洪騰雲

清朝台湾の実業家

洪 騰雲(こう とううん、閩南語: Âng Thîng-hûn1819年嘉慶24年)2月27日 - 1899年光緒25年/明治33年)9月11日[1](p176))は清朝統治時代台湾における実業家合楽繁体字: 合樂[1](p178))。

洪 騰雲
プロフィール
出生: 1819年2月27日
死去: (1899-09-11) 1899年9月11日(80歳没)
出身地: 清 台湾台北
職業: 実業家
出生地: 清 泉州府晋江県英杭
(現・中華人民共和国の旗 中国 福建省泉州市晋江市杭辺村
死没地: 大日本帝国 台湾
各種表記
各種表記(本名)
繁体字 洪騰雲
簡体字 洪腾云
拼音 Hóng Téng yún
通用拼音 Hóng Téng yún
注音符号 ㄏㄨㄥˊ ㄊㄥˊ ㄩㄣˊ
閩南語白話字 Âng Thîng-hûn
和名表記: こう とううん
発音転記: ホン・テンユン
ラテン字 Hung Têng yün
英語名 Teng-yun Hong
テンプレートを表示

人物編集

 
二二八和平公園の急公好義坊

泉州府晋江県英杭(現在の福建省泉州市晋江市杭辺村)で出生[1](p178)、6歳時の1824年(道光4年)に父の洪汝璽と台湾に渡来し、滬尾街(現在の新北市淡水区)を経て台北の艋舺土治後街(現在の万華区)に居住した[1](p178)。当時は首都台南以外での学問は困難を極めていたため、父が入手した書物で学問に励み、福建での科挙貢生となった[1](p178)

父は艋舺でコメ商人だったが、成人後に騰雲が家業を継ぐと、乾隆時期以降に「一府二鹿三艋舺中国語版」と呼ばれたほどの艋舺自体の発展とともに両岸交易で巨額の富を得[2](p64)、台北に広大な土地を得るようになった[1](p178)。清朝末期の台北地区では李春生板橋林家と並ぶ三大富豪として知られていた[3]

義倉を寄贈したり、災害時の慈善活動に積極的で、大甲渓で舟の事故が相次ぐと1874年(一説には1881年とも)に巡撫の岑毓英に対して橋建造を建議するだけでなく、資金集めに奔走し、作業員70名の派遣および建設中の賃金。食費、居住費用を提供するなど公共事業への貢献度も高かったため清朝政府から嘉奨されている[1](p178)

また1880年代当時の台湾では孝棚(科挙の試験会場)が台南府中国語版にしかなく、約300km離れた北部の住民が往来するには困難を極めていたため、孝棚を台北に設けるべく台北城内北東角(現在の忠孝西路中国語版中山南路交差点付近)の土地(約2,000坪[4])を提供し、2,000人規模の会場設置費用も負担した。清朝政府は騰雲に対し同知中国語版の職位を授与し功績を称えた[1](p178)

1887年、初代台湾巡撫劉銘伝はその功績を認め、光緒帝に騰雲の牌坊建立を嘉奨するとともに、公益への熱心さを意味する『急公好義[5]』の扁額を授与した(急公好義坊中国語版[1](p178)。石坊街(現在の西門町衡陽路)に設置され、その後二二八和平公園に移設されている[1](p179)

1899年に逝去。騰雲は輝東と耀東の二子を残し、輝東は騰雲同様に実業家、慈善家として活動した[1](p179)。耀東は若くして逝去したが[6](p68)、耀東の子である文光は台湾民主国の議員[1](p180)、次男の文成(字は以南)は台北庁参事や淡水街長(現在の淡水区長に相当)などを務めた[1](p180)。洪以南の長男である長庚は日本に留学し眼科医博士となり、台北で眼科を開業した[1](p181)

