メインメニューを開く

池笑然

韓国のサッカー選手

池 笑然 (チ・ソヨン、ハングル: 지소연ラテン翻字: JI So-yun、1991年2月21日 - ) は、大韓民国ソウル特別市出身の女子サッカー選手。FA WSLチェルシーFCウィメン所属。ポジションはフォワードミッドフィルダー。韓国では「女メッシ」の異名を持つ[2]

池 笑然 Football pictogram.svg
Ji So-Yun.jpg
名前
カタカナ チ・ソヨン
ラテン文字 JI So-yun
ハングル 지소연
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1991-02-21) 1991年2月21日(28歳)
出身地 ソウル特別市
身長 160cm
体重 50kg
選手情報
在籍チーム チェルシーFCウィメン
ポジション FWMF
背番号 10
ユース
1998-200?
2003-2005
2006-2008
2009-2010
里門小学校
梧州中学校
東山情報産業高等学校[1]
漢陽女子大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 INAC神戸レオネッサ 48 (21)
2014- チェルシーFCウィメン 63 (23)
代表歴2
2007-2008  韓国 U-17 15 (11)
2007-2010  韓国 U-20 17 (13)
2006-  韓国 109 (49)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月20日現在。
2. 2018年8月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

里門 (イムン) 小学校2年次在学中にサッカーを始める。同小学校には男子サッカー部しかなかったため、男子選手に混じってサッカーに打ち込んだ[2]。2003年に梧州 (オジュ) 中学校に入学。同中学に入学するため、里門小学校から別の小学校へ転校している[3]。梧州中学校在籍中に同校女子サッカー部の60連勝という記録に貢献した[4]。2006年に東山情報産業高等学校に進学して同高女子サッカー部に入部。同年10月に開催されたピースクイーンカップに出場する韓国代表に選出され、ブラジル代表との試合でフル代表に15歳8ヶ月でデビュー、韓国代表における最年少出場記録を更新した[4]。翌11月にはカタールドーハで開催されたアジア競技大会に出場し、チャイニーズタイペイ戦で2得点を挙げ、最年少得点記録を更新した。

2008年、U-17韓国代表の一員として2008 FIFA U-17女子ワールドカップに出場。主将として臨んだこの大会で4試合[5][6][7][8]に出場し、うちナイジェリア戦、イングランド戦で1得点ずつ挙げ[5][7]、大会ベスト8を経験した。

2009年漢陽女子大学に進学してサッカー部に入部。また韓国代表にも引き続き招集され、同年8月に中国で開催されたAFC U-19女子選手権2009では大会準優勝を経験した他、4得点を挙げて大会得点王となった[9]。またセルビアベオグラードにて開催されたユニバーシアードにも韓国代表の一員として出場し、同国初の世界選手権優勝に貢献した他、大会最優秀選手に選出された。

2010年2010 FIFA U-20女子ワールドカップに出場し、スイス戦でハットトリックを達成した[10]。これは各カテゴリの男女韓国代表において、初のFIFA開催大会におけるハットトリックとなった。同大会では通算8得点を挙げて[11]3位入賞に貢献し、シルバーボール (大会最優秀選手賞2位) およびシルバーシューズ (大会得点王2位) を獲得した[11]

同年12月、マネージメント担当企業よりINAC神戸レオネッサと契約した旨が発表され[12]、同月14日にクォン・ウンソムと共に入団した[13]

2010年・2011年と2年連続で大韓サッカー協会技術委員と新聞記者の投票による韓国最優秀選手「プレーヤー・オブ・イヤー」女子部門を受賞している[14]

2013年シーズン終了を以て、契約満了により退団[15]

2014年1月、イングランド女子1部・FA WSLチェルシーLFC[注釈 1]に入団[16]。移籍1年目は19試合で9ゴールの活躍でFA WSLの年間最優秀選手に選出された[17][18]

2015年4月、「2015 PFA女子年間最優秀選手」に選出された[19][20]

