海里(KAIRI)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が新潟駅 - 酒田駅間を白新線羽越本線経由で運行している臨時快速列車2019年(令和元年)10月5日運行開始[1]

海里(KAIRI)
JR East HB-E300-KAIRI Shibata 20200404.jpg
新発田駅にて
(2020年4月4日撮影)
概要
種類 快速列車(臨時列車扱い)
前身 きらきらうえつ
運行開始 2019年令和元年)10月5日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 新潟駅
終点 酒田駅
使用路線 白新線羽越本線
技術
車両 HB-E300系気動車新潟車両センター)
軌間 1,067mm
電化 直流1,500 V(新潟 - 村上間)[注 1]
交流20,000 V・50 Hz間島 - 酒田間)[注 1]
テンプレートを表示

運行概況編集

運行区間は、きらきらうえつを引き継ぎ、新潟駅から酒田駅間となっている。通常ダイヤと冬ダイヤがあり運行時刻が異なるものの停車駅は同じである。また、笹川流れの景観を楽しめるよう桑川駅 - 越後寒川駅で減速運転を行う。

停車駅
新潟駅 - 新発田駅 - 中条駅 - 坂町駅 - 村上駅 - 桑川駅 - あつみ温泉駅 - 鶴岡駅 - 余目駅 - 酒田駅

車内サービス編集

びゅう旅行商品として販売される4号車の車内では、新潟・庄内地方の料亭やレストランの監修した食事が、新潟の老舗洋食器店の海里オリジナル食器で提供される。通常の指定席として販売される1号車、2号車に乗車した場合でも、事前予約制で海里特製の弁当を購入できる[注 2]。メニューはいずれも上り・下りや月ごとで異なっている。

沿革編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 但し、気動車を使用。
  2. ^ 指定席券売機で発券されるバウチャー券と、下りは新潟駅発車後上りは鶴岡駅発車後に、3号車の売店で引き換えとなる。

出典編集

  1. ^ a b “〜新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車〜 2019年10月5日「海里」デビュー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2019年6月27日), オリジナルの2019年7月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190712124057/https://www.jrniigata.co.jp/press/20190627kairi.pdf 2020年7月27日閲覧。 
  2. ^ “「のってたのしい列車」の運休について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年4月8日), オリジナルの2020年6月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200617112624/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200408_ho01.pdf 2020年7月27日閲覧。 
  3. ^ “発売見合わせ中の新幹線および在来線特急等の運転計画・指定席発売について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年5月13日), オリジナルの2020年6月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200609041932/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200513_1_ho.pdf 2020年7月27日閲覧。 
  4. ^ a b “「のってたのしい列車」の運転再開について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年6月26日), オリジナルの2020年7月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200715230856/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200626_ho01.pdf 2020年7月27日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集