メインメニューを開く

父ちゃんのポーが聞える

父ちゃんのポーが聞える』(とうちゃんのポーがきこえる)は、1971年昭和46年)9月24日に公開された日本映画。配給は東宝カラー。併映『潮騒』(森谷司郎監督/三島由紀夫原作)。

父ちゃんのポーが聞える
監督 石田勝心
脚本 笠原良三
原作 松本則子
製作 森岡道夫
馬場和夫
出演者 吉沢京子
小林桂樹
音楽 早川正昭
撮影 志賀邦一
編集 小川信夫
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年9月24日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1979年に解散した伝説のロックバンドガセネタ」が映画と同名の異曲を演奏したことでも知られる[1]

ストーリー編集

筋肉が萎縮するハンチントン舞踊病という難病と闘う実在した少女の詩集を映画化した感動悲話。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ ガセネタの楽曲の正確な表記は「父ちゃんのポーが聞える」である。またバンド名の由来は若松孝二監督の映画『処女ゲバゲバ』の原題『ガセネタの荒野』(大和屋竺脚本)から。いずれもギタリスト浜野純が命名しているが、同名映画との関連性は不明。

外部リンク編集

関連項目編集