メインメニューを開く

海は甦える

海は甦える』(うみはよみがえる)は、江藤淳歴史小説(ドキュメンタリー・ノベル)で全5部作。月刊『文藝春秋』1961年2月号より連載開始し、中断を挟み十数年かけ完結した。

文藝春秋で1976年に第1・2部が、1982-83年に第3・4・5部が刊行、1986年に文春文庫でも刊行されたが、2013年時点では双方とも版元品切。

1977年8月29日にTBSで3時間ドラマとして放映された。

目次

内容編集

テレビドラマ編集

1977年8月29日の21時02分 - 23時55分に、TBS系列にて放送。制作はテレビマンユニオン日立製作所提供の「日立スペシャル」として放送された[1][2]。制作費は1億円。視聴率は29.2%であった。日本初の3時間ドラマとされている。当時、テレビの視聴者は業界から、飽きっぽくチャンネルをザッピングするものと思われており、本ドラマの成功で長時間番組が日常的に編成されるようになった[3]

1977年度テレビ大賞優秀番組賞、1978年度エランドール賞特別賞を受賞。現在は横浜市にある放送ライブラリーで無料で閲覧できる。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 制作においては、放送局のTBSではなく広告主である日立製作所へ企画を持ち込んだ。そして日立を直接スポンサーとして迎えた後に、TBSへ放送を持ちかけている。
  2. ^ 番組途中のCMでは「日立コマーシャル劇場」として、浦山桐郎恩地日出夫羽仁進吉田喜重といった4人の大物映画監督がそれぞれ制作した、3分間の特別CMを放送した。
  3. ^ 岩波ジュニア新書『テレビは語る』による。

関連項目編集