成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2011 INAC神戸レオネッサ 7 なでしこ 16 8 - 4 0 20 8
2012 16 4 6 3 3 0 25 7
2013 10 16 9 9 3 4 6 29 18
イングランド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2014 チェルシー 10 FA WSL1 12 3 2 2 5 4 19 9
2015 14 5 4 3 4 2 26 10
2016 16 5 4 5 1 0 23 10
2017 7 4 3 2 - 10 6
2017-18 14 6 3 2 5 1 28 12
通算 日本 1部 48 21 15 6 11 6 74 33
イングランド FA WSL1 63 23 16 14 17 7 106 47
総通算 111 44 27 20 30 13 180 80

獲得タイトル編集

チーム編集

INAC神戸レオネッサ
チェルシー
  • FA女子カップ:2回(2014-15、2017-18)
  • FA WSL:2回(2015、2017-18)
  • FA WSL スプリングシリーズ:1回(2017)

個人編集

選出歴等編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2018年5月に「チェルシーFCウィメン」に改名された。

出典編集

  1. ^ 『大阪国際サッカーフェスティバル2008 第4回日・中・韓国際女子サッカー (U-18) 大会 公式プログラム』 p.8中の表記。朝鮮日報の記事中では漢字表記が存在しない。
  2. ^ a b ‘여자 메시’ 지소연의 원동력은 ‘엄마’” (朝鮮語). sports.media.daum.net (2010年7月18日). 2010.7.25 13:17 (UTC)閲覧。
  3. ^ 女子サッカー チ・ソヨン(池笑然) KBS WORLD 2010.8.3付記事
  4. ^ a b サッカーU20W杯:韓国女子が決勝T進出”. 朝鮮日報日本語版 (アーカイヴ) (2010.7.19付記事). 2010.7.25 12:07 (UTC)閲覧。
  5. ^ a b Match Report Korea Republic - Nigeria” (英語). FIFA公式サイト (2008年10月30日). 2010.7.25 12:24 (UTC)閲覧。
  6. ^ Match Report Brazil - Korea Republic (英語) FIFA公式サイト 2008.11.2
  7. ^ a b Match Report England - Korea Republic” (英語). FIFA公式サイト (2008年11月5日). 2010.7.25 12:28 (UTC)閲覧。
  8. ^ Match Report Korea Republic - USA (英語) FIFA公式サイト 2008.11.9
  9. ^ AFC U-19女子選手権大会2009 決勝戦マッチレポートJFA公式サイト(2009.8.13)、2018年9月5日閲覧。
  10. ^ Match Report Switzerland - Korea Republic (英語) FIFA公式サイト 2010.7.14
  11. ^ a b Double honour for Alexandra Popp” (英語). FIFA公式サイト (2010年8月1日). 2010.8.12 05:03 (UTC)閲覧。
  12. ^ [女子サッカー]チ・ソヨン、神戸入団 innolife.net 2010.12.1付記事
  13. ^ 女子サッカー池邵蓮ら、INAC神戸レオネッサ入団 聯合ニュース 2010.12.14付記事
  14. ^ 【KFA】2011KFA表彰式開催 - 大韓サッカー協会、2011年12月21日
  15. ^ チソヨン選手 契約満了のお知らせ INAC神戸レオネッサ公式サイト、2013年12月27日付。
  16. ^ LADIES SIGN SOUTH KOREAN STAR チェルシーLFC公式サイト、2014年1月27日付。
  17. ^ JI SO-YUN NAMED FA WSL 1 PLAYERS' PLAYER OF THE YEARTHE FA(2014.11.14付)、2018年9月5日閲覧。
  18. ^ 元INAC神戸のチ・ソヨンがWSL女子年間最優秀選手に選出「快く迎え入れてくれたみんなのもの」FOOTBALL CHANNEL(2014.11.15付)、2018年9月5日閲覧。
  19. ^ 元INACのチ・ソヨン、PFA女子年間最優秀選手に輝くゲキサカ(2015.4.27付)、2018年9月5日閲覧。
  20. ^ PFA Women’s Players' Player of the Year: Ji So-YunTHE PFA(2015.4.26付)、2018年9月5日閲覧。

外部リンク編集