メインメニューを開く

江成真二(えなり しんじ)は日本テレビ放送網、情報・制作局統轄プロデューサー。以前は、制作局の演出家プロデューサー、営業局首都圏営業部。

人物編集

  • 早稲田大学教育学部卒業。
  • 元々はディレクターとして活躍して、演出、プロデューサー、演出・プロデューサー、企画・演出など各番組のすべてを担当したが、2013年12月からは2016年5月、営業局首都圏営業部に所属。このため担当番組は、「1番ソングSHOW」では、当時ディレクターだった利根川広毅と久木野大が演出に昇格し担当、「ミュージックドラゴン」は、今井康則と共に番組を離れ、高谷和男プロデューサーが担当、「LIVE MONSTER」は、当時AP(アシスタントプロデューサー)だった森下典子と高尾あずみがプロデューサーに昇格し高谷和男と共にプロデューサー、利根川はディレクターから演出に昇格しそれぞれ担当していた(久木野は江成と共に番組を離れた)。
  • 2016年6月4日から制作局へ復帰し一部の番組でプロデューサーを担当している。
  • 2018年6月1日付で情報・制作局バラエティーセンタープロデューサー。
  • 2019年6月1日付で道坂忠久チーフプロデューサーの下で統轄プロデューサーに昇進、現職。

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

関連項目編集

  • 森實陽三(担当局次長、以前はバラエティーセンター長兼務)
  • 藤井淳(事業局IPビジネス部専門部長、以前はインターネット事業局インターネット事業部専門部長)
  • 前田直敬(主任プロデューサー)
  • 高谷和男(編成部担当部長、以前はHuluに出向し編成部長)
  • 道坂忠久(チーフプロデューサー、人物参照)