澤﨑 宏一(さわさき こういち、1965年2月 - )は、日本言語学者処理第二言語習得)。学位Ph.D.オハイオ州立大学2007年)。静岡県立大学国際関係学部准教授大学院国際関係学研究科准教授。の「澤」は旧字体のため、新字体沢﨑 宏一(さわさき こういち)とも表記される。

澤﨑 宏一
(さわさき こういち)
生誕 1965年2月
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 言語学
研究機関 静岡県立大学
出身校 都留文科大学文学部卒業
ポートランド州立大学
応用言語学部修士課程修了
オハイオ州立大学
東亜言語文学部博士課程修了
主な業績 日本語母語話者学習者
処理方略についての研究
主な受賞歴 ハマコ・イトウ・
チャップリン賞(2000年
静岡県立大学
学長表彰
2016年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

社団法人国際交流サービス協会勤務、株式会社横浜国際平和会議場勤務を経て、静岡県立大学国際関係学部講師などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1965年2月に生まれた[1]都留文科大学に進学し[2]文学部にて学んだ[2]1989年3月、都留文科大学を卒業した[2]。同年、社団法人である国際交流サービス協会に採用された[3][註釈 1]1991年に国際交流サービス協会を退職すると[3]、同年に横浜国際平和会議場に採用され[3]1995年まで勤務した[3]。その後、アメリカ合衆国に渡り、オレゴン州にあるポートランド州立大学に入学し[2]、応用言語学部にて学んだ[2]1998年8月、ポートランド州立大学の修士課程を修了した[2]。それに伴い、他言語話者に対する英語教授法に関するMaster of Arts学位を取得した[4]

研究者として編集

日本に帰国後、2003年4月1日静岡県立大学に採用され[5]国際関係学部講師に就任した[5]。その傍ら、2010年より富士市立看護専門学校にて講師を非常勤で兼任した[3]。また、オハイオ州立大学の東亜言語文学部にて学び続けており[2]2007年3月博士課程を修了した[2]。なお、2005年には、東アジア言語文学に関するMaster of Artsの学位を取得している[4]。2007年には、同分野に関するDoctor of Philosophyの学位を取得している[4]。2010年10月1日、静岡県立大学の国際関係学部にて准教授に昇任した[6]。国際関係学部においては、主として国際言語文化学科の日本文化コースの講義を担当した[7]。また、大学院国際関係学研究科にて准教授を兼務した[1]。国際関係学研究科においては、主として比較文化専攻の講義を担当した。その傍ら、2012年より常葉学園短期大学にて講師を非常勤で兼任した[3][註釈 2]

研究編集

専門は言語学であり、特に処理第二言語習得といった分野の研究に取り組んだ[8]。具体的には、日本語母語とする者と、日本語を学習によって身に着けた者とを比較し[9]処理や方略などの差異について研究した[9]。たとえば、関係節を含む文について、読む際の時間配分などを調査していた[10]。これまでの業績が評価され、2016年静岡県立大学学長表彰を受けている[11][12][13]

学術団体としては、言語科学会[14]、日本第二言語習得学会[14]、第二言語習得研究会[14]、などに所属した[14]。各団体の役職なども務めており、言語科学会では2007年から2016年まで運営委員を[15]、日本第二言語習得学会では2007年から2014年まで運営委員を[15]、第二言語習得研究会では2014年から2015年まで大会運営副委員長を[15]、2016年からは大会運営委員長を務めた[15]

人物編集

の「澤﨑」は、「さわざき」ではなく「さわさき」と読む[1]

大学での学習と実生活での活かし方について「大学で勉強したことが社会に出てとても役立っている」[16]と「直接は役立っていないかもしれないが、毎日の営みの中で大学で勉強したことをふと想い出すことがある」[16]の2つを挙げたうえで「長い人生を歩いていく中で、どちらも素敵な勉強の仕方だと感じます」[16]と述べている。

略歴編集

賞歴編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国際交流サービス協会は、のちに一般社団法人に移行した。
  2. ^ 常葉学園短期大学は、のちに常葉学園大学浜松大学富士常葉大学と統合・再編され、常葉大学短期大学部に改組された。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「教員情報詳細」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  2. ^ a b c d e f g h 「学歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  3. ^ a b c d e f 「主な経歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  4. ^ a b c 「学位」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  5. ^ a b 「教員の人事」『はばたき』86巻、静岡県立大学広報委員会2003年6月13日、20頁。(巻数は「volume 86」との表記に基づく。)
  6. ^ 「教員人事、新規客員教授・准教授の紹介」『はばたき』116巻、静岡県立大学広報委員会2011年2月、16頁。(巻数は「volume 116」との表記に基づく。)
  7. ^ 「教員紹介」『日本文化コース|国際言語文化学科|学科紹介|静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科静岡県立大学国際関係学部・大学院国際関係学研究科
  8. ^ 「専門分野」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  9. ^ a b 「主要研究テーマ」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  10. ^ 「日本語文処理、第二言語習得――国際関係学科澤崎宏一」『産学民官連携研究シーズ集』2015-2016版、静岡県立大学産学連携推進委員会、117頁。(原文ママ。「国際関係学科」は「国際言語文化学科」の誤記と思われる。)
  11. ^ 「教員活動評価における業績優秀者への学長表彰」『教員活動評価における業績優秀者への学長表彰:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2016年3月24日
  12. ^ 「教員活動評価における業績優秀者への学長表彰」『はばたき』132号、静岡県立大学広報委員会2016年7月1日、13頁。(号数は「No.132」との表記に基づく。)
  13. ^ 「受賞歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  14. ^ a b c d 「所属学会」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  15. ^ a b c d 「主な社会活動」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  16. ^ a b c 「教育・研究に対する考え方」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学

関連項目編集

外部リンク編集