メインメニューを開く

江島 和子(えじま かずこ、1928年 - )は、日本の元女優[1]東京都出身。夫は東宝専属俳優の堤康久[1]

えじま かずこ
江島 和子
生年月日 1928年
出生地 日本の旗 日本東京都
職業女優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1952年 ‐ 1970年
配偶者 堤康久
テンプレートを表示

来歴・人物編集

東宝の専属俳優。

1952年、新聞各社と映画各社が合同で主催するニューフェイス募集に合格し、入社[1]。同年に公開された市川崑監督映画『若い人』を始め、多くの作品に出演したが、台詞が無く、クレジットすらされない作品も少なくない。1960年代にはテレビドラマにも出演している。

1956年、同じく東宝の専属俳優であった堤康久と結婚[1]。結婚後も活動を続け、東宝専属制度廃止前の1970年まで活躍した。

出演作品編集

東宝編集

特筆以外、全て製作・配給は「東宝」である。

テレビドラマ編集

  • ウルトラマンTBS
    • 第26話「怪獣殿下 前篇」(1967年) - 団地の主婦[1] ※ノンクレジット

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』 洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」116頁。

関連項目編集

外部リンク編集