恋の予感」(こいのよかん)は、日本のロックバンドである安全地帯の楽曲。

恋の予感
安全地帯シングル
初出アルバム『安全地帯III〜抱きしめたい
B面 「Happiness」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル
時間
レーベル Kitty Records
作詞 井上陽水
作曲 玉置浩二
チャート最高順位
安全地帯 シングル 年表
マスカレード/置き手紙
(1984年)
恋の予感
(1984年)
熱視線
(1985年)
安全地帯III〜抱きしめたい 収録曲
ミュージックビデオ
「恋の予感 (2010バージョン)」 - YouTube
EANコード
EAN 4988031003695
テンプレートを表示

1984年10月25日Kitty Recordsから7枚目のシングルとしてリリースされた。作詞は井上陽水、作曲は玉置浩二、編曲は安全地帯および星勝が担当している。

作詞を担当した井上陽水も同年にリリースしたアルバム『9.5カラット』で本曲をセルフカバーしている他、安全地帯としては2010年にシングル「オレンジ」に両A面曲として、リアレンジされたものが収録された。

音楽性と歌詞編集

本作の歌詞は当初作詞家の松井五郎も手掛けていたものの30回程度書き直しした末に没となり、結果として井上陽水が歌詞を制作することとなった[3][4][5][6]。井上が書いた歌詞を見た松井はシンプルな内容に感嘆し、「書かないことの美学、美しさというのがあって。あ、これで良いんだって解答を見せられた感じがすごくあった」と述べ、また本作の歌詞による経験がなければ9枚目のシングル「悲しみにさよなら」(1985年)のようなシンプルな歌詞は書けなかったとも述べている[3]

ベスト・アルバム『ALL TIME BEST』(2017年)の楽曲解説では、本作がギターピアノが加わるイントロから始まる「妖艶で切ないメロディのロックバラード」であると記しており、玉置によるボーカルが低音から高音までカバーできる表現力があるからこそ成立する楽曲であるとも記している[7]。また井上による歌詞について、成就しない「恋の予感」に対して「~~だけ」という言い回しで「短編小説のような濃密にかつ鮮やかに」描いていると記している[7]

リリース、プロモーション編集

本作は1984年10月25日Kitty Recordsより7インチレコードとしてリリースされた。ジャケットは、玉置浩二だけにスポットが当たった写真が使用されており、他のメンバーは影に隠れた形で、かつ後ろ向きで写っている。同年にはJAL「ハワイツアー キャンペーン'84」のコマーシャルソングとして使用された[8]

ミュージック・ビデオは、北海道釧路市にある釧路市湿原展望台標茶町にある釧網本線茅沼駅などで撮影された。

1988年12月10日には8センチCDとして再リリースされた[9]

チャート成績編集

オリコンシングルチャートでは最高位3位、登場週数は18回で売り上げ枚数は43.6万枚となった[1][2]

TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年)において1984年11月15日から1985年2月7日まで12週間ランクインし、11月22日からはアルフィー恋人達のペイヴメント」、松田聖子ハートのイアリング」、チェッカーズジュリアに傷心」、中森明菜飾りじゃないのよ涙は」に阻まれながらも、8週連続で3位に滞在した。番組中では「いっそ セレナーデ」で同時期にランクインした井上陽水とも共演した。

第17回(1984年度)「日本有線大賞」で、有線音楽賞を受賞している。

カバーしたアーティスト編集

シングル収録曲編集

全作曲: 玉置浩二、全編曲: 安全地帯, 星勝
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.恋の予感井上陽水玉置浩二
2.Happiness松井五郎玉置浩二
合計時間:

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年10月25日 Kitty Records 7インチ 7DS 0080 3位
2 1988年12月10日 Kitty Records 8センチCD H10K-30036 -

収録アルバム編集

「恋の予感」
「Happiness」
  • 『安全地帯III〜抱きしめたい』(1984年)
  • 『安全地帯/玉置浩二 ベスト』(1994年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b オリコンチャートブック アーティスト編 1988, p. 34.
  2. ^ a b c スージー鈴木 2017, p. 201.
  3. ^ a b 志田歩 2006, p. 73- 「第4章 スターダム」より
  4. ^ 秦野邦彦 (2018年5月9日). “森恵×松井五郎「1985」対談|作詞家はシンガーソングライターに何をすべきなのか”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 3. 2023年1月21日閲覧。
  5. ^ 松井五郎の作詞家としての人生を変えた「悲しみにさよなら」(安全地帯)”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送 (2021年4月20日). 2023年1月21日閲覧。
  6. ^ 森朋之 (2022年10月9日). “「悲しみにさよなら」「勇気100%」……作詞家 松井五郎が明かす、名曲誕生の裏側 時代との向き合い方についても聞く”. リアルサウンド. blueprint. 2023年1月21日閲覧。
  7. ^ a b 『ALL TIME BEST』収録楽曲解説”. ユニバーサルミュージックジャパン公式サイト. ユニバーサルミュージック. 2023年1月15日閲覧。
  8. ^ “玉置浩二&安全地帯、オールタイム・ベストをリリース”. CDジャーナル (音楽出版社). (2017年2月28日). https://www.cdjournal.com/main/news/tamaki-koji/74972 2022年6月9日閲覧。 
  9. ^ 安全地帯 / 恋の予感 [廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月9日閲覧。
  10. ^ 河村隆一、カヴァー・アルバムを発表!”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2006年3月24日). 2023年1月4日閲覧。
  11. ^ WEAVER新作にmabanuaプロデュース曲、NYLONコラボビジュアルも解禁”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年3月14日). 2023年1月4日閲覧。
  12. ^ 新曲もカバーも!WEAVER、タワレコで新作「S/S」全曲パフォーマンス”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年4月10日). 2023年1月4日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集