濱 嘉之(はま よしゆき、1957年 - )は、元警察官の肩書を持つ日本小説家テレビコメンテーター危機管理コンサルティング会社代表[1]福岡県出身。テレビ番組に出演する際は本名の[要出典]江藤史朗の名で出演している[2]

人物編集

中央大学法学部法律学科卒業後、警視庁に入庁[1]警備部警備第一課、公安部公安総務課、警察庁警備局警備企画課、内閣官房内閣情報調査室、再び公安部公安総務課を経て、生活安全部少年事件課係長に勤務[1]2004年警視[1]22年勤めた警視庁を退官した[2]。その後衆議院議員政策担当秘書を経て2007年に「警視庁情報官」で作家としてデビューした[3]

作風編集

執筆に当たっては、かつて警察官だった者として「嘘のないこと」を心がけており、臨場感のある作風が評価されている[4]

作品リスト編集

シリーズ作品編集

  • 警視庁情報官シリーズ
    • 警視庁情報官(2007年12月4日、講談社
      • 【改題】警視庁情報官 シークレット・オフィサー(2010年11月12日、講談社文庫
    • 公安特命捜査 警視庁情報官2(2009年4月8日、講談社)
      • 【改題】警視庁情報官 ハニートラップ(2011年4月15日、講談社文庫)
    • 警視庁情報官 トリックスター(2011年11月15日、講談社文庫)
    • 警視庁情報官 ブラックドナー(2012年10月16日、講談社文庫)
    • 警視庁情報官 サイバージハード(2014年1月15日、講談社文庫)
    • 警視庁情報官 ゴーストマネー(2016年11月15日、講談社文庫)
    • 警視庁情報官 ノースブリザード(2019年7月12日、講談社文庫)
  • 警視庁公安部・青山望シリーズ(文春文庫
    • 完全黙秘(2011年9月2日)
    • 政界汚染(2012年3月9日)
    • 報復連鎖(2013年3月8日)
    • 機密漏洩(2013年8月6日)
    • 濁流資金(2014年9月2日)
    • 巨悪利権(2015年10月9日)
    • 頂上決戦(2016年1月4日)
    • 聖域侵犯(2016年8月4日)
    • 国家簒奪(2017年1月6日)
    • 一網打尽(2017年12月5日)
    • 爆裂通貨(2018年4月10日)
    • 最恐組織(2018年12月4日)
  • 警察庁諜報課・榊冴子シリーズ(講談社文庫)
    • オメガ 警察庁諜報課(2013年6月14日)
    • オメガ 対中工作(2014年11月14日)
  • ヒトイチ 警視庁人事一課シリーズ(講談社文庫)
    • ヒトイチ 警視庁人事一課監察係(2015年5月15日)
    • ヒトイチ 画像解析 警視庁人事一課監察係(2015年11月13日)
    • ヒトイチ 内部告発 警視庁人事一課監察係(2016年5月13日)
  • 院内刑事シリーズ
    • 院内刑事(2017年2月21日、講談社+α文庫
      • 新装版 院内刑事(2019年12月13日、講談社文庫)
    • 院内刑事 ブラック・メディスン(2018年7月21日、講談社+α文庫)
      • 新装版 院内刑事 ブラック・メディスン(2020年1月15日、講談社文庫)
    • 院内刑事 フェイク・レセプト(2020年2月14日、講談社文庫)
  • 警視庁公安部・片野坂彰シリーズ(文春文庫)
    • 国境の銃弾(2019年8月6日)
    • 動脈爆破(2020年3月10日)

その他編集

  • 電子の標的 警視庁特別捜査官・藤江康央(2009年9月19日、新潮社 / 2013年1月16日、講談社文庫)
  • 世田谷駐在刑事(2010年6月19日、講談社)
    • 【改題】鬼手 世田谷駐在刑事・小林健(2012年2月15日、講談社文庫)
  • 列島融解(2012年3月16日、講談社 / 2013年3月15日、講談社文庫)
  • 電光石火 内閣官房長官・小山内和博(2015年1月5日、文春文庫)
  • カルマ真仙教事件(講談社文庫)
    • 上(2017年6月15日)
    • 中(2017年8月9日)
    • 下(2017年12月15日)

映像化作品編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 新潮社・濱嘉之
  2. ^ a b “相棒:「杉下右京は警視庁にいる」元警視庁警視が明かす ドラマをリアルに分析”. MANTANWEB. (2018年10月17日). https://mantan-web.jp/article/20181016dog00m200043000c.html 2020年1月12日閲覧。 
  3. ^ 濱嘉之「カルマ真仙教事件」特設サイト”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2020年1月12日閲覧。
  4. ^ 日刊ゲンダイ』11月2日 「ザッツ エンターテインメント 『今、警察小説が熱い! 編』」

関連項目編集