若い人』(わかいひと)は、石坂洋次郎長編小説

1933年8月から1937年12月まで『三田文学』に断続連載され、石坂の出世作となった。1937年、上下巻として改造社から刊行された。

石坂が郷里の弘前で見聞したミッション系女学校での実話に基づいているが、関係者に迷惑が掛からぬよう、小説の舞台は北海道函館のミッションスクールとした[1]。それは今日まで函館の遺愛学院の名誉となっている。

概要編集

北国港町ミッションスクールに勤める28歳の教師・間崎慎太郎は、江波恵子という女生徒の作文を読んで、その激しい情熱に打たれる。一方、同僚教師の橋本スミは、間崎が女生徒にひかれていくのを戒め、間崎は恵子とスミの双方にひかれる。恵子は料亭を営む母と二人暮らしの私生児である。間崎は江波の母の料亭での喧嘩を仲裁して大けがを負うが、その晩恵子と結ばれる。このことを知ったスミは、自宅で左翼非合法活動の集会を開いて検挙される。

女優の江波和子は映画化に際し当初江波恵子役に擬せられたため、芸名はこのヒロインにちなみ、娘の江波杏子も同様である。またテレビドラマで間崎を演じた石坂浩二の芸名は石坂洋次郎にちなんでいる。

告訴事件編集

『若い人』が好評を得て石坂は人気作家となるが、1938年[1]、一右翼団体がその一部をとらえ、不敬の文言があるとして出版法違反で告訴した。心ある官僚のアドバイスで問題箇所を書き改め不起訴となったが、この一件で石坂は教職を依願退職せざるを得なくなった[1]。また、この事件は戦後「不敬罪と軍人誣告罪」で告訴と多くの解説、事典類に記載されてきたが、「誣告」は偽りの罪に人を陥れることであり、事実とは違っている[2][3]。これは、新潮文庫の解説(和木清三郎)に誤って記載されたものが踏襲されてきたものである[4]。1939年1月訂正版が刊行された。

映画化編集

テレビドラマ編集

刊本編集

外部リンク編集

参考編集

  • 「日本近代文学大事典」講談社、1984年

編集

  1. ^ a b c 映画化4度目の『若い人』の封切用パンフレット「青年の樹/若い人」(東宝、1977年4月)への石坂の寄稿文『「若い人」の映画化にあたって』。
  2. ^ 「軍人誣告罪」と石坂洋次郎『若い人』”. jun-jun1965の日記 (2010年6月1日). 2020年9月30日閲覧。
  3. ^ 正宗白鳥「コロン寺縁起」”. jun-jun1965の日記 (2012年5月9日). 2020年9月30日閲覧。
  4. ^ 小谷野敦 『忘れられたベストセラー作家』イーストプレス、2018年、117頁。ISBN 978-4781616476