メインメニューを開く
 
源基平
時代 平安時代中期
生誕 万寿3年(1026年
死没 康平7年5月15日1064年6月2日
別名 御子宰相
官位 従二位参議
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 三条源氏
父母 父:敦明親王、母:藤原頼宗
兄弟 行観、敦貞親王、栄子内親王、
儇子内親王敦元親王基平
敦賢親王、敦昌親王、嘉子内親王
信子女王、信宗斉子女王
藤原良頼娘、源師頼
基子季宗、覚意、行尊、厳覚、行宗、頼基、尋仁、乗覚、宗真、源俊房
テンプレートを表示

源 基平(みなもと の もとひら)は、平安時代中期の公卿三条天皇の第一皇子・敦明親王の子。官位従二位参議御子宰相と号す。

経歴編集

長久2年(1041年元服と同時に従四位上に直叙され[1]、翌長久3年(1042年侍従に任ぜられる。長久4年(1043年正四位下に叙される。

寛徳2年(1045年)東宮殿上となり、寛徳3年(1046年備中権守を兼ねる。永承元年(1046年)には21歳で従三位に叙されて公卿に列す。永承5年(1050年)には参議に任ぜられ、のち讃岐権守を兼ねる。永承6年(1051年)に父・敦明親王の喪に服するが、同年正三位に陞叙される。天喜4年(1056年伊予権守を兼ね、天喜5年(1057年従二位に昇る。康平5年(1062年)には備中権守も兼ねた。

康平7年(1064年)5月15日に薨去。享年39。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 長久2年(1041年)12月8日:従四位上(一世源氏)
  • 長久3年(1042年)4月3日:侍従
  • 長久4年(1043年)正月7日:正四位下(小一條院御給)
  • 寛徳2年(1045年)正月16日:東宮昇殿
  • 寛徳3年(1046年)2月11日:備中権守
  • 永承元年(1046年)11月3日:従三位、侍従如元(主基国司)、権守如元
  • 永承5年(1050年)11月25日:参議
  • 時期不明:讃岐権守
  • 永承6年(1051年)正月8日:服解、6月17日:正三位(内大臣譲)
  • 天喜4年(1056年)2月3日:伊予権守
  • 天喜5年(1057年)正月5日:従二位(内大臣譲)
  • 康平5年(1062年)正月30日:備中権守、6月:服解、11月20日:復任

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 公卿補任永承元年条