海底大戦争』(かいていだいせんそう)は、アイレム株式会社1993年に開発したアーケードゲームコンピュータゲーム)。ジャンルはシューティングゲーム。日本国外版のタイトルは『In the Hunt』。

解説編集

潜水艦を操作し、南極海域や海面上昇により水没した都市海域、海底超古代文明遺跡などを舞台に戦うシューティングゲームである。強制スクロールではなく自機の移動による任意スクロールで、移動範囲も水中に限られるなど、シューティングゲームとしては特殊なシステムをしている。

復活した悪の組織「D.A.S.(デストロイ・アンド・サツジン)」の新型局地専用磁力兵器・ユグスキューレの攻撃によって地球規模の地殻変動が生じ海面が上昇、これにより各国沿岸部の都市が壊滅的な被害を受け、緊急要請に応じた国際海洋警備隊が、南極で試験運用中であった電磁推進式の新型潜水艇ハイドロ・フォビア・グランパス、略称「グランビア」の出動命令を下す、というストーリーである。悪の組織D.A.S.と戦うという共通の舞台設定から、『アイレム・エアデュエル』『アンダーカバーコップス』『ジオストーム』の三作と合わせて「D.A.S.シリーズ」と呼ばれることもある。1P側搭乗員は「高原麗」、2P側搭乗員は麗の夫「高原仁」。仁は『アンダーカバーコップス』の主人公の一人ザン・タカハラの実兄である。

移植編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 海底大戦争   199511101995年11月10日
PlayStation エクシング・エンタテイメント CD-ROM SLPS 00086
2 海底大戦争   199512151995年12月15日
セガサターン イマジニア CD-ROM T-15006G
3 海底大戦争   1997年3月
Microsoft Windows 95 ゲームバンク CD-ROM
4 海底大戦争   201911212019年11月21日
PlayStation 4
Nintendo Switch
アイレム ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- - 海外版(InTheHunt)収録。
15,20,30連射設定可。
ステレオ効果実装。

コンシューマーゲーム向けとしては、エクシング・エンタテイメントから1995年11月10日プレイステーション版、同年12月15日イマジニアからセガサターン版、1997年3月にはゲームバンクからMicrosoft Windows 95版が発売されている。また、2019年11月21日ハムスターからPlayStation 4Nintendo Switch版がアーケードアーカイブスでそれぞれ配信された。

ゲームシステム編集

8方向レバー(移動)と2つのボタン(横方向の魚雷発射と上下方向の爆雷ミサイル発射)で自機潜水艦を操作する。残機制で、敵の攻撃を受けるとミスとなり、残機を全て失うとゲームオーバーとなる。トレジャーボールと呼ばれる玉を100個集めると残機が1つ増える。全6ステージ×1周。

スクロールは一部ステージを除いて強制ではなく任意で、また縦方向にスクロールすることもある。自機が潜水艦であるため水のない場所へは移動することができず、またステージによっては強力な水流に押し流されることもあるなど、その行動に制限が加えられることが多い。地形に接触してもミスにはならないが、強制スクロールステージで地形に挟まれるとミスになる。制限時間が設定されており、0になると一機失う。

各ステージ中では隠されたトレジャーボールや敵の撃破方法によって得点が変わるシークレット要素が存在する。

エンディングは、コンティニューをしたかどうかやプレイ人数によって4種類存在する。

武器システム編集

武器は、前方に発射される魚雷と、上方に向かって発射されるミサイル機雷、上部攻撃に連動して投下される爆雷の三種類である。自機が水面に顔を出している時は、機雷のかわりに上空に各種攻撃を行う。

特定の敵を破壊するとアイテムが出現する。それを取ることにより、3種類の魚雷と2種類の爆雷から各1種類ずつを選択できる。アイテムは一定時間経つと自動的に種類が変化する。アイテムを取り続けることによって武器は強化されていき、装備しているものと別種類のアイテムを取っても武器の強化は一段階進む。ミスになると初期の状態に戻される。

魚雷
通常魚雷(赤)
前方に魚雷を発射する。通常装備で連射が可能。パワーアップにより威力と速度が上がるが、一点集中型のため、攻撃範囲は狭い。
クラッカー(散弾魚雷)(緑)
敵や障害物に接触するか、前方に一定距離を進むと、爆発して子爆弾が扇状に飛び散り、弾幕を張る。威力が高く発射間隔も短いが、魚雷自体の射程は画面半分ほどと短い。パワーアップにより威力と範囲が上がる。
超音波魚雷(青)
魚雷の軌跡を中心軸に、螺旋状の超音波の振動波を発生させる。振動波付近の敵を巻き込むなど、攻撃範囲は広く振動波にかすらせることで持続的にダメージを与えることができるが、発射間隔が長く連射できない。パワーアップで攻撃範囲が広がる。
ミサイル・対空攻撃、爆雷
ミスした直後など未パワーアップ状態では、下方に爆雷、上方には小型ミサイル(水中)を或いは垂直方向への対空機銃(水面)を2連射可能。上方を攻撃する武器はアイテムによって変化し、爆雷はアイテムによって変化しないが、機雷のパワーアップに合わせて投下できる爆雷の数が増加する。これらはステージの水流の状況によってはその方向に流される。
A
水面下にいる場合は、上方に浮上して海上に設置されるフロートマイン(浮遊機雷)を発射する。浮遊機雷は水中で連射が効くため破壊力が高い。水面にいる場合は一定角度に動かせる高射砲を数発連射する。発射された弾は一定距離を進むと自動的に一定時間爆発し続け、持続的にダメージを与える。パワーアップで一度に発射できる数が増える。
M
上方に強力なミサイルを一斉発射する。水面下にいる場合は発射後にミサイル全てが水平に間隔を広げつつ、広がり切った後に水面まで一気に垂直方向へ加速する広範囲攻撃。水上にいる場合は空中の敵を追尾するミサイルになるが、水面下で撃つミサイルより遅い。パワーアップで一度に発射されるミサイルが増え、攻撃範囲が広がる。なお、ミサイルの判定が消えるまで次のミサイルを発射できず、連射速度が低い。

ステージ構成編集

本作のステージを記述する[1]。海外版では面構成が1-4-2-5-3-6となる(リザルトでのボスマーク刻印順と一致)。

STAGE ステージ名 ボス名
1 南極 ケーブマン級潜水攻撃艇「アーゴック」
2 復興の都市 自動工作機械マスターデバイス「マンリキ」
3 地球鎮守府 防人 サブヒューマン「荘厳」
4 亡霊都市 SICBMコントロールユニット「トランペットリリーズ ガニア&ヴォーグ」
5 超深海2,000m 岩石宮の主 邪悪の3条「J3 (ジェイ・キューブ)」
6 VS 人類掃討システム 人類掃討システム「ユグスキューレ」

脚注編集

  1. ^ 『プレイステーション版 付属取扱説明書』pp.10及び『セガサターン版 付属取扱説明書』pp.13-18

関連項目編集

外部リンク編集