メインメニューを開く

死神 (落語)

死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。 幕末期から明治期にかけて活躍して多数の落語を創作した初代三遊亭圓朝グリム童話の第2版に収載された『死神の名付け親』を(おそらく福地桜痴から聞いて)翻案したものである[1]

なお類話としてイタリアルイージ・リッチフェデリコ・リッチ兄弟の歌劇クリスピーノと死神』がある。

目次

あらすじ編集

やることなすこと失敗続きで金もなく、ついに自殺しようとしている男が老人に声を掛けられる。老人は自らを死神だと言い、男はまだ死ぬ運命にないこと、また自身との数奇な縁を明かして助けてやるという。死神によれば、どんな重病人であっても死神が足元に座っていればまだ寿命ではなく、逆に症状が軽そうに見えても枕元に死神が座っている場合は死んでしまうという。足元にいる場合は呪文を唱えれば死神は消えるので、それで医者を始めると良いと助言し、死神は消える。

半信半疑で家に帰ってきた男が試しに医者の看板を掲げると、さっそく、さる日本橋の大店の番頭がやってきて主人を診て欲しいという。既にほうぼうの名医に診せたが匙を投げられ、藁にもすがる気持ちで男の家に来たという。男が店に行き、主人を見ると足元に死神がいたので、これ幸いと呪文を唱え死神を消して病気を治す。またたく間に元気になった主人は、男を名医を讃え、多額の報酬を払う。

この一件がまたたく間に広まり、男は名医として数々の患者を治し、その報酬で贅沢な暮らしを始める。しかし、それからしばらく経つと、男が訪問する病人はみな枕元に死神がいて治すことができず、しまいにヤブ医者と言われるようになって再びお金に困るようになってしまう。

そんな折、大きな商家から声がかかる。男が病床の主人を見れば、また枕元に死神がおり、諦めるよう諭すが、たった一ヶ月でも延命できたら大金を出すという。積み上がる大金に目がくらんだ男は、一計を案じ、店の男手を集めると、主人の布団を持たせ、頭と足の位置を逆転させた瞬間に呪文を唱え、死神を消した。これによって主人はみるみる病状が改善し、大金の約束を果たすと男に言う。

その帰り道、男はあの死神に再び声をかけられる。どうしてあんなことをしたんだと非難する死神に対し、男は言い訳するが、死神はもはやどうでもいいと答え、男をたくさん火のついた蝋燭がある洞窟へと連れてくる。死神は、この蝋燭の1つ1つが人の寿命だといい、男の寿命は、間もなく死ぬ主人を助けてしまったために入れ替わってしまったと、今にも消えそうな蝋燭を指し示す。驚いた男が助けて欲しいと懇願すると死神は新しい蝋燭を差し出し、これに火を継ぐことができれば助かるという。

そして、男は今にも消えそうな自分の蝋燭を持って、火を継ごうとするが、「アァ、消える・・・」の一言で、演者がひっくり返り、演目は終わる。

サゲ編集

もっとも標準的なサゲは「アァ、消える……」と呟いたのち、演者が高座にひっくり返ることで、男の「死」を表現するものである。

サゲのバリエーション編集

成功して復活するパターン編集

  • 演者がひっくり返ったあと、その直後にむっくり起き上がり「おめでとうございます!」などとロウソクの継ぎ足しに成功して生き残るサゲがある。正月や客層など縁起のからむ高座にかけるために三遊亭圓遊が改作したとされる、この場合は「誉れの幇間」とも呼ぶ。

成功するが死ぬパターン編集

  • 上記のサゲから派生した、成功するが死ぬパターンもある。
    • まず、主人公が風邪気味になるという伏線が張られる。死神が登場し「お前はその風邪が原因で死ぬ」との言葉があり、ろうそくの継ぎ足しの話となる。いったんは成功するが、喜悦満面となったところでくしゃみ、ロウソクは消え、無言のまま演者が舞台で倒れこむ(10代目柳家小三治[2])。
    • つぎ足した後に安心して気が抜け、思わず出したため息で消してしまう。死神が呆れ返って「てめぇで消しちまいやがった」と悪態をつく(三遊亭好楽)。
    • つぎ足したロウソクを持ってその明かりで洞窟を戻り、その後死神が「もう明るいところだから消したらどうだ」と言われて自分で消して死ぬ(立川志の輔)。

失敗するが生きているパターン編集

  • また、ロウソクが消えても生きているパターンもある。ただし、この場合も実際には死んでいるか、まもなく死ぬようなサゲになる。また、この後、死んだ男が死神となり、また別の男に対し自分に儲け話を持ってきた死神と同じように儲け話を持っていくという、エンドレスな展開を予想させるオチ(回りオチ)も存在する。
  • 「アァ、消える……」と男が叫んだところで目が覚め、妻が「何を寝ぼけてるんだい、行灯の火が消えたんだよ!」と男の夢だったというもの。

