メインメニューを開く

ユニバーシアードにおけるサッカー競技は、男子競技と女子競技が行われており、そのうち男子競技は1979年のメキシコシティー大会で公開競技として実施、1985年の神戸大会から正式競技として実施されている。また、女子競技は1993年のバッファロー大会から実施されている。2019年ナポリ大会がユニバーシアードサッカーとしての最後の大会となり、大学代表ではなく、大学単一チームが出場する大学サッカー世界選手権大会が新設される予定である[1]

ユニバーシアード男子サッカー競技
開始年 1979年
終了年 2019年
主催 FISU
地域 世界
参加チーム数 16
前回優勝  日本(6回目)
最多優勝  日本(6回)
テンプレートを表示
ユニバーシアード女子サッカー競技
開始年 1993年
主催 FISU
地域 世界
参加チーム数 12
前回優勝  ブラジル(3回目)
最多優勝  ブラジル(3回)
テンプレートを表示

目次

概要編集

ユニバーシアード設立以前に行われていた「国際学生競技会」や「国際学生スポーツ週間」と「青年学生スポーツ大会」ではサッカー競技が行われていたが、ユニバーシアード設立からはユニバーシアードでサッカー競技は行われず、「世界大学選手権」という独立した形で学生ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会が2年に1回行われていた。 しかし、最終的には1982年を最後に世界学生選手権を廃止しユニバーシアードへ完全移行。学生ナショナルチームによるサッカーの世界選手権としてユニバーシアードへと継承される形となった。

1981年11月に、1985年ユニバーシアード神戸大会が決まると、当時日本サッカー協会理事及び日本オリンピック委員会常任理事であった岡野俊一郎が「日本サッカーにとって大学サッカーは重要」との考えから来日していた当時世界のスポーツ界に強い影響力を持っていた岡野の友人のホルスト・ダスラーアディダス創始者アドルフ・ダスラーの息子)にユニバーシアード神戸大会からサッカーを正式競技にする為、助力を頼んだ。すると、ホルスト・ダスラーはニューヨークにいたこれまた岡野の友人でもある国際大学スポーツ連盟(FISU)会長のプリモ・ネビオロに電話をかけ、岡野に取り次いだ。岡野の依頼を承諾したネビオロFISU会長は、FISU実行委員会から最初反対を受けたが、ネビオロFISU会長が強引に規約を改正して、ユニバーシアード神戸大会からサッカーを正式競技にした[2]。以後現在も、サッカーはユニバーシアードの正式競技となっている。

また、世界大学選手権との関係で開催国の要望による追加競技とされたため、サッカー競技を実施しない大会もあったが近年は毎大会実施されている。

2019年ナポリ大会がユニバーシアードサッカーとしての最後の大会となり、国別の大学代表ではなく、大学単一チームが出場する大学サッカー世界選手権大会が新設される予定である[1]

参加国編集

男子は1987年ザグレブ大会以降、16ヶ国で行われている。1979年メキシコ大会は24ヶ国、1985年神戸大会は12ヶ国で行われた。

また、女子については1983年ハミルトン大会は8ヶ国、2001年北京大会から2005年イズミル大会まで12ヶ国、2007年バンコク大会は16ヶ国で行われている。

開催方式編集

男子競技、女子競技ともに同様の方式で行われている。

16ヶ国を4つのグループに分け総当りのリーグ戦を行い、各グループ上位2ヶ国の計8ヶ国が決勝トーナメントに進出。1位から16位まで順位決定をするために決勝トーナメントに進出できなかった8ヶ国もトーナメント戦を行い順位決定を行う、従って出場国は同じ試合数を行わなければならない。

