アリナミンファーマテック

日本の京都府福知山市にある製薬会社
武田ヘルスケアから転送)
アリナミン製薬 > アリナミンファーマテック

アリナミンファーマテック株式会社: Alinamin Pharma Tech Co., Ltd.)は、一般用医薬品の製造を行う日本の企業で、アリナミン製薬の子会社である。

アリナミンファーマテック株式会社
Alinamin Pharma Tech Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
620-0853
京都府福知山市長田野町二丁目21番地
設立 1980年3月5日
昭和55年)
業種 医薬品
法人番号 9130001041170 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 石田徹
資本金 4億円
純利益 2億4300万円
(2021年03月31日時点)[1]
純資産 70億7300万円
(2021年03月31日時点)[1]
総資産 90億6800万円
(2021年03月31日時点)[1]
主要株主 アリナミン製薬株式会社:100%
テンプレートを表示

会社概要編集

  • 1980年(昭和55年)3月武田薬品工業株式会社の「一般用医薬品事業部門」を京都府福知山市長田野町二丁目に長田野工業団地の一画として「福知山武田株式会社」に設立した。
  • 漢方薬・生薬製剤の医薬品製造開発として生産し便秘薬タケダ漢方便秘薬」、漢方処方薬用人参配合八味丸製剤「ロックミンゴールド」、連珠飲製剤「ルビーナ」を開始。
  • 1984年(昭和59年)からは安中散製剤漢方胃腸薬「タケダ漢方胃腸薬A末 <分包>・錠」、1985年(昭和60年)10月から総合胃腸薬「タケダ胃腸薬21」の生産を開始し、その後ビタミン剤・滋養強壮保健薬の製品も製造している。
  • 1994年(平成6年)1月、社名を「福知山武田株式会社」から「武田ヘルスケア株式会社」へ変更後、胃腸薬「ザッツ錠」、便秘薬「クリア」を初め、2003年(平成15年)は関節痛・神経痛に効くビタミンB1製剤「アクテージAN錠」の生産開始している。
  • 2004年(平成16年)からは、新工場を竣工し「アリナミン」と風邪薬「ベンザブロックシリーズ」の生産を神奈川県藤沢市村岡東二丁目にあるかつては湘南工場から移管された。
  • 2009年(平成21年)6月より、薬事法のため「製造元:武田ヘルスケア」から「製造販売元:武田薬品工業」に移行。
  • 2017年(平成29年)4月に、日本国内でのコンシューマーヘルスケア事業の分社化により、「製造販売元:武田コンシューマーヘルスケア」に再移行し、2021年4月に「アリナミン製薬」に社名変更している。