孝棚編集

台北の孝棚は日本統治時代には軍営地となり[4]、戦後は1964年に台北市議会中国語版庁舎が建てられ、議会が1990年に信義区に移転後は台北市政府警察局中国語版中正第一分局中国語版が2007年まで使用した[4]。警察が退去後は商業地として市が再開発を試み[4]、洪以南が初代幹部を務めた台湾瀛社詩学会中国語版会員や、騰雲の子孫で洪啓宗(医師)、洪致文(学者、作家)などは市議会庁舎保存を訴えていた[7]。しかし2016年、市長柯文哲の政策により撤去された[8]。洪致文は台北機廠の全域保存を提唱していた市長当選前の柯を支持していたが、当選後に市街の歴史的価値のある建造物を次々と壊して開発に邁進する柯市政を批判するようになった[9]

     
警察署時代(2006年) 旧台北市議会庁舎(2007年) 旧市議会庁舎撤去後(2016年)


家系図編集

洪汝璽
洪騰雲
[6](p69-70)
(1819-1899)
洪輝東洪耀東
洪文光洪文成
(洪以南中国語版)
(詩人、実業家)
洪我鈞洪長庚中国語版
[10]
(医師)
長男
祖蔭
次男
洪祖恩
(医師)
三男
洪祖培
(医師)
(1926-2019[11]
四男
洪祖仁
(鉄道写真家[12]
(1930-2012[13]
五男
洪啓宗
(医師)
六男
洪達雄
(学者)
洪致文
(鉄道著作家、学者)
(1970-)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n (繁体字中国語)高麗鳳 (2000年11月). 臺北人物誌 第壹冊. 臺北市政府新聞處. pp. 176-181. ISBN 9570271663. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_003_00002911 
  2. ^ (繁体字中国語)曹若蘭 (2005-10-12). 中小學生必須認識的台灣歷史人物. 聯經出版公司. pp. 63-68. ISBN 9570829176. https://books.google.com/books?id=CyY9CwAAQBAJ 
  3. ^ (繁体字中国語)【小檔案】洪騰雲捐地建科舉考棚”. 自由時報 (2014年6月20日). 2019年12月7日閲覧。
  4. ^ a b c d (繁体字中国語)北市議會舊址改建 民團建議保留「舊台北城」”. Taiwan News (2014年10月25日). 2019年12月7日閲覧。
  5. ^ (繁体字中国語)教育部國語辭典簡編本”. 中華民國教育部. 2019年12月1日閲覧。
  6. ^ a b (繁体字中国語)林宏駿 (2011年11月1日). “艋舺洪厝古蹟再利用”. 国立台湾大学建築與城郷研究所. 2019年12月5日閲覧。
  7. ^ (繁体字中国語)洪啟宗 (2016年7月31日). “田僑仔的告白:土地害死人喔!”. 壹週刊. 2019年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月7日閲覧。
  8. ^ (繁体字中国語)北市「百億鬼屋」拆除 50年舊議會大樓走入歷史”. 自由時報 (2016年2月24日). 2019年12月7日閲覧。
  9. ^ (繁体字中国語)台北舊市議會真的沒有文資價值?原地主後代:柯市長請仔細考慮這5點”. The News Lens (2015年11月14日). 2019年12月7日閲覧。
  10. ^ (繁体字中国語) 續修臺北市志 人物志 社會與文化篇. 臺北市文獻委員會. (2014年10月). pp. 287-289. ISBN 978-986-04-2894-0. http://www-ws.gov.taipei/Download.ashx?u=LzAwMS9VcGxvYWQvNDA0L2NrZmlsZS9kNDEzNDI0ZC1iNGQ3LTRhM2QtYjgyNy03NmI5NWQ1OGQ1YTgucGRm&n=56S%2B5pyD6IiH5paH5YyW56%2BHLnBkZg%3D%3D 
  11. ^ (繁体字中国語)【人物】 洪祖培 台灣神經科開山祖師(1926〜2019)”. 民報 People News (2019年9月25日). 2019年12月7日閲覧。
  12. ^ (繁体字中国語)洪致文 (2005年9月17日). “身分不斷改變”. 自由時報. 2019年12月7日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)懷念我的鐵道阿伯洪祖仁”. 飛行場の測候所(洪致文公式ブログ) (2012年11月18日). 2019年12月7日閲覧。

関連項目編集