メインメニューを開く

社家(しゃけ)とは、日本身分のひとつ。代々特定神社の奉祀を世襲してきた家(氏族)のことである。身分制度としては明治維新により廃止されたが、地方の神社はその後も旧社家が世襲を続けているケースが多い[1]

概要編集

古代における神社の祭祀は、氏長者や政治の長、地方においては氏子・村人らが当番制で奉仕してきた。しかしより厳粛に行うための長期の潔斎の必要性、また奉祀の資格として祭神の裔孫であることが必要とされるようになってきて、やがて専従の神職家が誕生し、代々世襲するようになった[1]

明治4年(1871年)の太政官布告により神社は一人一家の私にすべきものではないとの精神から神官世襲制が廃止されたが、実際には官国幣社にとどまり、地方ではその後も旧社家の世襲が続いている[1]。また社家の中でも特に名家として知られた伊勢神宮藤波家河辺氏出雲大社千家家北島氏熱田大宮司千秋家住吉大社津守氏など14家が華族に列した[1]

社家の事例編集

社家町編集

社家は奉職する神社の近くに家を構えることが多く、社家の家が集まった所は「社家町(しゃけまち)」と呼ばれた。

現代日本において「社家町」「社家」という地名は各地にあり、その多くはかつて社家町があった場所である。

社家町として有名な地区編集

地名編集

関連項目編集