結果と統計編集

男子編集

歴代大会結果編集

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1979年1   メキシコシティ   メキシコ 5 - 3   ウルグアイ   ルーマニア 4 - 1   オランダ 24
1981年   ブカレスト サッカー競技は開催されず -
1983年   エドモントン サッカー競技は開催されず -
2 1985年   神戸   北朝鮮 1 - 0   ウルグアイ   中国 4 - 2   日本 12
3 1987年   ザグレブ   ソビエト連邦 5 - 0   韓国   北朝鮮 3 - 0   中国 16
1989年   デュースブルク サッカー競技は開催されず -
4 1991年   シェフィールド   韓国 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
  オランダ   イギリス 2 - 1   ウルグアイ 16
5 1993年   バッファロー   チェコ 2 - 1   韓国   ドイツ 2 - 1   イギリス 16
6 1995年   福岡   日本 2 - 0   韓国   ロシア 3 - 1   ウクライナ 16
7 1997年   シチリア   イタリア 1 - 0   韓国   アメリカ合衆国 2 - 1   ウクライナ 16
8 1999年   パルマ   スペイン 2 - 1 aet   イタリア   ブラジル 2 - 2 aet
(PK 5 - 4)
  チェコ 16
9 2001年   北京   日本 1 - 0   ウクライナ   韓国 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
  中国 16
10 2003年   大邱   日本 3 - 2   イタリア   チェコ 3 - 1   モロッコ 16
11 2005年   イズミル   日本 3 - 3 aet
(PK 3 - 2)
  イタリア   モロッコ 1 - 1 aet
(PK 4 - 3)
  ブラジル 16
12 2007年   バンコク   ウクライナ 1 - 0   イタリア   タイ 1 - 1 aet
(PK 5 - 3)
  カナダ 16
13 2009年   ベオグラード   ウクライナ 3 - 2   イタリア   日本 1 - 0   イギリス 16
14 2011年   深圳   日本 2 - 0   イギリス   ブラジル 2 - 0   ロシア 16
15 2013年   カザン   フランス 3 - 2 aet   イギリス   日本 3 - 0   ロシア 15
16 2015年   光州   イタリア 3 - 0   韓国   日本 0 - 0 aet
(PK 7 - 6)
  ブラジル 16
17 2017年   台北   日本 1 - 0   フランス   メキシコ 0 - 0 aet
(PK 5 - 3)
  ウルグアイ 16

^1 1979年大会は公開競技として実施。

国・地域別メダル受賞数一覧編集

国・地域
1   日本 6 0 3 9
2   イタリア 2 5 0 7
3   ウクライナ 2 1 0 3
4   韓国 1 5 1 7
5   フランス 1 1 0 2
6   北朝鮮 1 0 1 2
6   チェコ 1 0 1 2
6   ロシア 1 0 1 2
6   メキシコ 1 0 1 2
10   スペイン 1 0 0 1
11   イギリス 0 2 1 3
12   ウルグアイ 0 2 0 2
13   オランダ 0 1 0 1
14   ブラジル 0 0 2 2
15   ルーマニア 0 0 1 1
15   ドイツ 0 0 1 1
15   アメリカ合衆国 0 0 1 1
15   モロッコ 0 0 1 1
15   タイ 0 0 1 1
15   中国 0 0 1 1

女子編集

歴代大会結果編集

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1993年   ハミルトン2   中国 2 - 1   アメリカ合衆国   ロシア 2 - 0   チャイニーズタイペイ 8
1995年   福岡 女子サッカー競技は開催されず -
1997年   シチリア 女子サッカー競技は開催されず -
1999年   パルマ 女子サッカー競技は開催されず -
2 2001年   北京   ブラジル 2 - 1 aet   オランダ   韓国 4 - 3   フランス 12
3 2003年   大邱   北朝鮮 3 - 0   日本   中国 2 - 0   チャイニーズタイペイ 12
4 2005年   イズミル   ブラジル 2 - 1   中国   日本 2 - 0   フランス 12
5 2007年   バンコク   北朝鮮 1 - 0   ロシア   ブラジル 2 - 1   アイルランド 16
6 2009年   ベオグラード   韓国 4 - 1   日本   イギリス 4 - 1   フランス 16
7 2011年   深圳   中国 2 - 1 aet   日本   ブラジル 4 - 1   フランス 12
8 2013年   カザン   イギリス 6 - 2   メキシコ   ブラジル 2 - 1   南アフリカ共和国 12
9 2015年   光州   フランス 2 - 0   ロシア   日本 5 - 0   カナダ 15
10 2017年   台北   ブラジル 1 - 0   日本   ロシア 5 - 0   南アフリカ共和国 13

^2 1993年のユニバーシアード大会はアメリカバッファローで開催されたが、女子サッカー競技についてはカナダハミルトンで開催された。

国・地域別メダル受賞数一覧編集

国・地域
1   ブラジル 3 0 3 6
2   中国 2 1 1 4
3   北朝鮮 2 0 0 2
4   韓国 1 0 1 2
4   イギリス 1 0 1 2
6   フランス 1 0 0 1
7   日本 0 4 2 6
8   ロシア 0 2 2 4
9   アメリカ合衆国 0 1 0 1
9   オランダ 0 1 0 1
9   メキシコ 0 1 0 1

脚注編集

  1. ^ a b 長友ら出場ユニバからサッカー消滅 大学W杯新設へ-日刊スポーツ、2018年4月30日
  2. ^ 山本昌邦著『日本サッカー遺産-ワールドカップ出場舞台裏の歴史と戦略』P144~P145

関連項目編集

外部リンク編集