アリナミン製薬

日本の製薬会社

アリナミン製薬株式会社(アリナミンせいやく、: Alinamin Pharmaceutical Co., Ltd.)は、OTC医薬品健康食品等の製造・販売を行う日本製薬会社である。

アリナミン製薬株式会社
Alinamin Pharmaceutical Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉄鋼ビルディング23階
設立 2020年令和2年)7月30日
(Oscar A-Co株式会社)
業種 医薬品
法人番号 7010001211357
事業内容 一般用医薬品医薬部外品医療機器化粧品食品等の製造および販売
代表者 代表取締役社長 本多英司
資本金 4億9000万円
主要子会社 アリナミンファーマテック株式会社:100%
外部リンク アリナミン製薬株式会社
特記事項:現在の法人は2代目。
初代:アリナミン製薬は2016年平成28年)4月15日設立。
テンプレートを表示

会社概要編集

当社は、武田コンシューマーヘルスケア株式会社を前身とする。同社は、これまで武田薬品工業における日本国内向けコンシューマーヘルスケア事業を担っていた「ジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニット」を分社化する形で設立された一般用医薬品や健康食品などを主に取り扱う事業子会社であった。2021年3月31日、武田薬品工業が保有していた武田コンシューマーヘルスケアの全株式を、ブラックストーン・グループおよびOscar A-Co(関係会社が運営するプライベート・エクイティ・ファンドが管理する買収目的会社)へ譲渡したことにより武田から独立。翌4月1日付で、「アリナミン」(武田時代から販売されているビタミン剤ドリンク剤のブランド名)を冠したアリナミン製薬(初代)に商号を変更した。この変更に伴い、社章を新たに制定。武田薬品工業や武田コンシューマーヘルスケアが2019年3月まで日本国内向けに使用していた状のロゴマーク(赤色の正三角形を白抜き・赤縁の円で囲ったデザイン)のイメージを踏襲しつつ、「アリナミン」の英字表記(Alinamin)の頭文字である"A"をシンボルとして正三角形の部分に埋め込んでいる[1]。2022年4月1日付でOscar A-Coがアリナミン製薬(初代)を吸収合併し、買収目的会社から事業会社へ転換したOscar A-Coはアリナミン製薬(2代目)へ商号変更された。

登記上の本店は武田本社がある大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号に置いているが、本社機能は、ジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニットの本部が置かれていた東京都千代田区丸の内一丁目8番2号に置かれている。

当社が取り扱う製品は、「アリナミン」や「ベンザ」など自社で製造・販売する製品に加え、千寿製薬が製造する「マイティア」、天藤製薬が製造する「ボラギノール」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが製造する「アネトン」・「タイレノール」・「ニコレット」なども含まれる。

沿革編集

  • 2016年(平成28年)
    • 2月3日 - 武田薬品工業株式会社が日本におけるコンシューマーヘルスケア事業を担う100%子会社を設立することを発表[2]
    • 4月15日 - 事業承継の準備会社として武田コンシューマーヘルスケア株式会社を設立。
  • 2017年(平成29年)
    • 2月20日 - 武田薬品工業との間で、事業承継のための吸収分割契約を締結[3]
    • 4月1日 - 武田薬品工業から「ジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニット」事業を吸収分割により承継[4]。同時に、一般用医薬品の製造を手掛ける武田ヘルスケア株式会社の全株式を武田薬品工業から譲り受け、子会社化する。
    • 9月30日 - ビオフェルミン製薬株式会社が製造する製品(「新ビオフェルミンS錠」など)の販売を終了(翌10月1日付で大正製薬株式会社へ移管される)。
  • 2019年(平成31年)
    • 4月1日 - 整腸薬「ビオスリーHi錠」・「ビオスリーH」の販売を東亜新薬から引き継ぎ、「タケダ」ブランドで販売開始[5]
  • 2021年(令和3年)
    • 3月31日 - 武田薬品工業が当社の全株式をOscar A-Co株式会社へ売却[6]
    • 4月1日 - 商号をアリナミン製薬株式会社(初代)へ変更[7]。併せて、子会社の武田ヘルスケアもアリナミンファーマテック株式会社に商号変更。
    • 6月1日 - 通販事業の名称を「タケダ通販ショップ」から「アリナミン製薬の健康通販」へ改称[8]
  • 2022年(令和4年)
    • 4月1日
      • 2021年11月24日に設立された台湾現地法人「合利他命藥品股份有限公司」が事業を開始[9]
      • Oscar A-Co株式会社がアリナミン製薬株式会社(初代)を吸収合併し、アリナミン製薬株式会社(初代)の営業を継承したOscar A-Co株式会社の商号をアリナミン製薬株式会社(2代目)へ変更(逆さ合併による統合)[10]
    • 7月26日 - 通販事業の名称を「アリナミン製薬の健康通販」から「アリナミン製薬ダイレクト」へ改称[11]

