毛利斉熙

毛利 斉熙(もうり なりひろ)は、長州藩の第10代藩主。第8代藩主・毛利治親の次男[1]

 
毛利斉熙
時代 江戸時代後期
生誕 天明3年12月9日[1]1784年1月1日
死没 天保7年5月14日1836年6月27日[1]
改名 保三郎[1]幼名)→熙成[1]→憲熙[1]→斉熙[1]
別名 (*「熙」は「煕」、「熈」とも書く)
戒名 清徳院殿故中大夫中書大卿羽林次将長防国主天安道寧大居士[1]
官位 従四位下侍従・大膳大夫[1]、左近衛権少将[1]、民部大輔[1]、中務大輔[1]
長州藩藩主
父母 父:毛利治親[1]、実母:小泉氏(明善院)[1]
養父(実兄):毛利斉房
兄弟 斉房斉熙細川興昶熙載水野忠篤
正室:池田治道娘・三津(法鏡院)[1]
側室:池上藤大夫娘・真嶺院、金子繁平娘・玉温院、野中繁八娘・豊
毛利斉広(次男、毛利斉元養子)[2]
毛利信順(三男、子の順明は13代藩主敬親の養子)[2]、由美子(毛利斉元正室、蓮容院)[2]
万寿子(宗義章正室、慈芳院)[3]
八重姫(毛利元蕃正室、天妙院)[4]
美知子(水野忠武正室のち毛利元純正室)[4]
養子:毛利斉元

初名は熙成ひろなり憲熙のりひろ、改名して斉熙[1]。各に一貫して共通する「熙」の通字は祖先にあたる毛利煕元に由来するもので、「煕」または「熈」とも表記する。

目次

経歴編集

天明3年(1783年)12月9日、江戸で生まれる[1]文化6年(1809年)、兄で先代藩主の毛利斉房の死去により跡を継ぐ[1]。このときに斉房同様、将軍徳川家斉より偏諱を賜って斉熙に改名し、従四位下侍従に叙任した。聡明な藩主で、海防の強化や西洋軍備による軍備増強を行なった。

文政2年(1817年)に従四位少将となる[1]。併せて従弟で福原房純の養嗣子になっていた福原房昌(後の毛利斉元)を貰い返して婿養子にし、文政7年(1824年)2月27日、家督を譲って隠居した[1]。しかし、隠居後も村田清風の登用など、なおも藩政の実権は握り続けた。天保7年(1836年)5月14日、54歳で死去[1]。墓所は東京都港区愛宕の青松院、山口県萩市椿の大照院[1]

斉熙の家臣編集

文政6年(斉熙が隠居する直前)刊行武鑑に掲載されている主要家臣は以下のとおり。なお刊行の都合により刊行年以前の内容の可能性がある。

家老など】
宍戸主計毛利内匠、毛利本之助(毛利房晁か?)、毛利蔵主毛利少輔三郎毛利伊賀益田丹後福原豊前、清水長左衛門、堅田宇右衛門、児玉三郎右衛門、国司信濃、佐世六郎左衛門、井原大學
用人
江羽兵庫、福嶋九郎右衛門、三浦内左衛門、秋里治右衛門、福原三郎左衛門、久芳安積
側用人
揚井謙蔵、粟屋十右衛門、吉田六蔵、神村喜兵衛、南杢之助、内藤十郎兵衛、粟屋与一右衛門(城使兼務)、毛利丹宮、井上三郎兵衛、石津環、宮本八郎右衛門、宇野太兵衛、八木作左衛門、馬屋原伊兵衛、平川端
【城使(他職兼任者除く)】
井原幸兵衛、坂次郎右衛門

偏諱を与えた人物編集

(※注: 上記の通り、「熙」は「煕」または「熈」とも表記する。)

憲熙時代(藩主就任前)

(*いずれも斉熙の実弟で、他家に養子入りしたがいずれも家督を継ぐことなく早世している。)


斉熙時代(藩主在任中)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 時山弥八編 1916, p. 115.
  2. ^ a b c 時山弥八編 1916, p. 116.
  3. ^ 時山弥八編 1916, p. 118.
  4. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 119.

参考文献編集