瀬尾 和紀(Kazunori Seo, せお かずのり、1974年7月22日 - )は、日本のフルーティスト、ピアニスト

略歴編集

1974年福岡県北九州市に生まれる。

幼少期よりピアノを習う。10歳よりフルートを始め、高橋安治に師事。1991年に渡仏し、レイモン・ギオー、クルト・レーデルパトリック・ガロワ、ブノワ・フロマンジェ等のもとで学ぶ。1995年パリ国立高等音楽院に首席入学し、アラン・マリオンに師事。1998年にフルート科を審査員満場一致のプルミエ・プリ(一等賞)で卒業。同音楽院の大学院課程においてオーボエモーリス・ブルグ、ピアノのクリスチャン・イヴァルディヴァイオリンのアミ・フラメールといった器楽奏者の下で研鑽を積み、1999年に室内学科をプルミエ・プリで卒業。この間、数々の主要な国際コンクールで立て続けに優勝・入賞を果たし、ソリストとして世界中にその名を広めた。以降、フランスと日本を拠点としながら、ヨーロッパ諸国やアメリカ、中国台湾韓国でのマスタークラスおよび演奏活動を、また、世界各地での音楽祭やコンクールの審査員に招かれている。

2009年より山口県秋吉台国際芸術村で行われる秋吉台ミュージック・アカデミーを主宰[1]。名古屋音楽大学客員准教授[2]

活動歴編集

演奏活動編集

フランスのPRO MUSICIS 財団のアーティストとしてパリや、ニューヨークカーネギー・ホールなどでリサイタルを行う。また、フィンランドクフモ室内楽音楽祭、フランス国営放送局モンペリエ音楽祭、済州島音楽祭、北九州国際音楽祭などに出演している。

日本においては、1999年東京都交響楽団イベールフルート協奏曲を共演し、デビューを果たした。その後は、札幌交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団読売日本交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団広島交響楽団九州交響楽団など全国各地のオーケストラと共演を重ねている。

編曲活動にも意欲的に取り組み、2011年にはオリジナル編曲版として6人によるベートーヴェンの「英雄」と12人によるマーラーの「交響曲第9番」を三井住友海上しらかわホールにて発表・演奏し[3]、その斬新性が反響を呼んだ。

レコーディング活動編集

2001年ハンガリーのニコラウス・エステルハージ・シンフォニアと共演した『レオポルト・ホフマン/フルート協奏曲集』がNAXOSからリリースされ、CDデビューを果たした。同年にエラート=ワーナー・ミュージックより『シランクス~フランス・フルート近代作品集』もリリースされ、好評を博した。その後も幅広いレパートリーおよび様々な器楽奏者を共演者に迎えて録音を行っている。

また、既存のフルートレパートリーのみならず、知られざるフルート作品や室内楽曲の発掘に目を向け、20世紀のピアニストとして知られるヴァルター・ギーゼキングの親族へ取材を重ね、未出版であった作品を発見している[4]。その後、2010年に自身が立ち上げたレーベル"Les Ménestrels(レ・メネストレル)" から『ヴァルター・ギーゼキング 室内楽作品集』[5]をリリースし、ギーゼキングの作曲家としての一面に光を当てた。

2013年に新たにレーベル名を"Virtus Classics(ヴィルトゥス・クラシックス)"[6]とした。プロデューサーを務めながら、ピアニストとしてパトリック・ガロワとの録音を手がけるほか、様々なコンセプトに基づいたテーマ別のレコーディングプロジェクトを立ち上げている。

受賞歴編集

ディスコグラフィー編集

レーベル アルバム名 共演者 リリース年 収録年月日 収録場所 備考
NAXOS レオポルド・ホフマン

フルート協奏曲集 第1集

ベーラ・ドラホシュ (Cond.)

ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア

2001年6月 1999年11月7-10日 フェニックス・スタジオ(ブダペスト/ハンガリー) デビュー録音
NAXOS レオポルド・ホフマン

フルート協奏曲集 第2集

ベーラ・ドラホシュ (Cond.)

ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア

2001年7月 1999年11月7-10日 フェニックス・スタジオ(ブダペスト/ハンガリー) デビュー録音
NAXOS フランツカール・ドップラー

フルートと管弦楽のための作品集

パトリック・ガロワ (Fl./Cond.)

シンフォニア・フィンランディア・ユヴァスキュラ

2007年12月 2006年9月25-28日 ラウカ教会(ユヴァスキュラ近郊/フィンランド)
NAXOS イグナツ・モシェレス

フルートとピアノのための作品集

上野 真 (Pf.) 2014年12月 2013年6月11-13日、12月19-20日 三重県総合文化センター
NAXOS カール・チェルニー

フルートとピアノのための作品集

上野 真 (Pf.) 2015年8月 2014年4月30日-5月2日 三重県総合文化センター
NAXOS ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

フルートのための作品集 第1集

パトリック・ガロワ (Fl.)

児玉 光生 (Fg.)

瀬﨑 明日香 (Vn.)

小峰 航一 (Va.)

2018年3月 2015年12月22日、2016年6月8-9日、8月14日、10月1日 三重県総合文化センター

オールネイ・スー・ボワ音楽院ホール(フランス)

NAXOS ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

フルートのための作品集 第2集

児玉 光生 (Fg.)

上野 真 (Pf.)

2018年6月 2016年8月16-18日 三重県総合文化センター
NAXOS サヴェリオ・メルカダンテ

2本のフルートのための協奏曲

パトリック・ガロワ (Fl./Cond.)

チェコ室内管弦楽団パルドゥビツェ

2018年7月 2017年2月27日-3月2日 チェコ/パルドゥビツェ
NAXOS ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ

2本のフルートのための二重奏曲集

パトリック・ガロワ (Fl.) 2019年1月 2017年3月4、5、7、10日 Studio BoxSon(オールネイ・スー・ボワ/フランス)
NAXOS カール・マリア・フォン・ヴェーバー

フルートのための室内楽曲集

上森 祥平 (Vc.)

上野 真 (Pf.)

2019年9月 2017年11月28-30日 三重県総合文化センター
LES MÉNESTRELS ヴァルター・ギーゼキング

室内楽作品集 第1集

フランソワ・サルク (Vc.)

パク・ジョンファ (Pf.)

ローラン・ヴァグシャル (Pf.)

2010年6月 2007年1月19-22日 ラ・ショー・ド・フォン音楽ホール(スイス)
LES MÉNESTRELS ヴァルター・ギーゼキング

室内楽作品集 第2集

ニコラ・バルデイルー (Cl.)

ローラン・ヴァグシャル (Pf.)

プソフォス弦楽四重奏団

2011年11月 2007年1月19-22日2010年4月27-28日 ラ・ショー・ド・フォン音楽ホール(スイス)

サン=マルセル福音教会(パリ/フランス)

プロデューサーとして参加
VIRTUS CLASSICS アーノルト・シェーンベルク

初期室内楽作品集

ニコラ・バルデイルー (Cl.)

ニコラ・ドートリクール (Vn.)

ベルトラン・レイノー (Vc.)

パク・ジョンファ (Pf.)

ローラン・ヴァグシャル (Pf.)

2013年3月 2011年12月4、6-7日 MS&AD 三井住友海上しらかわホール(名古屋) 2019年9月にリマスター版をリリース
VIRTUS CLASSICS パトリック・ガロワの芸術・1

パリ音楽院卒業試験曲集

パトリック・ガロワ (Fl.) 2019年11月 2019年1月8-10日 三重県総合文化センター ピアニストとして参加
VIRTUS CLASSICS 彩光 ア・ラ・フランセーズ

フルート&ハープ デュオ

福井 麻衣 (Hp.) 2020年3月 2019年4月29日-5月1日 神奈川県立相模湖交流センター
VIRTUS CLASSICS パトリック・ガロワの芸術・2

パリ音楽院卒業試験曲集

パトリック・ガロワ (Fl.) 2020年11月 2019年1月28~30日 北九州市立響ホール ピアニストとして参加
WARNER MUSIC “シランクス”

フランス近代フルート作品集

ローラン・ヴァグシャル (Pf.) 2001年7月 2001年2月21-23日 ブルックナーハウス中ホール(リンツ/オーストリア)
WARNER MUSIC イベールニールセンロドリーゴ

超絶技巧フルート協奏曲集

パトリック・ガロワ (Cond.)

