メインメニューを開く

吉敷毛利家(よしき もうりけ)は、江戸時代毛利氏の一族。長州藩の一門家老第四席。毛利元就の三男小早川隆景・九男小早川秀包を祖とする。

沿革編集

小早川隆景は実子がおらず当時備後国国人領主大田氏の跡継ぎとなっていた九弟の小早川秀包を養子とする。しかし秀包は隆景の養子に豊臣家から秀秋が入ると廃嫡され、この時別家を立てている。秀包はその後も豊臣秀吉から優遇され、隆景に従って各地を転戦するうちに加増を重ね、晩年には筑後国久留米城主として13万石を知行するに至った。関ヶ原の戦いでは西軍について京極高次が守る大津城を落としたが、戦後改易された。

その後、秀包の子・元鎮が改めて毛利輝元に召し出され、長門国内で阿川・滝部・殿居で7000石を与えられた。その子・元包寛永2年(1625年)に周防国吉敷郡吉敷村(現在の山口県山口市吉敷地内)に領地替えとなり、このとき1万1000石に加増されている。このとき豊浦にあった菩提寺・黄龍山玄済寺も吉敷に移されており、以後を吉敷毛利家と呼んでいる。

元禄12年(1699年)越前松平家が長州藩主毛利綱広の五男監物元重を越前へ連れ去り、一族の松平伊織を養子に押し付けようとした際、毛利就直国司広直とともにこれを回避するため奔走し、柳沢吉保ら幕閣にも運動して毛利家の血統を守っている(『古老物語・防長古今見聞集』)[1]

文化2年(1805年)領内に郷校「憲章館」を設けた[2]。幕末、家臣服部哲次郎宣徳隊を結成して禁門の変に参加。藩内の抗争では奇兵隊以下の三隊とともに俗論党と戦った。明治33年(1900年)毛利重輔は華族に列し男爵に叙された。

その子孫、大田報助により『毛利十一代史』が発刊された。吉敷玄済寺裏山には歴代当主の墓がある。

系譜編集

  1. 小早川隆景(たかかげ): 毛利元就三男。
  2. 小早川秀包(ひでかね): 元就九男。
  3. 毛利元鎮(もとしげ): 秀包の子。
  4. 毛利元包(もとかね): 元鎮の子。通称は喜太郎、別名に元房、名乗りは兵部・佐渡・石見。吉敷入りした最初の当主。1613年(慶長18年)、父とともに阿川八幡宮を修築した。一族の菩提寺黄龍山玄済寺を吉敷に移した。
  5. 毛利就直(なりなお): 毛利元法の子。幼名萬吉、別名に就重、名乗りは外記・市正・主殿。子に広包ら。
  6. 毛利広包(ひろかね): 就直の子
  7. 毛利元直(もとなお): 広包の子。(大野毛利家三代目当主の毛利元直とは別人。)
  8. 毛利就将(なりまさ): 元直の子。
  9. 毛利就兼(なりかね): 右田毛利家当主毛利広定の次男。正室は徳山藩毛利広豊の娘好子。子には益田房清らがいる。
  10. 毛利房直(ふさなお): 右田毛利家当主毛利就任の次男。正室は就兼の三女。
  11. 毛利包詮(かねあき): 就将の子。
  12. 毛利房裕(ふさひろ): 阿川毛利家当主毛利就貞の子。
  13. 毛利房謙(ふさかね): 蔵主。子に毛利筑前元亮、桂主殿など多数の男子があり幕末に活躍した。
  14. 毛利元一(もとかず): 山口藩大参事となる。
  15. 毛利親直(ちかなお): 阿川毛利家当主毛利熙徳の弟・広悌の子。後離籍して上野五郎と改名。西南戦争で戦死。
  16. 毛利元一(もとかず): 親直離籍により再家督。
  17. 毛利重輔(じゅうすけ[3]): 長州藩士・山本信一の子で親直義弟。渡米し鉄道技師となって鉄道建設事業の多くに関与し、日本鉄道副社長となる。1900年(明治33年)男爵叙爵。1901年(明治34年)7月13日碓氷線の逆行事故で事故死。

脚注編集

  1. ^ あくまで同書の巷談であり、実際は越前家の都合により元重は返却されており、「多病」を理由とされている。元来、幕府における毛利家は、二代に渡り越前松平家から正室を迎えることにより、越前家の一門の「松平長門守」という扱いであった。さらに以降の毛利藩主も越前家から正室を迎えて、さらに結びつきを強化している。そもそも養子入りは元禄3年(1690年)7月5日、越前家の後継予定者として元禄5年(1692年)2月15日には従四位下・大監物に叙任しており、公的に認められた養子縁組であった。年を経た元禄12年(1699年)は元重が(越前家の内紛によると思われるが)多病を理由に養子縁組を解消された年であり、一方的な返却に毛利家側が怒り、越前家と対立している。詳細は「毛利元重」項目参照。
  2. ^ 憲章館跡の碑 - WEB版サンデー山口2003年4月18日
  3. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、735頁。