事業所一覧編集

過去の事業所編集

製品一覧編集

  • ◇印:「アリナミン製薬ダイレクト」限定製品
  • ☆印:ジョンソン・エンド・ジョンソンの製品のうち、販売提携を行っている製品

一般用医薬品・指定医薬部外品編集

ビタミン剤・ミネラル剤・滋養強壮保健薬・ドリンク剤
  • アリナミンシリーズ(1954年 〈昭和29年〉 - 現在)
  • ハイシーシリーズ(1961年 〈昭和36年〉 - 現在)
  • アクテージシリーズ(2003年 〈平成15年〉 - 現在)
    • アクテージHK錠◇【第3類医薬品】 - 2022年4月発売
    • アクテージAN錠【第3類医薬品】
    • アクテージSN錠【第3類医薬品】
  • カルシチュウシリーズ
    • 新カルシチュウD3【第2類医薬品】(製造販売元:日東薬品工業
    • 新カルシチュウD3 グリーンT【第2類医薬品】(製造販売元:日東薬品工業)
    • カルシチュウ <チュアブル錠>◇【指定医薬部外品】
  • その他
    • ビタミンC「タケダ」【第3類医薬品】
    • フローミンエース【指定第2類医薬品】 - 2022年7月に120錠◇を追加発売。店頭販売品と異なるデザインとなり、アリナミン製薬のロゴマークも入る。
    • パンビタンハイ【指定第2類医薬品】
風邪薬・鎮咳去痰薬・口腔咽喉薬・鼻炎用薬
  • ベンザシリーズ(1955年 〈昭和30年〉 - 現在)
  • アネトンシリーズ(一部製品は☆)
  • コールタイジン点鼻液a☆【指定第2類医薬品】(製造販売元:陽進堂、販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
外皮用薬
  • テラ・コートリル軟膏a☆【指定第2類医薬品】(製造販売元:陽進堂、販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • テラマイシン軟膏a☆【第2類医薬品】(製造販売元:陽進堂、販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • オスバンS【第3類医薬品】(製造販売元:日本製薬)
  • オスバンラビングA【第3類医薬品】(製造販売元:日本製薬)
便秘薬・整腸薬
  • タケダ漢方便秘薬【第2類医薬品】
  • ハーブイン「タケダ」【第2類医薬品】 - 2014年4月発売
  • クリア【第2類医薬品】
  • ビオスリーシリーズ【指定医薬部外品】(製造販売元:東亜薬品工業、提携:東亜新薬)
解熱鎮痛薬
  • フェリア【指定第2類医薬品】
  • タイレノールA☆【第2類医薬品】(製造販売元:東亜薬品、販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • ドキシン錠【指定第2類医薬品】
痔疾用薬
  • ボラギノールシリーズ(製造販売元:天藤製薬)※天藤製薬は2021年8月末にロート製薬の子会社となったが、子会社化後も当社での販売体制は維持されている。
目薬
漢方製剤
  • ストレージシリーズ(製造販売元:ツムラ
  • ルビーナ【第2類医薬品】
  • ルビーナめぐり【第2類医薬品】(提携:日東薬品工業)
禁煙補助剤
  • ニコレットシリーズ【指定第2類医薬品】(製造販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
検査薬

製造販売元:ミズホメディー

  • ハイテスターH【第1類医薬品】
  • ハイテスターN【第2類医薬品】
コンタクトレンズ用剤

製造販売元:千寿製薬

  • NewマイティアイージーS
  • マイティアハードレンズ装着液【指定医薬部外品】

医薬部外品・化粧品編集

  • オスバンウォッシュ(製造販売元:攝津製油
  • オスバンネオウォッシュ
  • シャンラブ【医薬部外品】
    • シャンラブ(薬用入浴剤)
    • シャンラブ・エメラルドグリーン
    • シャンラブ ハーブ
    • シャンラブ プレミアム◇ - 2012年10月発売
    • シャンラブ 生薬◇
    • シャンラブ カモミール◇
  • グラフィエ【医薬部外品】◇ - 2013年11月発売。2020年3月をもってスキンケアラインの「ディープモイスト」が販売終了したことに伴い、薬用入浴剤のみとなる。
  • MIYABIKA(みやびか)◇ - 2016年10月発売
    • MIYABIKA薬用育毛剤【医薬部外品】
    • MIYABIKAシャンプー
    • MIYABIKAトリートメント
その他
  • 緑の習慣(健康補助食品) - 2014年10月発売。発売当初は通信販売限定製品だったが、後に店頭でも発売されるようになる。