シンフォニア・フィンランディア・ユヴァスキュラ

2004年10月 2004年5月6-8日 スオラハティ・ホール(フィンランド)
DEMUSICA デームス / ホーフマンスタール原作

オペラ「痴人と死」

北村 哲郎 (Ten.)

平松 英子 (Sop.)

小松 英典 (Bar.)

イェルク・デームス (Pf.)

2007年12月 2006年6月7-9日 ウィーン美術史美術館(バッサーノ・ザール)
PARNASSIE ÉDITIONS アンリ=ジャン・シュブネル

室内楽作品集 第3集

ニコラ・ドートリクール (Vn.)小峰 航一 (Va.)

ローラン・ヴァグシャル (Pf.)

2007年 2004年3月、2006年2月 サル・コルトー(パリ/フランス)

シテ・デ・ザール(パリ/フランス)

299 MUSIC エリオトロープ

フランス近代フルート作品集

寺田 愛 (Fl.) 2016年10月 2016年3月8-10日 栃木市岩舟文化会館 コスモスホール ピアニストとして参加
299 MUSIC ジャン=ミシェル・ダマーズ

フルート作品集

寺田 愛 (Fl.)

浅川 寧 (Fl.)

金子 亜未 (Ob.)

中木 健二 (Vc.)

2018年10月 2018年5月29日-6月1日 三重県総合文化センター ピアニストとして参加
SQUARE-ENIX “ポーション”

リラクシン ウィズ ファイナルファンタジー

ローラン・ヴァグシャル (Pf.) 2001年2月 2000年12月 ビクタースタジオ(東京) ボーナストラックのみの参加

エピソード編集

テレビゲーム『ファイナルファンタジー』(FF)好きであったことがきっかけで、このゲームの作曲家・植松伸夫から曲を贈られている。FFシリーズを代表する一曲「ザナルカンドにて」は実は瀬尾和紀のために書かれた曲であるが、「フルートで演奏するには悲しすぎる」という理由で植松が封印していたところ、最終的に『FFX』で採用されることとなった[11]

脚注編集

  1. ^ 秋吉台ミュージック・アカデミー”. akiyoshidai-music-academy.com. 2021年5月8日閲覧。
  2. ^ 瀬尾 和紀|教員紹介|同朋学園 名古屋音楽大学”. 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ 三井住友海上しらかわホール”. www.shirakawa-hall.com. 2021年5月8日閲覧。
  4. ^ インタビュー:【瀬尾和紀】 フルート奏者としてのみならず、プロデューサーとして取り組むギーゼキングの室内楽作品集 - CDJournal CDJ PUSH” (日本語). www.cdjournal.com. 2021年5月8日閲覧。
  5. ^ VIRTUS CLASSICS - GIESEKING”. virtus-classics.com. 2021年5月8日閲覧。
  6. ^ VIRTUS CLASSICS”. virtus-classics.com. 2021年5月8日閲覧。
  7. ^ Meet the stars of tomorrow” (英語). Carl Nielsen International Competition. 2021年5月8日閲覧。
  8. ^ Concours international de musique Jean Françaix” (フランス語). concoursjeanfrancaix. 2021年5月8日閲覧。
  9. ^ 北九州市民文化賞・奨励賞受賞者一覧”. 2021年5月8日閲覧。
  10. ^ 福岡県文化賞受賞者一覧”. 2021年5月8日閲覧。
  11. ^ FINAL FANTSYの楽曲で知られる世界をまたにかける作曲家『エンタメの今に切り込む新企画【ザ・プロデューサーズ】第十七回・植松伸夫氏』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2021年5月8日閲覧。

外部リンク編集