清水三年坂美術館

清水三年坂美術館(きよみずさんねんざかびじゅつかん)は、京都市東山区清水三丁目にある私立美術館。主に幕末から明治時代にかけて作られた漆工金工陶磁器七宝木彫牙彫刺繍絵画などの日本工芸品を中心に約1万点を収蔵し、このうち一部を展示している。設立者で初代館長は村田理如(むらたまさゆき)[注 1]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 清水三年坂美術館
Kiyomizu Sannenzaka Museum
Kiyomizu Sannenzaka Museum.jpg
施設情報
正式名称 清水三年坂美術館
専門分野 幕末・明治期の日本の工芸品
開館 2000年9月
所在地 605-0862
京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
位置 北緯34度59分50.7秒
東経135度46分52.6秒
座標: 北緯34度59分50.7秒 東経135度46分52.6秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

設立の背景編集

明治時代に入り明治政府による殖産興業政策が始まると、その一環として外貨獲得のための輸出用工芸品産業の育成が図られることになった。政府は内国勧業博覧会や日本国外で開催される国際博覧会に工芸品を出展させることで産業を振興したが、これらの工芸品は主に輸出を狙って制作されたため外国人好みの意匠を施したものが多かった。これらの工芸品は一部が皇族に献上されたり買い上げられた他は、主に輸出用に制作されたために日本国内には優品がほとんど残っておらず、長らく研究も進められていなかった。このような状況で、1980年代に村田理如[注 2]ニューヨークのアンティークショップで明治時代の印籠と出会ってその魅力に目覚め、精力的に海外から優品を買い戻してコレクションし、2000年に本館の開館に至った[1][2]

収蔵品の作者編集

帝室技芸員に代表される作家たちの技巧を凝らした精緻な作品は「超絶技巧」や「超絶工芸」とも評されており、各地の美術館に貸し出され巡回展示されることがある[3][4][5]

他多数

明治工芸の収集家編集

本館創設者の村田は日本における明治工芸の収集家の第一人者であるが、世界的な収集家としてはナセル・ハリリが第一人者にあげられる。彼のコレクションはイスラム美術などを含めた8つコレクション群から成り、そのうち日本が関連するものは、日本の着物コレクション日本の明治美術コレクションと世界の七宝焼きコレクションの3つであり、後者2つのコレクション群が本館と同じく明治工芸をコレクションの対象としている。彼の明治工芸コレクションは豊富な画像を用いて公式サイトで公開されており[6]、各国の展覧会を巡回することもある[7]

関連図書編集

ここでは清水三年坂美術館の収蔵品を多く掲載する明治工芸をテーマとする一部の図書を記述する。(月刊誌内での特集掲載や図録を除く)

  • 『幕末・明治の工芸―世界を魅了した日本の技と美』 村田理如(著)。淡交社、2006年。ISBN 978-4473032997
  • 『幕末・明治の鐔・刀装金工ー清水三年坂美術館コレクションー』 村田理如(著)。マリア書房、2008年。ISBN 978-4895112130
  • 『別冊太陽217 明治の細密工芸』 山下裕二(監修)。平凡社、2014年。ISBN 978-4582922172
  • 『清水三年坂美術館 村田理如コレクション 明治工芸入門』 村田理如(著)。 目の眼、2017年。ISBN 978-4907211110

脚注編集

出典編集

  1. ^ 村田理如 『幕末・明治の工芸―世界を魅了した日本の技と美』 淡交社、2006年、p.167
  2. ^ 村田理如『清水産三年坂美術館 村田理如コレクション 明治工芸入門』目の眼、2017年、p.9
  3. ^ 幕末・明治の超絶技巧 世界を驚嘆させた金属工芸 ―清水三年坂コレクションを中心にー”. 泉屋博古館. 2017年11月25日閲覧。
  4. ^ 超絶技巧!明治工芸の粋 ―村田コレクション一挙公開ー (PDF)”. 三井記念美術館. 2017年2月2日閲覧。
  5. ^ 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ (PDF)”. 三井記念美術館. 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ Japanese Art of the Meiji Period (1868 – 1912) The Khalili Collections
  7. ^ BEYOND IMAGINATION TREASURES OF IMPERIAL JAPAN FROM THE KHALILI COLLECTION 19TH TO EARLY 20TH CENTURY ロシア国立歴史博物館

注釈編集

  1. ^ 村田製作所創業者の村田昭の次男
  2. ^ 村田製作所専務(当時)

外部サイト編集