「海の駅蜃気楼」からの立山連峰
地図

海の駅蜃気楼は、富山県魚津市村木定坊割2500-2にあるドライブインである。魚津港に隣接し、株式会社魚津シーサイドプラザが運営している。2004年7月にオープン[1]。魚津港一帯はみなとオアシスの登録をしていて、当施設はみなとオアシス魚津の代表施設である。

入口には、魚津市で毎年8月の第1金曜・土曜日の2日間行われる、ユネスコ無形文化遺産登録・国の重要無形民俗文化財指定されている「たてもん祭り」の山車「たてもん」(小型で高さ7m、提灯58張り)を、2017年12月より常設展示している[2]

なお、「海の駅」を名乗ってはいるが、国土交通省船舶係留施設である「海の駅」の登録はしておらず、施設内容も異なる。

朝市・イベントスペース編集

ここでは、毎月第2、4日曜日に朝市が開催される。また、土曜、日曜、祝日には、浜焼きコーナーが登場する。

魚津の朝市編集

  • 毎月第2、第4日曜日に開催される朝市である。開催時間は7:00~11:00。
  • 1995年9月から開催されている。当初は魚津港で月1回の開催であったが、海の駅蜃気楼の完成後は現在の毎月第2、第4日曜日での開催となった。
  • 新鮮な野菜が、安価で販売されている。また、朝市定食やあげかま、にぎりなどを食する事が出来、全国への宅配も承っている。お菓子、ケーキ、工芸品なども販売されている。

浜焼きコーナー編集

  • 土曜、日曜、祝日に登場(1月は営業していない)。営業時間は11:00 - 16:00(朝市開催時は12:00 - 16:00 客の状況によって変更することがある)。席数は10席。
  • 魚介類などを焼いた炭の上で焼いていく。いわゆる、バーベキューの魚介類版である。
  • 浜焼きの基本的な具材となる浜焼きセット(1800円)には、席代や炭代も含まれているため、利用する際は必ず浜焼きセットを購入しなければならない(具材は甘エビイカはまぐりきすハタハタなど)。また、他の具材(ホタテマグロ(串、かま、かしらの他、あご、ほほ肉など珍しい具材もある)、アジ、焼きおにぎりなど)も、任意で購入することが可能である(持ち帰ることも可能である)。
  • おぼんが用意されており、おぼんの上には、割り箸、調味料(こしょう醤油など)、さいばし等が入っている。

魚津朝とれ市場編集

  • 2007年11月1日に第一回が開催。平日(土曜も含まれる)の毎朝7時から9時まで、とれたての鮮魚農産品などを直売している。

その他の施設編集

 
対岸の防風林と釣り客と散歩者
  • インフォメーション
  • 特産品販売コーナー(9:00~18:00)
  • 鮮魚販売コーナー(忠鮮魚店)(9:00~18:00)
  • レストラン(座席数100席、団体専用席100席(要予約))
  • 浜のかあちゃんの店幻魚房(11:00~15:00)
  • めん処はまちょう(6:00~18:00)
  • 展望台
  • ラジオ・ミューサテライトスタジオ
  • モニュメント『風の地平線』(2009年3月設置)[1]

備考編集

 
加積りんごソフトクリーム
  • 付近にはマリンゲートがあり、そこから魚津埋没林博物館へ入館することが可能である。
  • 付近一帯が蜃気楼の展望地である。

交通編集

  • 鉄道
あいの風とやま鉄道線魚津駅よりタクシー約5分、徒歩25分
  • バス
あいの風とやま鉄道線魚津駅より魚津市民バス(市街地巡回ルート・東回り)約6分
  • 道路
北陸自動車道 魚津ICから約10分

周辺の施設について編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『うおづ便利帳』(2012年4月、魚津市役所発行)16 - 17ページ『市制60周年の歩み』より。
  2. ^ 『展示用たてもん登場 海の駅蜃気楼 本物そっくり』北日本新聞 2017年12月10日22面

外部リンク編集

座標: 北緯36度49分29.7秒 東経137度23分38.2秒 / 北緯36.824917度 東経137.393944度 / 36.824917; 137.393944