メインメニューを開く

武田一顯(たけだ かずあき、1966年9月18日 - )は、TBSテレビの局員で、元・TBSラジオ編成局制作センター記者。記者時代には、長らく国会の取材を担当したことから、「国会王子」というニックネームで知られた。

経歴編集

中学時代に、漢文の先生から中国語を勉強するように勧められ、初めて中国の文化と出会う。成城学園中学校・高等学校から早稲田大学第一文学部(当時)中国文学専修への進学を経て、大学在学中の1988年に香港の香港中文大学へ1年間留学。早稲田大学卒業後の1991年に、テレビ・ラジオ分社化前の東京放送(TBS)へ入社した。同期入社組には、アナウンサーの安東弘樹2018年4月からフリーアナウンサーへ転身)・秋沢淳子(現在はTBSテレビに所属)や、報道記者で元・ニュースキャスターの竹内明などがいる。

武田自身は放送記者志望だったものの、TBSへの入社当初は営業部へ配属。1993年に報道局でカメラマンを務めた後に、1994年から1998年まで3年半、特派員として北京に赴いた。東京都庁担当記者を務めた後、1999年より国会記者を担当。その傍ら、年に数回は中国に渡って取材。一時は、TBSと同じJNNJRN加盟局の毎日放送が制作するテレビ・ラジオ番組にも、コメンテーターとして定期的に出演していた。

2018年7月からは、TBSグループの人事異動でTBSテレビの営業局に配属。配属後は、首都圏以外のケーブルテレビ局向けの番組販売に携わっている[1]

人物編集

TBSラジオの国会担当記者時代には、同局のニュース番組や生ワイド番組へ定期的に出演。朝晩通して番組に出演したり、TBS・毎日放送を問わず、同じ日に複数の生放送番組を掛け持ちすることも珍しくなかった。

国会王子」というニックネームが付いたきっかけは、政治・政局関連の話題で『BATTLE TALK RADIO アクセス』への出演を続けるうちに、女性リスナーから呼ばれたことによる。同番組では、宮崎哲弥上杉隆と「政局観察三人委員会」を結成していた。

2009年11月10日には、初の著書『ドキュメント政権交代 自民党崩壊への400日』を河出書房新社から刊行。惹句に「国会王子」を入れた書籍で、売上部数が3万部を突破するなど、政治ノンフィクション本としては異例のベストセラーを記録した。

趣味は剣道乗馬(障害馬術)料理囲碁。ペットにトイプードルを飼っている。既婚。

TBSラジオ記者時代の出演番組編集

TBSラジオ編集

異動直前までの担当番組編集

いずれも不定期。

放送終了番組・ゲスト出演・特別番組編集

MBSラジオ編集

TBSテレビ編集

  • サンデージャポン(2010年1月17日から不定期出演) - 2010年はスタジオゲストやVTRでのコメントで出演。2011年6月以降は、準レギュラー格で頻繁に出演していた。

MBSテレビ編集

  • ちちんぷいぷい(2014年4月 - 2017年6月) - 第1部(HBCとの同時ネットパート)で中央政界関連の話題を扱う場合に、「TBSラジオ政治記者」という肩書で、TBSの本社に隣接した赤坂Bizタワー内の毎日放送東京支社スタジオからの生中継や毎日放送本社(大阪市北区)内のスタジオへ随時出演。当時のレギュラーアナウンサーであった大吉洋平が東京都内で国政関係の取材を受け持つ場合に、取材へ同行することもあった。
  • VOICE(2016年4月 - 2017年6月) - 『ちちんぷいぷい』に続いて出演する場合と、スタジオコメンテーターとして当番組にのみ出演する場合があった。
  • 激突!選挙スタジアム2016 ぷいぷい×VOICE(TBS制作・全国ネットの第24回参議院議員通常選挙開票特別番組) - 『ちちんぷいぷい』と『VOICE』の共同企画として関西ローカル向けに差し替えたパートで、大吉と共に毎日放送東京支社からの生中継へ出演。

BS11デジタル編集

著作編集

脚注編集

外部リンク編集

以下のサイトやアカウントは、 TBSラジオの国会担当記者時代に開設。