メインメニューを開く

浜田山

東京都杉並区の町名
日本 > 東京都 > 杉並区 > 浜田山

浜田山(はまだやま)は、東京都杉並区の地名。現行行政地名は浜田山一丁目から浜田山四丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は168-0065[2]

浜田山
京王井の頭線浜田山駅
京王井の頭線浜田山駅
浜田山の位置(東京23区内)
浜田山
浜田山
浜田山の位置
北緯35度40分53.06秒 東経139度37分40.38秒 / 北緯35.6814056度 東経139.6278833度 / 35.6814056; 139.6278833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Suginami, Tokyo.svg 杉並区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 16,777人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
168-0065[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 杉並

地理編集

杉並区の中西部に位置する。町域北部は杉並区成田東成田西に接する。西部は、杉並区高井戸東に接する。南部は神田川を境に杉並区下高井戸に接する。東部は杉並区永福大宮に接している。また町域内を井ノ頭通りが通っている。町域内は主に住宅地として利用される。作家・松本清張が永く住んだ[4]

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、浜田山4-15-23 の地点で51万5000円/m2となっている[5]

歴史編集

地名の由来編集

現在町域内にある杉並南郵便局付近一帯は江戸時代まで江戸内藤新宿(現在の新宿区新宿)の商人・浜田屋の所有地でクヌギの林(付近では「山」と呼ばれていた)になっていたほか浜田屋の墓があり、彼岸の時は浜田屋の人間が江戸から当地まで墓参りに訪れていた。墓参りの際には、村の子供たちに銭やお菓子などが配られるのが恒例で村ではお祭りのような賑わいであったといわれている。この浜田屋の山から浜田山の地名が生まれ、現在の地名になったと言われている。

なお浜田屋は問屋であったと言われ、初代は江戸時代の初期頃に伊勢国浜田村(現在の三重県津市)から江戸に出てきて内藤新宿に店を構えて商売に成功し、浜田屋弥兵衛と名乗ったという。その後浜田屋は明治時代に米相場に失敗して没落していき浜田屋の墓も当地から隣の永福にある理性寺の境内に移されて現在に至っている。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
浜田山一丁目 1,985世帯 3,904人
浜田山二丁目 1,412世帯 2,706人
浜田山三丁目 2,243世帯 4,296人
浜田山四丁目 2,924世帯 5,871人
8,564世帯 16,777人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
浜田山一丁目 全域 杉並区立高井戸第三小学校 杉並区立向陽中学校
浜田山二丁目 全域 杉並区立高井戸東小学校 杉並区立高井戸中学校
浜田山三丁目 全域 杉並区立浜田山小学校
浜田山四丁目 全域

交通編集

町域内には、京王井の頭線浜田山駅がある。町域東部は、隣の西永福駅の方が近い。また、杉並区コミュニティバスすぎ丸が走っている。

施設編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 町丁別世帯数及び人口”. 杉並区 (2017年12月1日). 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月26日閲覧。
  4. ^ 住所としては高井戸東
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 区立学校学区域一覧”. 杉並区 (2016年1月14日). 2017年12月26日閲覧。

外部リンク編集