HSホールディングス

HSホールディングス株式会社: HS Holdings Co.,Ltd.)は、東京都新宿区に本社を置く持株会社である。独自の金融コングロマリット構想によるサービスを提供している。モンゴルのハーン銀行や、キルギスのキリギスコメルツ銀行を連結子会社としている。旧商号は澤田ホールディングス株式会社

HSホールディングス株式会社
HS Holdings Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証スタンダード 8699
2004年10月13日上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-6027
東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
住友不動産新宿オークタワー27F
設立 1958年昭和33年)1月21日
(協立証券株式会社)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 4011101034411 ウィキデータを編集
事業内容 グループ各社の経営の支配及び管理
代表者 原田泰成代表取締役社長
資本金 122億23百万円
発行済株式総数 4095万3500株
売上高 連結:577億55百万円
(単独:9億99百万円)
(2021年3月期)
営業利益 連結:88億71百万円
(単独:6億87百万円)
(2021年3月期)
純利益 連結:△30億15百万円
(単独:1億6百万円)
(2021年3月期)
純資産 連結:713億43百万円
(単独:273億5百万円)
(2021年3月31日現在)
総資産 連結:4,995億91百万円
(単独:274億48百万円)
(2021年3月31日現在)
従業員数 連結:5,320人 単独:7人
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 ウプシロン投資事業有限責任組合 32.01%
澤田秀雄 12.58%
(2021年11月1日現在)
主要子会社 ハーン銀行(KHAN BANK LLC) 60.0%
関係する人物 澤田秀雄
外部リンク https://hs-hd.co.jp/
テンプレートを表示

かつてはエイチ・アイ・エス(HIS)グループに属し、全株式をHIS会長の澤田秀雄に譲渡し社名を変更するも、2021年まではHISと同じ場所に本社を構え、澤田が代表取締役会長を務めていた。

2022年現在は、セイコーホールディングス創業家の一族で、元セイコーインスツル会長の服部純市が実質的なオーナーと言われている[1]

沿革編集

  • 1958年(昭和33年)1月 - 合同証券株式会社を継承して、協立証券株式会社を設立。
  • 1999年(平成11年)4月 - エイチ・アイ・エス協立証券株式会社となる。
  • 2001年(平成13年)10月 - (旧)エイチ・エス証券株式会社に社名変更。
  • 2002年(平成14年)7月 - 本社を東京都渋谷区道玄坂1-12-1に変更。
  • 2004年(平成16年)7月 - 本社を東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー27Fに移転。
  • 2004年(平成16年)10月 - 大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」に上場。
  • 2004年(平成16年)12月 - ジャスダック取引参加者となる。
  • 2007年(平成19年)4月 - (旧)エイチ・エス証券株式会社、会社分割により、証券業等の金融事業をエイチ・エス証券分割準備株式会社を経て(新)エイチ・エス証券株式会社に承継。澤田ホールディングス株式会社に商号変更して、持株会社となった。
  • 2021年(令和3年)11月 - 代表取締役かつ筆頭株主であった澤田秀雄が保有株式の一部を、第2位株主であったワールド・キャピタル株式会社が保有全株式を、それぞれウプシロン投資事業有限責任組合に譲渡し、ウプシロン投資事業有限責任組合が筆頭株主となる[2]
  • 2021年(令和3年)12月 - 澤田秀雄が代表取締役会長を退任[3]
  • 2022年(令和4年)1月 - HSホールディングス株式会社に商号変更[4]
  • 2022年(令和4年)3月 - エイチ・エス証券株式会社の全株式をJトラスト株式会社に譲渡[5][6]
  • 2022年(令和4年)10月 - エイチ・エス債権回収株式会社の全株式を株式会社きらぼし銀行に譲渡[7]

傘下企業編集

連結子会社編集

持分法適用会社編集

かつてのグループ企業編集

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ 【常勝企業がなぜ負けた(2)】エイチ・アイ・エス(HIS)~創業者・澤田氏、増資引き受けのため澤田HDを売却(後) - NetIB-News・2021年12月15日
  2. ^ その他の関係会社の異動、主要株主である筆頭株主及び主要株主の異動(予定)に関するお知らせ”. 2022年1月9日閲覧。
  3. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ”. 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ 商号の変更及び定款の一部変更に関するお知らせ”. 2022年1月9日閲覧。
  5. ^ 連結子会社の異動(株式譲渡)及び特定子会社の異動並びに特別利益の計上に関するお知らせ”. 2022年4月2日閲覧。
  6. ^ (変更)「連結子会社の異動(株式譲渡)及び特定子会社の異動並びに特別利益の計上に関するお知らせ」の一部変更に関するお知らせ”. 2022年4月2日閲覧。
  7. ^ “HSホールディングス、連結子会社のエイチ・エス債権回収の全株式をきらぼし銀行に譲渡へ”. M&Aマガジン. (2022年7月29日). https://www.nihon-ma.co.jp/news/20220729_8699-3/ 2022年7月29日閲覧。 
  8. ^ 連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ”. 2022年1月9日閲覧。
  9. ^ 伊藤忠、外為どっとコムを持ち分法に 129億円で株取得”. 2021年12月18日閲覧。

外部リンク編集