江藤夏雄

江藤 夏雄(えとう なつお、1903年明治36年)7月9日 - 1968年昭和43年)1月28日)は、日本の政治家、衆議院議員。初代司法卿であった江藤新平の孫。

経歴編集

東京生まれ。父は江藤新平の二男で衆議院議員の江藤新作。冬に生まれた兄が冬雄と名付けられたのと同じく、夏に生まれたので夏雄と名付けられた。第五高等学校京都帝国大学経済学部卒業後、南満州鉄道職員、満州国官吏、興亜院秘書官などを経て1946年3月、第22回衆議院議員総選挙日本自由党所属として佐賀選挙区に出馬し初当選を果たす。その後、GHQによる公職追放の余波もあり2期にわたり出馬しなかったが、1952年10月、第25回衆議院議員総選挙自由党から再出馬する。選挙は次点で敗れるが、当選した愛野時一郎の死去により繰り上げ当選を果たした。続く第26回衆議院議員総選挙でも自由党吉田派所属で当選を果たしたが、1955年第27回衆議院議員総選挙で落選すると、翌年結成された自由民主党佐賀県連で佐賀市支部長を務めたものの、政界の一線を退いた。

議員としては、帝国議会時代に行われた第90回帝国議会衆議院帝国憲法改正小委員会芦田均(委員長)、北昤吉廿日出厖高橋泰雄(以上自由党)、犬養健吉田安原夫次郎(以上進歩党)、鈴木義男森戸辰男西尾末広(以上社会党)、林平馬(共同民主党)、大島多蔵(新政倶楽部)、笠井重治(無所属倶楽部)とともに参加し、日本国憲法の誕生に関わった。また、第5次吉田内閣では防衛庁長官木村篤太郎の下、防衛政務次官を務めている。

家族編集

三男は昭和44年2月11日の建国記念の日に、国会議事堂前にて自決した江藤小三郎である。

参考資料編集

  • 江藤夏雄著作集(江藤夏雄著作集刊行会、1969年)