沿革編集

  • 1980年昭和55年)3月5日 - 武田薬品工業の一般用医薬品事業部門に「福知山武田株式会社」(FUKUCHIYAMA TAKEDA CO., LTD.)を会社設立。
  • 1984年(昭和59年)2月 - 便秘薬「タケダ漢方便秘薬」、胃腸薬「タケダ漢方胃腸薬A末 <分包>」、「タケダ漢方胃腸薬A錠」、「タケダ鎮痛鎮痙胃腸薬」、婦人用漢方薬「ルビーナ」、漢方製剤「ロックミンゴールド」の生産開始。
  • 1985年(昭和60年)3月5日 - 設立5周年。
  • 1985年(昭和60年)9月 - 総合胃腸薬「タケダ胃腸薬21」の生産開始。
  • 1987年(昭和62年) - 総合感冒薬「ベンザエースD顆粒」、香砂平胃散加芍薬「新タケダ漢方胃腸薬末」、「新タケダ漢方胃腸薬錠」の生産開始。
  • 1989年平成元年) - ビタミンC製剤「ハイシーL」の生産開始。
  • 1990年(平成2年)3月5日 - 設立10周年。
  • 1990年(平成2年) - 滋養強壮保健薬「フローミンエース」、のど薬「ベンザエーストローチ」、ビタミンC製剤「タケダビタミンC錠」の生産開始。
  • 1994年(平成6年)1月1日 - 社名を「福知山武田株式会社」から「武田ヘルスケア株式会社」に商号変更。
  • 1995年(平成7年)3月5日 - 設立15周年。
  • 1995年(平成7年) - ビタミンB2B6製剤「ハイシーBメイト」、胃腸薬「タケダ漢方胃腸薬K末」、「タケダ漢方胃腸薬K末」の生産開始。
  • 1996年(平成8年) - 胃腸薬「タケダ胃腸薬 ザッツ錠」、ビタミンC製剤「ハイシー1000」、「ハイシープラス」の生産開始。
  • 1997年(平成9年) - ビタミンC製剤「ビタミンC「タケダ」」、ビタミンE・C製剤「ハイシーピゼア」の生産開始。
  • 1998年(平成10年) - 生薬・DSS配合便秘薬「クリア」の生産開始。
  • 1999年(平成11年) - 胃腸薬「タケダ胃腸薬 ザッツ21」、のど薬「ベンザブロックトローチ」の生産開始。
  • 2000年(平成12年)3月5日 - 設立20周年。
  • 2001年(平成13年) - ビタミンE・C製剤「ハイシーEクラス」の生産開始。
  • 2002年(平成14年) - ビタミンC製剤「ハイシーホワイト2」の生産開始。
  • 2003年(平成15年) - ビタミンB1製剤「アクテージAN錠」、ビタミンB2B6製剤「ハイシーBメイト2」の生産開始。
  • 2004年(平成16年) - 新工場を竣工。総合ビタミン剤「パンビタンハイ」、風邪薬「ベンザブロックSカプレット・錠」、「ベンザブロックLカプレット・錠」の生産開始。
  • 2005年(平成17年)3月5日 - 設立25周年。
  • 2005年(平成17年) - ビタミンB1誘導体製剤「アリナミンA」、ビタミンB1B6B12製剤「アリナミンEX PLUS」、風邪薬「ベンザブロックIPカプレット・錠」の生産開始。
  • 2007年(平成19年) - ビタミンB1製剤「アクテージSN錠」の生産開始。
  • 2010年(平成22年)3月5日 - 設立30周年。
  • 2015年(平成27年)3月5日 - 設立35周年。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 株式譲渡に伴い、武田コンシューマーヘルスケア株式会社の子会社となる[2]
  • 2021年令和3年)3月31日 - 武田薬品工業が武田コンシューマーヘルスケアの全株式をブラックストーン・グループとその関連企業が運用するプライベート・エクイティ・ファンドで買収目的会社のOscar A-Co株式会社へ譲渡したことに伴い[3]、社名を「武田ヘルスケア株式会社」から「アリナミンファーマテック株式会社」に変更[4]
  • 2021年(令和3年)4月1日 - 親会社の武田コンシューマーヘルスケアがアリナミン製薬株式会社に社名変更。

事業所一覧編集

取扱商品編集

ビタミン剤編集

  • パンビタンハイ
  • フローミンエース
  • アリナミンA
  • アリナミンA50
  • ハイシーL
  • ハイシープラス
  • ハイシーホワイト2
  • ハイシーBメイト2
  • アクテージAN錠
  • アクテージSN錠
  • ビタミンC「タケダ」

風邪薬・鎮咳去痰薬編集

  • ベンザブロックS
  • ベンザブロックS錠
  • ベンザブロックL
  • ベンザブロックL錠
  • ベンザブロックIP
  • ベンザブロックIP錠
  • ベンザエースA
  • ベンザエースA錠
  • ベンザブロックトローチ

便秘薬編集

  • タケダ漢方便秘薬
  • クリア

胃腸薬編集

  • タケダ胃腸薬 ザッツ錠
  • タケダ胃腸薬 ザッツ21
  • タケダ漢方胃腸薬A錠
  • タケダ漢方胃腸薬A末 <分包>
  • タケダ漢方胃腸薬K錠
  • タケダ漢方胃腸薬K末

漢方製剤編集

  • ルビーナ
  • ロックミンゴールド

過去の取り扱い商品編集

  • アリナミンA5
  • ルージーS
  • ルージーSジュニア
  • タケダビタミンC錠
  • ハイシーBメイト
  • ハイシーピゼア
  • ベンザエースD顆粒
  • ベンザエーストローチ
  • タケダ胃腸薬21
  • 新タケダ漢方胃腸薬錠
  • 新タケダ漢方胃腸薬末
  • タケダ鎮痛鎮痙胃腸薬

補足編集

  • 2009年5月31日まで生産を終了し、当社から武田薬品工業へ移管されている。

関連項目編集

注釈編集