カトマンズの朝市

朝市(あさいち)とは、日曜日等の早朝に一か所に集まり、持ち寄った農産物や加工品などを売買する定期市(または不定期市)のこと。一般に、駅前広場のような動線が自然と集まる場所、近年では広い駐車場が確保出来る漁港周辺、河川敷ショッピングモールなど集客力がある場所で開催されることが多い。商店街で催事的に開催されている場合もある。ただし、昼や夕方まで開催している例や、ほぼ毎日開催する常設市場もあり、この呼称によって経営形態が制限されるものではない。

目次

日本編集

個別に路上販売あるいは訪問販売によって商う行商とは違い、朝に一か所に集まって仮設で路上販売する形式を「朝市」というのが一般的である。公道や公有地での「朝市」は、国民あるいは市民等の税金によって設置された道路・広場を占有するため、様々な届出が必要である。

農業協同組合(農協・JA)や漁業協同組合(漁協)が主催することがあるほか、観光の目玉イベントとして自治体等が行う場合もある。中には平安時代頃から続いているといわれる石川県輪島市の朝市や安土桃山時代から続いている千葉県勝浦市の朝市、江戸時代から続いている岐阜県高山市の飛騨高山朝市など歴史的な朝市も現存している。

一般的には一定場所で開催する所が多いが、一定期間ごとに開催場所が異なる朝市(勝浦の朝市など)や曜日ごとに開催場所が異なる朝市(高知朝市など)も存在する。

なお、「朝市」と称するが朝以外の時間帯にも営業する市場も存在する。

主な朝市編集

仮設定期市編集

 
輪島朝市

常設市場編集

世界編集

外部リンク編集