メインメニューを開く

渋沢 正雄(しぶさわ まさお、1888年明治21年)11月 - 1942年昭和17年)9月10日)は、日本実業家。子爵・渋沢栄一の三男[1]。日満鉄鋼販売[2]石川島自動車製作所、富士製鋼各社長[3][4]東京石川島造船所専務取締役[3]日本製鐵常務取締役兼八幡製鐵所[5]。族籍は東京府平民[6]

人物編集

渋沢栄一の三男で、渋沢篤二、渋沢武之助の弟、渋沢秀雄の兄[1][6]第一高等学校を経て1915年東京帝国大学法科大学経済学科卒業[1][7]第一銀行に入り1917年、これを辞した[1]

渋沢貿易、富士製鋼、汽車製造、石川島造船所、石川島自動車、石川島飛行機、秩父鉄道、富士鋼材商会、日本鋼製建具、日本煉瓦製造日本鋼管各会社の重役だったが1932年末、総ての関係会社を辞任し製鉄業に専念した[1]。趣味はスポーツ、囲碁、洋楽[1]、柔道、水泳、乗馬[5]。宗教は仏教[1]

家族・親族編集

渋沢家

東京市豊島区西巣鴨町[1][2]、同市外滝野川町西ヶ原[3]、埼玉県大里郡八基村

 
渋沢家の人々。
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第12版 上』シ51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月17日閲覧。
  2. ^ a b 『日本紳士録 第44版』東京シの部289頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第9版』シ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月17日閲覧。
  4. ^ a b 『大衆人事録 第3版』シ之部34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月17日閲覧。
  5. ^ a b 『人事興信録 第13版 上』シ47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月24日閲覧。
  6. ^ a b 『人事興信録 第7版』し71頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月17日閲覧。
  7. ^ 『東京帝国大学一覧 從大正5年 至大正6年』学士及卒業生姓名 法学士 経済学科128頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月23日閲覧。
  8. ^ a b c d e 『人事興信録 第4版』し56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月20日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正5年 至大正6年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。

関連項目編集