その他、さまざまなサゲ編集

  • 7代目立川談志は、自著の中で「死神が、せっかくついた火を意地悪で吹き消してしまう」という最悪のパターンを作り出した。
  • 立川志らくは、一度は火がつくことに成功するが、死神が「今日がお前の新しい誕生日だ。ハッピバースデートゥーユー」というと、男がつられてバースデーケーキのように火を吹き消してしまう、というパターンを作った。
  • 千原ジュニア大銀座落語祭2008にて披露した噺では、無事につぎ足したロウソクを持って喜びながら帰宅するも、「昼間からロウソクをつけるなんてもったいない」と妻にあっさり吹き消されるというオチをつけた。
  • 5代目三遊亭圓楽は、倒れてしまった後で自身の体の上に緞帳が降りてきてしまい、首だけ客席に出た状態になってしまうというハプニングに見舞われ、「じゃあ、バイバイ」と言ってオチを付けたことがある。これは、その日の前座であり、客席や舞台の照明をすべて落とす(すなわち、本来のオチのタイミングを全て任されている)役割でもあった伊集院光[3]が、緊張のあまり誤って客席に近い位置に座布団を置いてしまっていたことが原因。このオチについて、当事者である伊集院は「古典落語初の"バイバイオチ"(にしてしまった)」と発言している。
  • 6代目三遊亭円楽は、火をつけるのに成功し「これで枕を高くして眠れる」と喜ぶ男に、死神が「ゆっくりお休み、そして目を覚まして枕元を見てみろ。俺が座ってらぁ」と語るオチをつけた。また、ロウソクのシーンで、「緑の今にも消えそうなロウソク」を見つけ、「それが歌丸だ!放っておいたってすぐ消える」という、『笑点』における罵倒ネタを持ち込んだ。
  • 「そのろうそくは葬式用のろうそくだからすぐに死んじまう」と言われた後にすぐ死ぬというオチ

「消えた」から「消える」へ編集

男の最後のセリフが「消える」となるのは6代目三遊亭圓生から。それまでは「消えた」と言っていた。これは圓生が、死んでしまったら「消えた」とは言えないはずだろう、と考えてアレンジしたとされる。

一方で、最後のセリフの発言者を死神と解釈することで「消えた」を維持する場合もある。圓生百席(レコード)では倒れるしぐさを見せることが出来ないため、全て死神のセリフにして「消(け)えるよ……消えるよ……消えたぁ」と演じている。

呪文のバリエーション編集

今日の『死神』では、死神から伝授される呪文は「アジャラカモクレン、○○○、テケレッツのパー」というもので、「○○○」の部分は演者により異なる(省略される場合もある)。さらに、呪文に続けて手を二度叩く動作が入る場合もある。

圓朝の原典に近いと思われる角川書店版の『三遊亭圓朝全集』にはこの呪文は載っていない[4]

この呪文は話が暗すぎて客受けが悪いことを懸念した6代目三遊亭圓生が笑いを取るため付け加えて定着させたものである[5]。ただし『死神』に限定しなければこの呪文自身はさらに遡り、 4代目立川談志の「アジャレン、モクレン、キンチャン、カーマル、セキテイ喜ぶ、テケレッツのパア」がある[5]

死神から伝授される呪文も演者、演出によりそれぞれ若干異なる。圓生は「アジャラカモクレン、アルジェリア、テケレッツのパー」や「アジャラカモクレン、ハイジャック、テケレッツのパー」・「アジャラカモクレン、セキグンハ、テケレッツのパー」・「アジャラカモクレン、キュウライス(キューライソ)、テケレッツのパー」といった録音が残っている。他にも文化大革命の頃には「コーエイヘイ」、ロッキード事件の頃は「ピーナッツ」など、その時々の時事ネタにあわせさまざまな呪文が考案されているようである。立川志の輔は「アジャラカモクレン、ダイオキシン、テケレッツのパー」と唱えた(CD『らくごのごらく』版)。他にも「チチンブイブイ・ダイジョーブイ・テケレッツのパー」がある。また、三遊亭好楽は「アジャラカモクレン、NHK、テケレッツのパー」または「アジャラカモクレン・虎ノ門・テケレッツのパー」と唱えていた。

映像化編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 梅内 2013, p. 90.
  2. ^ 元のアイディアは、5代目金原亭馬好。これを小三治が譲り受けた。
  3. ^ 伊集院は当時、三遊亭楽太郎(現在の6代目 三遊亭円楽)の門下にいて三遊亭楽大と名乗っていた。
  4. ^ 梅内 2013, p. 87,91.
  5. ^ a b 梅内 2013, p. 97.

外部リンク編集