製造終了品編集

  • ベンザブロック滋養内服液アルファ【指定医薬部外品】
  • ベンザブロック滋養内服液【指定医薬部外品】
  • ロバックU【第2類医薬品】
  • ロバックHi(エイチアイ)【指定第2類医薬品】
  • テレスシリーズ☆ - 製品によってリスク区分や製造販売元が異なり、「HiクリームH」は【第2類医薬品】で陽進堂が製造販売、「HiクリームS/軟膏S」(旧製品の「ハイクリーム/ハイ軟膏」を含む)は【指定第2類医薬品】で池田模範堂が製造販売を行っていた。(販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • スコルバEX【指定第2類医薬品】
  • グレランエース錠【指定第2類医薬品】
  • グレラン・ビット(第2期)【指定第2類医薬品】
  • バイシンシリーズ(製造販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • タケダ乗り物酔い止め【第2類医薬品】
  • スプリエホワイトECローション
  • テレスHiボディクリーム(製造販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  • トコロールEゴールド【第3類医薬品】
  • ビタミンE「タケダ」【第3類医薬品】
  • ロックミンゴールド【指定第2類医薬品】
  • タケダ胃腸薬シリーズ【第2類医薬品】
  • シャンラブフロイデ
  • Newからだ浸透補水液【清涼飲料水】(経口補水液

提供番組編集

以下の番組は旧・武田コンシューマーヘルスケアから引き続き提供される。 2022年1月現在

過去の提供番組編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 新しいスタートへ|会社情報”. アリナミン製薬株式会社. 2021年4月1日閲覧。
  2. ^ “日本におけるコンシューマーヘルスケア事業に関する100%子会社の設立について” (プレスリリース), 武田薬品工業株式会社, (2016年2月3日), https://www.takeda.co.jp/news/2016/20160203_7282.html 2017年4月3日閲覧。 
  3. ^ “武田薬品のジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニット事業の武田コンシューマーヘルスケア株式会社への会社分割(簡易吸収分割)による承継について” (プレスリリース), 武田薬品工業株式会社, (2017年2月20日), https://www.takeda.co.jp/news/2017/20170220_7699.html 2017年4月3日閲覧。 
  4. ^ “武田コンシューマーヘルスケア株式会社の事業開始について” (プレスリリース), 武田薬品工業株式会社、武田コンシューマーヘルスケア株式会社(2社連名), (2017年4月3日), https://www.takeda.co.jp/news/2017/20170403_7740.html 2017年4月3日閲覧。 
  5. ^ “酪酸菌配合の整腸薬「ビオスリーHi錠」「ビオスリーH」タケダから新登場 -一般用整腸薬ブランド「ビオスリー」の一手販売開始-” (プレスリリース), 武田コンシューマーヘルスケア株式会社, (2019年3月28日), https://alinamin-pharma.co.jp/news/2019/03/20190328.html 2020年4月1日閲覧。 
  6. ^ “武田コンシューマーヘルスケア株式会社株式のBlackstoneへの譲渡について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 武田薬品工業, (2020年8月24日), オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210319114022/https://www.fse.or.jp/files/lis_tkj/20082445020.pdf 2021年3月19日閲覧。 
  7. ^ “アリナミン製薬が始動します” (PDF) (プレスリリース), アリナミン製薬株式会社, (2021年4月1日), https://alinamin-pharma.co.jp/news/2021/04/assets/2021040101/APC_Press_Release_20210401-1.pdf 
  8. ^ “社名・ショップ名・URL変更のお知らせ” (プレスリリース), アリナミン製薬株式会社, (2021年6月1日), https://a-kenkou.jp/topics/view/67 
  9. ^ “台湾現地法人の設立のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), アリナミン製薬株式会社, (2022年4月1日), https://alinamin-pharma.co.jp/news/2022/04/assets/APC_Press_Release_2022040102.pdf 2022年4月4日閲覧。 
  10. ^ アリナミン製薬株式会社国税庁法人番号公表サイト
  11. ^ “ショップ名変更、ショップサイトリニューアルのお知らせ” (プレスリリース), アリナミン製薬株式会社, (2022年6月28日), https://alinamin-direct.jp/topics/view/?iid=1 2022年7月27日閲覧。 
  12. ^ 2021年10月 - 、アイ・アム・冒険少年から移動

外部リンク編集