2003年)
歌姫3 〜終幕
(2003年)
歌姫 Complete Box Empress
(2004年)
テンプレートを表示

概要編集

『歌姫3 〜終幕』は、『歌姫』『-ZEROalbum- 歌姫2』に続くカバー・アルバム歌姫シリーズの第3弾で、本作で歌姫シリーズは完結となった。歌姫という企画は、原曲の女性歌手に対する敬意を込めて付けられた総称であったが[5]、本作では1960年代から1990年代の男性歌手の楽曲をカバーしている。「ダンディズム」をテーマに据え、男性の視線の先にある女性をもとらえて表現された[5][6][7]。中森は本作について、同シリーズの1作目や2作目の時よりも、今までになくレコーディングがスムーズに進んだと語っている[5]。また、村下孝蔵のシングル「アキナ」が中森へのエールの意図でも歌われていたことを知り、「アキナ」の代わりに村下の歌を歌いたいということから、本作で「踊り子」をカバーしている。本作リリース後の2009年8月19日には、カバーした「恋の予感」を音楽番組『SONGS』で歌唱披露した[8]

2004年には"歌姫シリーズ"の全3作をまとめたCD-BOX盤『歌姫 Complete Box Empress』が、2007年には同シリーズのベスト・アルバム歌姫ベスト 〜25th Anniversary Selection〜』が発売された。

批評編集

『CDジャーナル』の小林泰介は本作について「基本的に男の心情を歌った男歌を女性シンガーが歌うと、甘ったるい印象になりがちなのだが、石原裕次郎の『夜霧よ今夜もありがとう』でさえ、このアルバムの明菜はオリジナルのごとく自分の歌にしている。重厚感のあるヴォーカルだ。」と批評した[9]

記録編集

本作はオリコン週間アルバムチャートの2003年12月15日付で、最高順位25位を記録した[10][3]

収録曲編集

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「回帰 〜歌姫3 Opening (instrumental)」 千住明千住明
2.傘がない(井上陽水のカバー曲)井上陽水井上陽水千住明
3.踊り子(村下孝蔵のカバー曲)村下孝蔵村下孝蔵千住明
4.「愛はかげろう」(雅夢のカバー曲)三浦和人三浦和人千住明
5.「スローなブギにしてくれ (I want you)」(南佳孝のカバー曲)松本隆南佳孝千住明
6.「夜霧よ今夜もありがとう」(石原裕次郎のカバー曲)浜口庫之助浜口庫之助千住明
7.「東京砂漠」(内山田洋とクール・ファイブのカバー曲)吉田旺内山田洋千住明
8.(松山千春のカバー曲)松山千春松山千春千住明
9.「Manish 〜歌姫3 Interlude (instrumental)」 羽佐間健二千住明
10.ALONE(B'zのカバー曲)稲葉浩志松本孝弘千住明
11.ハリウッド・スキャンダル(郷ひろみのカバー曲)阿木燿子都倉俊一千住明
12.恋の予感(安全地帯のカバー曲)井上陽水玉置浩二千住明
13.「NO MORE ENCORE」(宇崎竜童のカバー曲、もとは内藤やす子の曲)阿木燿子宇崎竜童千住明
14.「風の扉 〜歌姫3 Ending (instrumental)」 千住明千住明
合計時間:

クレジット編集

『歌姫3 〜終幕』のライナー・ノーツより[1]

  • プロデュース: 中森明菜
  • All Songs Arranged & Conducted by 千住明
  • プロダクション・マネジメント: Mr.D.M、Mikiko Nose (Akira Senju Office Corporation)
  • Recorded at AVACO CREATIVE STUDIO、VICTOR STUDIO
  • Recorded & Mixed at WESTSIDE、SOUND CITY
  • Mastered at UNIVERSAL RECORDING STUDIOS #1
  • Recorded & Mixed by 上野健也 (MIXER'S LAB CO.,LTD.)、奥原英明 (VICTOR STUDIO)
  • Assisted by Takashi Ohizumi (AVACO CREATIVE STUDIO)、安達義規 (MIXER'S LAB CO.,LTD.)、Yoshiyuki Watanabe (VICTOR STUDIO)、Kazunori Yoshida (SOUND CITY)
  • Mastered by 藤野成喜 (UNIVERSAL MUSIC K.K.)
  • Directed by 鈴木順 (Halftone Music & Systems)
  • A&R: 森淳一(ユニバーサルJ
  • プロモーション・チーフ: 大原浩(ユニバーサルJ)
  • A&Rチーフ: 藤倉尚(ユニバーサルJ)
  • セールス・プロモーション: 寺舘京子 (UNIVERSAL MUSIC K.K.)
  • ミュージシャン・コーディネーター: Yoji Sugiyama (Witchcraft)
  • 撮影: 塚田和徳
  • 着物スタイリスト: Yoshihiko Egi
  • スタイリスト: 濱田由美
  • ヘアメイク・アーティスト: Anika
  • アート・ディレクション: 中島裕次
  • U.S.A. コーディネーター: Kaz Ueda
  • マネジメント: Hana (FAITH INC.)
  • スーパーバイザーズ: 羽佐間健二、佐々友成、高橋良一(ユニバーサルJ)
  • エグゼクティブ・プロデューサー: 寺林晁 (UNIVERSAL MUSIC K.K.)
  • エグゼクティブ・プロデューサー&ディレクター: 門村崇志
  • スペシャル・サンクス: 内野二朗、小倉禎子、Tomoko Hada、Kei Haneoka

参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c (2003年12月3日) 中森明菜『歌姫3 〜終幕』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ユニバーサルJ (UMCK-1174).
  2. ^ 楽天ブックス: 歌姫3〜終幕 - 中森明菜 : CD”. 楽天. 2011年6月22日閲覧。
  3. ^ a b 中森明菜-リリース-ORICON STYLE ミュージック”. オリコン. 2012年4月16日閲覧。
  4. ^ 中森明菜 :: 歌姫3〜終幕”. ユニバーサルミュージック. 2003年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  5. ^ a b c 『UF』、サイバーブレッド、2003年12月1日、 29頁、 2004年1月 #7。
  6. ^ 歌姫3 〜終幕〜【CD】-中森明菜|ポップス|ジャパニーズポップス|音楽|HMV ONLINE オンラインショッピング・情報サイト”. HMV. 2011年6月22日閲覧。
  7. ^ 『MUSIC TOWN』第199号、新星堂、2003年12月、 6頁。
  8. ^ SONGS|これまでの放送|第103回 中森明菜 Part2”. NHK. 2011年3月20日閲覧。
  9. ^ 小林泰介『CDジャーナル』第48巻第1号、音楽出版社、2004年1月。
  10. ^ 検索結果-ORICON STYLE アーティスト/CD検索”. 2003年12月第3週の邦楽アルバムランキング情報. オリコン. 2012年4月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集